メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「・・・・・・完成、したことはしました」
  珍しく心配そうな表情のかすみが、修也に言った。
「本気で使うんですか?」
「ああ」
  答える修也の表情には、微塵の揺るぎもない。
  そんな彼は、かすみの手からあるものを受け取る。
「おまえが設計して、秋が造って、舞が試したんだろ? だったら大丈夫だ」
「そうですよ、かすみさん」
  修也の肩に乗る天使型神姫リュミエも、彼に同意する。
「私は皆さんを信じてますから」

  ・・・・・・とは言ったものの。
「不安がないわけじゃないんだよなあ・・・・・・」
  かすみが自分の研究室に戻った後、修也はそう呟いた。
  事実、受け取ったもののとんでもなさは、彼自身よく知っている。製作を頼んだのは、他でもない修也なのだから。
『純正品の倍の推力を持つエクステンドブースター』
  この提案をした時のかすみの顔は、文字通り「開いた口が塞がらない」だった。
  その後「4基装備するよりも、同じ推力で2基の方が軽い」という修也の言葉、加えて「本気で、勝ちたいんです」というリュミエの願いもあって、結局聞き入れてはくれたが。
  そもそも、自分たちの戦法がいかに無茶苦茶なものかは、修也もリュミエもよく理解していた。もともとが、純正装備のアーンヴァルを撃破するために編み出した戦法なのだから。
  試合開始と同時に、全力で加速して遠距離からの第一撃をかわす。そのまま急接近して、二撃目が来る前に、ハンドガンかライトセイバーで急所に一撃。それだけ。
  しかしながら、バトルリーグの規模が拡大し、数多くの戦術が構築されていくにつれ、この戦法で戦い続けるのは困難になっていった。それでも彼らは、この戦い方にこだわった。
「・・・・・・で、たどり着いた結論がこれだからな」  
  一撃必殺。しかもその一撃目を外したら、ほぼ負け。
  一撃目が外れたら、その勢いのまま離脱する。・・・・・・大体、失敗するが。
「鳳凰杯、か」

「ご主人」
  研究室に戻ったかすみは、秋葉に声をかけられた。
「どうしました、秋?」
「いえ、その・・・・・・」
  秋葉が言いよどむなど珍しい。よほど心配そうな顔をしているのだろうか、と思う。
  そりゃ、心配は心配である。それはもう、とっても。
  そもそもなぜ、いきなり鳳凰杯に出るつもりになどなったのだろうか。
  ・・・・・・まあ、いきなり喫茶店「LEN]のブースで臨時アルバイトするつもりになった自分が言えることではないのだが。
「・・・・・・お祭り、か」
  そういえば彼は好きだったな、そういうの。案外、そんなものなのかもしれない。
「なんでしょうか?」
「いえ、別に」
  ふと出た独り言は、しっかり秋葉に聞かれていた。
「しかしご主人」
「?」
「上岡さんには言わなくていいのですか?」
  そういえば、言うのを忘れていた。
「・・・・・・いいんじゃ、ないですか?」
  自分の事でしょうに、と秋葉が言った・・・・・・気がした。

  鳳凰杯まで、あと3日。
  幻の物語







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー