メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ページの最後にエンドマークを打つ。

「・・・どーぉにか間に合ったか。」

例によってまた徹夜。窓から差し込むのは黄色い日差し。

軋む体を思い切り伸ばした。

ごきっ

「おほ、いい音♪」
「・・・『いい音』じゃねぇだろ。アホか。」

可愛らしいが、なんともガラの悪い声が背後から聞こえた。
誰かは知っているので、あえてそちらを見ずに返す。

「起きてたのかジュリ。」
「あぁ?あんだけ近くで負のオーラじゃんじゃか撒かれてンのに、暢気にぐーすか寝てられっか。死なすぞボケ。」

本心かどうかは別として、どこでそんな言葉遣い覚えて来るんだかなコイツは・・・

思いながら振り向けば、足元に15センチほどの女性型の人形。・・・いわゆる『武装神姫』が仁王立ちしていた。

彼女の名は『ジュリ』。本当は『ジュリエット』にしたかったのだが、ジュリ曰く「サムライの名前じゃねぇだろ。少しは脳使えナス」ってんだからまぁ仕方ない。
大して変わらんと思うんだが。

一応は侍型と言うだけあって、黙って立ってればキリリとした和風美人だ。

黙って立ってれば、な。

「・・・なんか今失礼なこと考えなかったかコラ?」
「なんも言ってねぇだろうが。にゃー共はどうした?」
「『修羅場中の慎の字は教育上悪いから』って浩子姐さんが連れてったよ。パットとアイリも一緒だ。」
「・・・・・・お前も教育上どーかと思うけどな。」

ぼそっと言ったらすげぇ目で睨まれた。地獄耳め。

「とりあえず浩子サン起こしてきてくれ。原稿上がったって。」
「ん。慎の字は?」
「飯作ってくる。どーせにゃー共も一緒だろ。あいつらの分も用意せにゃならんしな。」
「わかった。・・・あんま無理すんなよ?」

ホンの一瞬、気遣わしげな表情を浮かべたジュリに気付かないフリをして手を振る。
ついこないだ風邪でぶっ倒れた時の事は、まだ記憶に新しいのだろうか。
えらい心配かけた気はするが、治った翌朝蹴りが飛んできたので、まぁチャラだ。

台所で包丁握って十数分後。

「あー。いいにおーい。」
「にゃー」
「にゃー」
「にゃー」

亡者が4匹現れた。

「居間で待ってろよお前らー。もうすぐ出来っから。」
「えー。お腹空いたよー。我慢できないよー。ねー?」
「「「にゃー」」」
「・・・まぁなんでもいいから頭直してこいよ浩子サン。ぐしゃぐしゃだぞ」
「えー。めんどーい。」

この目の前で寝癖満点の頭したお姉さんは『緋上浩子』サン。俺の担当編集者で、美人で子供の頃からの近所の幼馴染で年上で未婚。

表ではデキる女を自称するだけあって、切れ者に見えるが・・・
ご覧の通り、素はえらい子供じみていて、かつ寝起きは悪い。

彼女の腕の中にもまた小さな人影がみっつ。
猫型神姫の三つ子だ。
名前は『ノゾミ』『カナエ』『タマエ』。付けたのは浩子サン。

区別がつかんのでそれぞれの腹にそれぞれの名前を書いてある。

浩子サンには「神姫虐待よっっ!」とか言われたが、当人達はむしろ気に入ってるらしいので問題はない。

「にゃー」
「にゃー?」
「にゃー!」
「「「にゃー♪」」」

別にこいつらはわざとこう話してるワケじゃない。「にゃー」としか言えないのだそうだ。

詳しいところはよく解らなかったが、どうも俺が拾う前のマスターに変な改造を施されたとかなんとか。

実はこう見えて、かなり頭が回るので侮れない。
ウチにある本を、俺の趣味のラノベから参考程度にナナメ読みで放置してた学術書まで片っ端から読破しやがった。

おかげで偶に辞書代わりに活躍してくれる。

「・・・あぁあ、こちらにいらしたのですかぁ。家中探し回ってしまいましたよぅ。」

よたよたと更に一匹追加。

「あ、ごめんねパトリシアちゃーん。寝てたから起こすのも悪いと思ってー。」
「・・・だったらせめて居間まで運んでやれ。三匹も四匹も手間は変わらんだろうが。」

ふらふらとへたり込んだのは、天使型神姫。名を『パトリシア』。

初期不良品で、空間認識に欠陥があるらしく、ぶっちゃけ空を飛べない。

「はふぅ・・・大家さぁん。疲れましたぁ。」
「大家言うな。どんだけ迷ってたんだお前。」
「えぇとえぇと・・・」
「いいから居間に行って待ってろ。」
「はぁいぃ。」
「っていきなり逆だ!そっち玄関!」

しかも方向音痴のオマケつきと来た。

我が家は祖父譲りの平屋建て。実質住んでる人間は俺一人だというのに、多分3~4人でもちと広い。
そのせいか、よく迷ってへたり込んでいるのを見かける。

まぁ、人間じゃないとはいえ住人もそこそこいるから、大事になったことは無いけどな。

もっとも、そのおかげでウチは一部で『神姫長屋』とかあんま有難くない渾名で呼ばれてるそうだが。

「ほら浩子さんも。あいつ一人じゃ心配だ。」
「はーい。じゃ、行こっか」
「「「にゃー☆」」」

猫どもめ。流石に名付け親相手だと素直に言うこと聞きやがる。

更に数分。いい感じに魚が焼けてきたところでどたどたと足音が・・・

だんっ!

「ご隠居おぉおおっっ!!」

誰がご隠居だ誰が。

駆け込んできたのは我が家の神姫6匹目。砲台型神姫の『アイリーン』。

「ご隠居はやめれっつってんだろーが。毎度毎度家壊す気かお前は。」
「知るかっ!それよかジュリ姉どこっ!」

何故か怒っていて何故か完全武装してて何故か鼻の下に綺麗なカールのドジョウヒゲ(@マジック描き)。
バイザー降ろしてるから解らんが、恐らく額にはえらく達筆な『中』の一文字(@マジック描き)があるんだろう。

また寝てる隙に悪戯されたのか。

アイリが怒りに任せてばっしんばっしん柱を叩く度に、冗談抜きで家が軋む。
どうもコイツは腕力にリミッターがかかっておらず、危険視されて廃棄処分となったところを逃げてきたらしい。

元は闇バトルに出ていたとか言ってたが、どこまで本当なのだか・・・

「あー。ジュリのあほたれだったら・・・」

やれやれ。一仕事終わったというのに・・・寝るのはしばらく後になりそうだ。


あ?あぁ失礼。申し遅れた。

俺の名前は『都竹慎之介』。

デタラメに嘘くさいが本名だ。物書きをやっている。

頭に「売れない」って冠詞が付くのが、まぁアレだが。


まぁそんな感じで、今日も長屋住まいの連中との騒がしい日常が続いていくのだ。


正直、疲れるけどな。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー