メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<シンメイの日記>

註:これは、久遠の神姫の「シンメイ」が書いた日記を、そのまま転載したものである。



3月10日 -前編-


今日はマスターのお仕事に、エルガと一緒に同伴です。
 ・・・とはいっても、仕事時間はバイクのリアボックスで待機なのですが。

昼過ぎ。 予定の時刻をオーバーしてマスターが戻ってきました。どうやら
仕事が押してしまい、半日勤務の筈が1時間ほど延長してしまったようです。
ボックスの蓋が開き、外の光が差し込みます。。。
「おまたせ。 ごめんね、寒かったっしょ。」
マスターはそう言いながら私たちを胸ポケットへ移してくれました。
ここは私とエルガの指定席。ここに私たちがおさまる時、それはマスターと
お出かけをする時。。。

今日はどこへ行くのですか? マスターに尋ねました。
「温泉。 腰痛と肩こりと、膝の痛みがでちゃって。」
そう言いながら、膝をさするマスター。 かつてバイクで怪我をしたとかで、
寒くなると決まって膝が疼くんだとか・・・。
「でもでも、今日はおでかけバイクじゃないよ?」
エルガが声をかけます。そうなのです、今日はいつぞや有明や新宿へ行った
時に乗った、お出かけ用の大きい黒いのではなく通勤用の白い単車なのです。

「いや・・・ホントはちょろっと買い物して飯くうだけのつもりだったんだ
けれど、ともかく腰と膝がひどくてひどくて。。。」
ヘルメットをかぶり、マスターはエンジンをかけます。
最近ではほとんど聞くことの無くなった、乾いた軽快なエンジン音。 今や
絶滅寸前と言われている、2ストローク車がマスターの通勤用単車なのです。
かつて孤高の400と言われたお出かけ用単車といい、マスターの嗜好はいま
ひとつ理解に苦しむ所があります・・・。

原付二種とはいえ、さすが2スト車。クルマの流れをリードし、景色がどん
どんと後へと流れていきます。 隣のエルガは、あのクルマを追い越せだの、
交差点を攻めろだのと叫ぶので五月蠅くてちょっとゲンナリ。
「・・・シンメイ、寒くないか?」
信号待ちで、マスターが声をかけてくれました。私は首を横に振ります。
マスターのポケットに入ってさえいれば、外がどんなに寒くても暖かいん
ですもの。。。

やがて大きな国道から県道へ移り、旧市街を進みます。
沿道ではちょっとした催しが開かれており、人でいっぱい。 道路も渋滞
気味で、マスターの単車にはちょっと苦手なシチュエーション。
「へぇ・・・神姫の子守歌か・・・。」
歩道に目をやったマスターがぼそり呟きました。そこには鳴き声をあげる
子供、あやすお父さんとツガルタイプ。
いずれ私たちも、そんな存在になることができるでしょうか・・・?

旧市街を抜け、気づけば山道峠道。 急にマスターが喋らなくなりました。
目が真剣・・・。 どうもこういう道では、相変わらず、どんなクルマに
乗っていても火がつく性分のようです・・・。
マスター! アクセル開けすぎです!! ・・・と叫んではみるのですが、
全くもって聞こえていないようです。エルガはエルガで、運転技術を学ぶ
とかいって、これまた黙ってマスターの動きを見ています・・・

あぁもう、どうしてこうなんですか、この人たちはっ!!

 ・・・それから約15分後。 視界がぱっと開け、川沿いの道を山へ向かい
進み、目的の温泉へ到着。 わたわたと単車を止め、私たちをポケットに
入れたまま温泉施設へと向かいました。

温泉は初めての私たち。 何も言われなかったとの理由で、マスターは私
たちを桶に入れて堂々と洗い場へ。 ・・・見回せば・・・ あら、同業
者が数名いらっしゃいましたね・・・。 あそこではシャンプーハットを
かぶった白子がいます・・・。
「・・・? なんだシンメイ、お前も使うか?」
マスターが聞いてきました。ふと見ればエルガもシャンプーハットを装着
してマスターに頭を洗ってもらっています。
「べ、別に・・・自分で洗えますから・・・」
とは言ったものの、ちょっと羨ましい・・・なんて思っていたら。

「じゃ、身体洗ってやるよ。」
と言うなり、マスターは私を抱き上げ、泡だらけのタオルでやさしく身体
を洗い始めたではないですか!どんどん泡だらけになる私のカラダ・・・
 ・・・マスターに全く下心が無いのは十分承知です。 
   なのに、何でしょう、この気持ちの高ぶりは・・・。

       ・・・コォン!!

そのドキドキをうち破るかのように、私の頭に神姫サイズケロリン桶がっ!
「こらエルガ! 走るなと言っただろう!」
洗い場の鏡の前を走っていたエルガ、泡に足をとられて見事に転倒、その先
に置かれていた桶を蹴っ飛ばす形になり飛んできた模様・・・。
結局、私とマスターのドキドキ時間はごくわずかで終わってしまいました。
 ・・・エルガ、あとで覚えておきなさい・・・!!



     >後編へ続く












| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー