メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

花種きてから数日後・・・

~あるいは神姫の歪んだ嫉妬心~



目が覚めると、両の手足がベッドに固定されていた。
何事かとふんばって見回せば、白子、黒子、犬子、猫子、武士子に騎士子、
兎子にツガルまで・・・ 枕元に集合し、俺を睨んでいた。

「な、ななな・・・」
異様な様子に声が出せない。と、黒子が一歩前へ出て、
「これから、マスターの去勢をさせていただきます。」
と、とんでもない事を言い放った。
「近頃、マスターは花子と種子、そして砲子の3人ばかりを相手にして、
ちっとも私たちの相手をしてくれません。」
続けて犬子がデザインナイフをどこからか持ち出し、
「・・・それだけならまだしも、マスターはあの3人を、妄想の相手として
使い、時として本当にいじり倒しているのを、私たちは知っているのです。」
と続けた。 そして白子はごそごそと俺の胸の上へ乗り、騎士子から借りた
剣を振りかざし、高らかに言った。
「ならば、その悪の根元であるマスターの肉棒を斬り落としてしまおう、と
なったのです。 ではみなさん、準備はいいですか?」

『おぉう!!』

声をあげるや否や、犬猫は俺に猿ぐつわを噛ませ、騎士武士兎ツガルは一気
にパンツまでズリ下ろし、俺の下半身を露出させた。
「さぁて・・・どうする・・・うぁっ?!」
神姫たちの視線が下半身に集中し、おもわず変な興奮を覚え、俺の海綿体に
血液が充填されてしまった。ビクビク動くソレをじっと観察する黒子。と、
白子がどついた。
「もう、別に珍しいものではないんですから! さぁ、斬りますよ!」
振りかざす白子。 こうなったら、固くして斬られないように対抗するしか
道はないだろうとアフォな方向へ働いた俺の愚脳、目前の神姫たちで妄想を働か
せてさらに固化させる。
 ・・・白子の一撃に対し、俺の硬さの方が勝利。
「え・・・き、斬れない・・・?!」
「なにやってるんだよっ! 貸しなっ!」
唖然とする白子から剣を取り、改めて斬りかかる犬子。
「押してもダメなら挽いてみるんだっ!」
ごりごりごり・・・根元付近を執拗に刺激する状況に。 ますます固化する
俺の愚息。
息も絶え絶えになった犬子・・・背後では皆が円陣を組み何やら相談開始。
犬子も輪に加わり、ひそひそ。
諦めてくれたのか・・・ と思った俺は甘かった。

「一斉にかかれっ!」
騎士子の号令と共に、皆が一斉に思い思いの「斬るモノ」で、俺の愚息に
攻撃 を開始した。
痛いが、しかし妙な興奮と快感・・・俺ってそんなにMだったっけ?
いや、そんなことはどうでもいい、この状況を何とか・・・でないと・・・
「あれ?なんか先っぽからでてきたよ?」
先端に登っていた猫子がぼそり言ったとき、それが我慢の限界だった。

 どっくん

その場にいた神姫たち全員に、白濁のシャワー。 だが嫌がるのではなく、
やつらが喜んでいるように見えるのは気のせいだろうか・・・?
俺って、本当にダメ人間だ・・・ あぁ、意識が遠くなる・・・


  ・ ・ ・

「はっ!!」
傍らで、目覚ましがなっている。 手足は縛られていない。額には汗、しかし
何事もない静かな朝。
「ゆ、夢か・・・。」
ほっと一息ついて、起きあがろうとした。 と-
「マスター、それは本当に・・・」
冷ややかな、心に刺さるような声が頭の後から響いた。そこには花子と種子、
そして砲子を亀甲に縛り上げて失神させ、大変に満足げな表情を浮かべている
白子、黒子、犬子、猫子、武士子に騎士子、兎子にツガル・・・
「夢でおわればいいんですけどねぇ・・・!」


end・・・?
















   ・・・おまけ・・・
第4弾の連中のいけない使い方(上記の「妄想」)の一例を。


花子>謎の蜜を分泌してヌメヌメさせてくれる。蜜には強壮効果あり。
   さらに毒電波で周囲の神姫もハァハァさせる。

種子>装備を駆使して、肉棒をくるむようにネチョネチョしてくれる。
   さらに粉を噴霧して周囲の神姫をアンアンさせる。

花種両方を使うと、そこはもうパラダイス。
そこへスパイスが欲しければ、砲子を使うべし。

砲子>俺のアナルに突撃一発 (w
















| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー