メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さらば騎士子!?

書いた人 優柔不断な人(仮)



『勝者、黒子!』
「あらあら、もう終わりですか?」
「くっ…」
前回の新装備テストの結果から、私はツガル装備をメインとし、2丁ライフルをカロッテTMPとコルヌへと変更、
そして胸アーマーのサイズ変更を行い大幅な戦闘力の向上を果たした
それからの私は破竹の快進撃を続け、2ndリーグへの昇進を賭けたトーナメントへの切符を手に入れた
そして万全の準備と整え臨んだ試合だったのだが…
「剣術も射撃の腕前もかなりの物でしたが、その装備では貴方の力を十分に発揮できないようですわね」
そんなはずはない。未熟な私のためにマスターと姉様が一生懸命に私に合うように調整してくれたツガルユニットだ。
自分ではそんな気はないのだが、やはり最近勝率を上げてきた事に慢心していたのだろう
「すまなかったな、騎士子。もっとお前が存分に力を振るえる装備を用意できれば…」
落ち込んでいる私をマスターが私を慰めてくれる
「いえ、私が未熟だっただけです。期待に添えられなくて申し訳ありませんでした」
神姫センターを後にして、二人とも無言で帰宅した
雰囲気を察してか犬子姉様は何も言わなかった
その優しさが辛かった



マスターと姉様は今日は疲れてただろうから先に休んでいいといったが、私の装備の再調整をしている二人を差し置いてのんびりと休んではいられない
せめてネットで騎士型の戦術や装備を調べようとPCを起動する
神姫用端末を操作し、騎士型MMS総合スレッドを写す
…既に幾度と無くチェックしたスレッドである。やはり目新しい事は書いてない
ふと2レス目に別スレッドへのリンクがあった事を思い出す
マスター曰く「ネタスレとか魔改造スレだから見る必要は無い」らしいが、なにかヒントがあるかもしれない
『犬子可愛いよ犬子』
『在庫っていうなー』
『おまえら神姫の足を開いたり閉じたりして落ち着くんだ』
…頭がくらくらする
なんとか気を取り直し先を読む
すると奇妙な事が書いてあった
『騎士にセイバーつけるとテラカッコヨス』
『セイバーハァハァ』
…どういうことだ?見ると画像へのリンクが貼られている
見てはいけない。そう思いつつも興味が勝り、クリックしてしまった
そこには、神姫ではない別の頭へと換装された騎士型MMSの姿があった
頭部換装はリーグへの参加を認められていない。神姫では無くなってしまうので当然である
だがそのオーナーは満足しているようだ
愛玩用として
気分が悪くなった私はPCの電源を切ってクレードルへと移動し、そのまま眠りについた
マスターは気分が悪いと寝られなかったりするようだが、機械である私は休眠プログラムを起動するだけで眠る事が出来る
そのプログラムが有り難かった



次の日、マスターはなにやら買い物をしてきたようだが、何を買ってきたのかは教えてくれなかった
「まぁいずれ解るさ。その時をお楽しみに」
そういって犬子姉様と工作室に籠もってしまった
いつまでも昨日の敗戦を引きずっててもしょうがない
こういう時は基礎トレーニングに限る。木刀を持って素振りを始める
…やはり身が入らない。木刀は私の手からすっぽ抜け、ゴミ箱へと当たってしまった
「あ…」
ゴミ箱は倒れてしまい、中のゴミが散乱してしまった
急いで片づけ始める。幸い紙屑だけだったので早く片づける事が出来そうだ
ふと紙屑の1つに目が止まる。それを見て私は驚いた
『セイバー』
その紙屑…レシートにはその文字が印刷されていた
昨日見た改造神姫の姿を思い出す
コアユニット、素体、3つのCSCは起動後は不可分の存在である。神姫を停止することなくそれらを分割する事は出来ない
もし私の頭部をセイバーへと換装するならば、一度私を停止させなければならない
つまりそれは私の死という事になる。再起動してもそれは私の体を持った別の神姫ということである
どうせ勝てない神姫なら、いっそ愛玩用にしてしまえ。そんなレスがあった事を思い出す
いや、マスターに限ってそんな事を思うはずは無い
ではこのレシートは一体…
なんともいえない不安に襲われながらも、どうにか片づけを終えた
しかしそのレシートだけはなぜか捨てる事が出来なかった



その日からマスターは仕事から帰ってきては工作室へと直行するようになった
別に合う機会が無いわけではないのだから直接聞けばいいのだろう。このレシートは何ですか?と
おそらくは笑いながら「いやーこれはな」と答えてくれるだろう
しかし、もし最悪の事を言われたら、と思うと怖くて聞くことが出来なかった
そして一週間が過ぎた
「おーい騎士子ー!」
工作室からマスターが呼ぶ声がした
私は部屋へと入り、机の上に乗った
「ふっふっふ、ついに出来たぞ!お前の…」
「解っております、マスター」
「え?まぁ部屋に入るなとはいってなかったし、コッソリ見ちゃったのかな?」
「いえ、部屋には入っておりません。ですがこれを」
といってレシートを見せる
「ありゃ、そんあのがあったのか。まぁいいか。んじゃ話は早い。んじゃ早速…」
「マスター、こんな不甲斐ない私を面倒見てくれて、有り難うございました。生まれ変わった違う私も可愛がって上げて下さい」
そういって私はスリープモードへと移行した。後はマスターがメインスイッチを落としてくれるだろう
もう2度と目覚める事は無いでしょう。さようなら、マスター



「おい、いきなり寝るな」
2秒で起こされた
「切らないと換装出来ないのでは…?」
「切ったら換装出来ないだろうが」
「切らないで頭部を取るのは無理かと思います」
「なんで頭部を取るんだ?死ぬじゃないか」
「でも取らないとセイバーが付きません」
「いやだからなんでセイバーをつけるのに…あ、お前なんか勘違いしてるだろ。レシートをよく見て見ろ」
「え?レシート…?」
そういってクシャシャに丸まった紙を広げる。そこにはこう書いてあった
『ZGMF-X23Sセイバーガンダム』
「セイバー…ガンダム?」
「これを改造して神姫のパーツしたのさ。犬子も使ってるだろ、あの戦車パーツ」
「あ…」
そうだ、姉様も使ってた。ガンタンクなんとかっていうパーツを
「ってことは…」
「そういうこと。だからお前側で脚部を外してもらわないと換装出来ん。それに俺はお前の頭をすげ替える気なんざこれっぽっちも無いぞ」
「マスター…申し訳ありません。私は…私は…」
私は泣いた。自分の事を考えてくれているマスターの優しさに。そしてそんなマスターを疑い、逃げだそうとした自分の愚かさに
「お、おい…泣くなよ…」
「騎士子さんは負けて落ち込んでいた所にそんなレシート見つけちゃって不安だったんですよ。自分が捨てられるんじゃないかって
大丈夫ですよ、そんな事で捨てるようなご主人様じゃないですよ。そうだったら今頃私が粛正してますから」
「それは解っています、姉様。それを疑った自分が情けないんです…」
「いや、そこまで落ち込んでいるお前に気づかないでいた俺も悪かった。許してくれ」
「そんなこと言ったら騎士子さん、ますます泣いちゃいますよ?」
「う、う、うぇ~~~ん」

そして一週間後に行われた2nd昇進トーナメントで優勝し、私は晴れて2ndリーグへと昇格した






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー