メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 第六幕。上幕。


 ・・・。
 2035年12月31日。千葉峡国神姫研究所。
 大晦日の夜も既に更け、除夜の鐘が遠く響こうとする時刻。既に所員たちのほとんどは帰途につき、その研究所も一年を終えようとしていた。
 常夜灯以外の電源が落とされた研究所。しかしそんな沈黙が支配する中で、今尚、所長室には明かりが灯っていた。

 小幡 紗枝は、彼女の体躯にしてみれば十分に大き目の事務机の前に座り、その目の前に置かれてあるクリアーカバーで蓋をしたケースに静かに視線を向けていた。
 幾度と無く、それに手を触れ・・・しかしやがて離し、大きな溜息と共に椅子に深々と座りなおす。
 こんな事を、彼女は一週間も続けていた。

 その器の中には目を閉じて眠っているような一体の神姫。違う・・・眠っているのではない。そのCSCは二度と起動する事は無く、その瞳は二度と開かれる事は無いのだから・・・。
 そう、『死んで』いるのだ。彼女は。
「ゼリス」
 小幡は呼びかけると、その年齢相応の皺が刻まれた顔を両手で覆った。
「・・・」
 エゴだろうか。

 これまで数十体という神姫のボディを、『失敗作』という名目でCSCを埋め込まず、起動さえさせずに分解してきた自分が。
 最早『死した』神姫を、かつての自分のパートナーであるという理由だけで・・・それを分解する事を躊躇うとは。生前の彼女がそれを願っていたというのに。いや、だからこそか。何故、彼女がそんな事を、こんなに辛い事を自分に託したのか。それが理解できないまま。

 これほどに。自分は未熟であったのか?

 ゼリスが遺したZFというファイル。そこには、確かに彼女からのメッセージが込められていた。『自分のボディを分解してほしい』と。『娘たちに、それを受け継いで欲しい』と。
 だが、果たしてそれを、簡単に受け入れる事が出来るだろうか?

 貴女の『心』を、最後まで・・・私は見る事が出来なかったの?

 目をやれば、変わらず。口元に静かな笑みさえ湛えて彼女は永眠についている。美しい翠の髪も。草色のスーツラインも何も変わらない。その合成樹脂によって作られた体を横たえ、昏々と眠り続けている。
 この姿を、この姿を失えと? この姿を、私自身に壊せと? そう言うのですか? そんな事を託すなんて。
 いや、かつて、我武者羅に研究に打ち込んでいた自分ならば可能だろう。だけど。今、ここにいるのは。
(貴女のパートナーなのですよ?)
 幾度目かの溜息。出来ようか。そのようなことが。


 そもそもは、探していたのだ。

 彼女たち、神姫という人工の存在が。それでも時折見せる『心』の場所。CSCと呼ばれる多大なブラックボックスを内包した超集積プログラミングシステム。それは、口調や性格のパターンを複雑化し、限界まで叩き込んだ人工AIの一種。
 組み合わせさえ選べば、性格、精神年齢さえ自在に変える事が出来る、その技術の結晶たるCSC。だが、時として人が作り上げたプログラムが介入できないレベルにまで神姫は・・・この世に現れてからずっと、明らかな不確定要素的な因子を示していた。
 それを、小幡はあえて『心』と呼び、解明を行おうとしていた。

 やがて。
 言語、通訳。朗読や踊り、歌など。『芸術・文化的要素』を強化した神姫シリーズが発足するにあたり、その一つのタイプ・・・通訳等での活躍が期待される言語・発声能力特化型神姫のプロトタイプを峡国研究所が製作し、小幡自身がそのテスターとして『彼女』を受け取る流れになった。
 それまで個人では神姫を迎えた事の無かった小幡にとっての、言うなれば、長く『彼女達』と付き合ってきたにも関わらず、『初めての神姫』。

 ようやく完成したタイプナンバーはCRZR-C003。プロトタイプ・・・MMSネームを『クラリネット』と名付けられ、小幡の手に渡った。
 心の究明の手伝いにもなるだろうと、軽い気持ちでそれを引き受けると。彼女はCSCを生まれて初めて、自分の手でボディにセットした。

 そして。その銀の眼を、ゆっくりと開けた神姫が最初に行った行動は。
 CSCに基本として導入されているはずのマスター初期確認でもなく、ネーミングのセッティングでもなく。また、自身のコードナンバーを読み上げる事でもなく。

 微笑みを・・・優しく浮かべる事だった。
『はじめまして、マスター』
 美しい声でそう言って。
 小幡の中で、それまで積み上げてきた全てが崩壊していくと同時に。何かが大量に流れ込んできて。意味も解らず、突如としてぽろぽろと涙を流しはじめた彼女を、慌てて『ゼリス』は宥めていた。



(・・・それまで。私は常に無機質な世界を見つめていた)

 数式とデータによって支配され、怒濤の様に流れていく歴史に取り残されまいと。虚ろな瞳で急くように走り抜けていた。
 それがこの世界の法であると信じて。

 だが、彼女と出会い。彼女と暮らす事で。時間という風が緩やかになっていく。
 相も変わらず忙しい日々。神姫のパーツ開発、また、武装神姫プロジェクトの発足によるテスト武装の試験。
 それでも。その風は緩やかに吹いていた。


『風に、憧れます』
 そう言った彼女に、風になりたいのかと聞いた事がある。
『いいえ? 風になりたいのではなく。風に憧れるのです』
 謎々のような事を言って。ゼリスは笑った。
 少し不思議な感覚を有している彼女は、しかし研究所の皆からも愛されていた。

 やがて。
 第一期武装神姫の武装テスト中、彼女のCSCリンクシステムに異変が発見された。
 記憶の消失。どうしようもない欠陥の発覚。
 泣きながらも真実を伝える私に。彼女は微笑みかけたのだ。
『・・・とても、とても嬉しいです』
 何故? どうしてかと問う私に。
『だって。これだけの想いを、私は受けているのでしょう?』
 そう言って、ようやく彼女は静かに泣いた。

 想いを『受けている』?
 私は、その感覚を理解する事は出来ず、戸惑いと悲しみに打ちひしがれるだけだった。



 ・・・。
 ふと、涙の温かさを感じ。小幡は顔を上げた。

 涙。

 そうだ。いつから、私は涙を流せるようになったのだろうか?
 ただ、灰色で。無機質な日々でしかなかった。彼女に会うまでの、それまでの生きてきた長い日々。
 その世界を。風が吹きぬけるように・・・色取り取りの美しい世界にしてくれたのは。他ならぬゼリスだった。

 ほんの少しの、ちょっとした事で心が揺れる事を知り、喜ぶ事を覚えたのも。
 海を眺め、空を見上げ、移り変わる世界に思いを馳せながら、夢を描く事を知ったのも。
 頬を濡らす涙を流す事を教えてくれたのも。
 全ては・・・彼女と共に、歩み始めてからではなかったか。


『・・・マスターは』
 ふっと、思い出したようにゼリスは銀色の瞳で私を見つめた。
『とても人らしいヒト、ですね』
 いつものように謎々のような事を言う彼女。
 私は最初から人ですよ? と困ったように問い返した私に。
『えぇ、けど。最近とってもヒトらしいなって、思うんです』
 そう言って、イタズラっぽく。彼女は笑った。


「そうですね・・・」
 ゼリスと出会い。
「私の方・・・だったのですよね」
 『神姫』である彼女に照らされるように、それまで何事にも急き走り続ける事しか出来なかった私が。
「貴女と出会う事で」
 ・・・共に生きる事で。
「心と、心が触れ合う事を知りました・・・」
 涙がケースに滴り落ちる。

「『心』を生む事が出来たのは、私の方でした」

 人である私が。神姫であるゼリスから。
 人としての心を貰って。
 『人になれた』のだ。



 ・・・。
 小幡はコンピュータのモニタートップの『ZF』と名付けられたファイルを見つめていた。
 ゼリスの言葉。ゼリスの声。ゼリスの姿。全て、そこには宿っている。
 そして。遺志さえも。このちっぽけなプログラムの中に。

 小さくても。そこには確かに翠色の風が、宿っている。

 ・・・。
「翠?」
 ふっと。
 小幡は、目の前で眠り続けるゼリスの髪に目をやった。美しい髪色は、全く変わることなく艶やかに流れ、その肌は今も生前の美しさを保っている。
「・・・」
 瞳が揺れた。
 彼女は、ようやく。
 その、長きに渡る研究と。自分が抱いてきた謎の解を知った。
(『違う』)
 人ならば既に、色も何もかも変わっているだろう。
 その身は荼毘に伏され、美しい姿を残す事も無く、今は写真を眺めるくらいしか出来ないだろう。
 彼女達は人ではない。神姫だ。それは解っていた。それは理解していた。

 だが、いつから? いつから勘違いをしていたのか?
 その体は人工の物。作り出された美しい樹脂の結晶。
 そして・・・その『心』もまた、『人間に似せられて人工的に作られている』と。そう信じてしまっていた。それは間違ってはいない。CSC、ヘッドコア、ボディユニット。
 全ては人が生み出し、人が作り上げた存在である。
 だが・・・だが、それでも? それでも、彼女たちの心を人が作ったと言えるのか!?
「違う・・・」
 今度は口をついて出た、その言葉。
 神姫は。

『神姫の心を有している』。

 『心』を解明しようと。その心が生まれる瞬間を知ろうと。彼女を迎えた時には。
 『神姫の心』を、『ヒトの心のミニチュア』としか考えず。彼女はいつしか・・・ただ、その既に出ていると思った結論を受け入れようとして、それをただ科学的に証明しようとしていただけだったのだ。
 人の心を元に。神姫の心があると信じていた。
「そうではない・・・そうですね?」
 答えぬパートナーに、小さく笑いかける。何と愚かなマスターだろう。そのような事は、貴女がずっと。ずっと伝えてくれていたのに。

『神姫には。神姫としての。ツクリモノではない。確かな心がある』。

 小幡は後悔の涙を流した。
「許してください・・・ゼリス」
 私はずっと、『人の心』の尺で全く違う存在を計ろうとしていたのだ。どれほど、心の解釈を彼女に押し付けただろう。
「貴女は・・・全てを知っていたのでしょうね」
 ゼリスは、それらを神姫の心で受け止め、そして。それこそ命尽きるまで答えてくれていたのだ。

 だとすれば。
「・・・」
 彼女の遺志。それもまた・・・人の心では計れぬ行為なのか?
「貴女は・・・『神姫』として、何をしようとしているのですか?」
 問いかけ、その心に想いを馳せる・・・。

 その遺志は、彼女の・・・『自分を残す事』。

 小幡の動きが止まった。浮かべていた哀しい笑みが震えるように崩れ、目が見開き、驚愕の面持ちに変わっていく。
「まさか・・・」
 それは。神姫である彼女であればこその。

『継承的行為』。

「あ・・・あぁっ・・・?」
 小幡はケースを、震える、その少し節くれだった手で抱き上げた。少し揺れ、中のボディがカタリと壁にぶつかった。
「・・・貴女は・・・!」
 眠り続けるパートナーは静かな微笑を湛えている。


 人は死して名を残すという。子を残し、身体は自然に帰し、いつしか大地に戻る事が出来る。
 ・・・神姫は。作られた体の神姫は。その身体を残す事しか出来ない。その美しい、姿だけは残さんとする。
 愛してくれた主の為に、大切にしてくれたマスターの為に。彼女達はたくさんの思い出が詰まった身体を残すだろう。
「・・・そう」
 『身体しか残せない』のだ。
 彼女達はそれ以外に、それこそ何も抱かずに生まれてくるのだから。母も父も、子も無く。ただ、生まれてくるのだ。
 自分が自分であったという証拠。それさえも。貴女は。後の神姫に、渡してくれと。


『そんなに驚いた顔をしないでください。ずっと前から決めていました』


 ・・・。
 その決断を下して。どれほどの恐怖と戦いましたか?
 死した後、自分の身体が切り刻まれる事への恐ろしさは、人の比ではなかったでしょう。
 どれほどの哀しみを抱きましたか?
 自分が『いなくなる』という事を思い、その小さな身体で、絶たれる未来に・・・どれほどの哀しみを宿したのですか。
 どれほどの涙を・・・私達に見せないように流したのですか?
 それは神姫にとって、『全てを失う』に等しい行為なのに。ただ。『母』として。姿も知らぬ『娘達』に心を込めた身体を贈る事を。


『身体を失っても。マスターや皆さんと一緒に、『心』があります』


 ・・・。
 小幡は、止め処なく零れ落ちる涙の中。確かにその声を聞いた。
 信じていたのだ。科学的に何も実証されず。人間でさえ信じようとする者が少ない、その、掛け替えの無い物。
 『心』。
 それは。彼女が。
 恐らくは世界で始めて、自らの意思で『死す事を選んだ』神姫である彼女が。
 誰よりも優しく、妹たちを、娘たちを見つめていた彼女が。

 子を為す事も出来ず、自身の未来さえ絶たれた一体の神姫が。辿り着き、望んだ、最後の結論。



 彼女に許された唯一の・・・『未来を紡ぐ方法』だったのだ。



 ゆっくりと小幡はケースを手に立ち上がった。
「ありがとう・・・」
 貴女を作ったのは私。
 私の心を生んでくれたのは・・・貴女でした。
 返さなくてはならない。この恩を。
 私を人にしてくれた貴女へ・・・身を裂かれる様な思いに貫かれても。『人の心』が、苦しいと悲鳴を上げても。

 貴女への恩に報いましょう。
 未来を、紡ぎましょう。

 なおも重い足を、それでも作業場に向ける。
 少し疲れたような微笑を浮かべ、ケースを開けて。翠の髪を指先で軽く梳かす。
「受け継ぎましょう・・・」
 貴女の、遺志を。
 『人としての心』を持つ私が。貴女の『神姫としての心』を・・・受け継ぎます。

 母として。友として。
 そして・・・『娘』として。



 ・・・。
 夜が白々と明け始める頃。作業は終了した。銀色の小さなケースを載せた台車を押して、小幡は酷い表情で再び所長室に戻ってきた。
 長く息をつき首を振る。想像通り、それは凄まじい精神的苦痛を伴った。心が砕かれるような思いの中。それでも彼女は・・・全てをやり遂げた。

 CSCの神経リンクとの硬着。今の規格とは違いすぎる・・・完全な旧式化で使えないパーツ。最早、ほとんどの部分が利用できないと覚悟していたが。それでも少しながら、利用可能な部位を取り外す事が出来た。
 銀色の、小さなケースを机に並べていく。

 数は僅かに5つだけ。

 どんな神姫がこれを受け継ぐのだろう? そんな事を思い、ふっと、小幡は苦笑する。
 こんな旧式のパーツ、きっと『いらない』と笑われるだろう。普通に考えれば。
 だから、これを受け継ごうとする、受け継ぐ神姫は・・・貴女に似て、少し、変わっているのでしょうね? ゼリス。
 まだ姿さえ知らぬ・・・彼女たち、『ゼリスの娘たち』は。

 一つ目のケースには『喉』。
 それはクラリネットタイプの特徴の一つ。声帯を内包した部位。様々な言語を使いこなす・・・透き通るようなあの、声量豊かな声。
 この喉を受け継ぐ神姫は・・・その美しい声を響かせ、それに乗せて『心を伝える』事になるだろう。

 二つ目のケースには『脚』が一対。
 少し古い感じのするデザイン。ゼリスのスーツカラーがそのまま残る場所だ。堅めの足裏でカタコトと、小気味良い足音が今はもう懐かしい。
 この脚を受け継ぐ神姫は。どれほどの困難があろうとも。強い意志で『心と共に歩む』だろう。

 三つ目のケースには『手』・・・。
 高質樹脂ではない。少し表面がざらついているのが特徴の合成樹脂。どことなく、彼女らしい素朴な感じのする小さな手。
 受け継ぐ神姫は、全てを優しく抱きしめて来た手で、『心を包む込む』事だろう。

 四つ目のケースには『眼』が入っている。
 光を宿す銀色の瞳・・・相手の目を見つめて話す事を心がけていた、彼女の柔らかな、表情豊かな視線を宿した部位。
 受け継ぐ神姫は、目を逸らしたくなる過去さえも乗り越え・・・真っ直ぐに『心を見つめる』神姫だろう。

 そして・・・。
 最後の一つのケースを机に置く。それだけは少し小さ目なケース。そして他の物よりも、遥かに丁重に扱われるように、多重のケースに入れられている。
(・・・。・・・)
 何故、この部位が全く損傷無く取り外せたのか。CSCが活動を停止した今。それが取り外せたのは奇跡に近い。

 小幡は明るくなりつつある空に目をやり、窓を開けた。
 風が吹き込む。
 貴女は私の娘。
 そして、私は貴女の娘・・・。
 上りつつある陽に目を細めながら、小幡はゆっくりと言葉を紡ぐ。

「全ての妹たち・・・」
 陽光は輝き、闇の空を開けていく。
「・・・全ての娘たちよ」
 肩に、確かに彼女を感じる。いつものように穏やかな表情で、その美しい声を響かせて。
 冷たい風が髪を遊び、カーテンを軽く吹き上げる。


 翠の髪、銀の瞳。パールと草色のスーツを身に纏った、美しい神姫がいた。
 プロトタイプ=クラリネット。名をゼリスという。
 流れ往く時間の中で。彼女の名はいつしか忘れられ、歴史に埋もれていくだろう。
(消えはしない)
 彼女は言ったのだ。『心』がありますと。
 世界で始めて、母となる事を選択した神姫。
(消せはしない・・・)


 声が重なっていく。
「貴女たちを、愛しています。これまでも、ずっと。これからも・・・」
 自分の声と、他ならぬ、優しい『母』の声。
「そして・・・」
 重なり、やがて。
 あの、懐かしい声が響いた。

『想いと共に。未来を紡ぎなさい』


 西暦2036年。1月1日元旦。
 全てが忙しなく流れ往き、歴史の波濤が全てを覆い尽くす時代。
 そんな中でも時として。

 草色の風が舞い、緩やかな『想い』が彼女達の髪を梳き・・・流れる事があった。


 第六幕。下幕。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー