メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 第五間幕。ライト点灯。


 初夏の日差し。陰になっている階段に座ってケータイにメールを打ち込んでいるアキ。肩に乗ったルクスがこちらに気付き、つんつんと頬を突付く。
 アキ、はっと顔を上げると照れ恥ずかしそうにケータイを直して立ち上がる。
 ルクスのスーツカラーは先ほどと違い、シルバーとブラックに染め抜かれている。

アキ「ゴメンゴメン。2036の風の第五幕。読んでくれてサンキューな。ウチは山県 光。珍しい名前やろ? アキって読むねん」
ルクス「お初にお目にかかります。砲台型フォートブラッグのルクスと申します」

 ルクスの一礼の後、アキ、階段に座り込む。

ルクス「今回の話・・・私が母様より瞳を受け継いだ時・・・夏前でしたね」
アキ「BMAによるオフィシャルバトルの地方予選だったかな。六月も終わる頃や」
ルクス「ポイントによるシードに残れなかったのは私の責任です」

 ルクス、僅かに頭を垂れる。その姿にアキ、苦笑。

アキ「あかんで、そんな風に考えたら」
ルクス「・・・すいません」

 陰が少し濃くなる。

ルクス「しかし、平日の朝から、わざわざ千葉まで行くマスターの行動力には呆れます」
アキ「そりゃ、ホンキやからね」
ルクス「・・・?」
アキ「ルクスへの愛やん」

 笑うアキ。
 ルクス、赤面して困ったようにバイザーを下ろす。

ルクス「マスター、ご冗談を・・・」
アキ「冗談で言えると思う?」
ルクス「・・・」

 黙り込むルクスを、先のお返しとばかりにツンツンと突付くアキ。
 ライト、少し暗く。

ルクス「・・・『愛』。神姫の愛。人とは違う我らの、ヒトとは違うカタチ」
アキ「そりゃぁ。子孫を残す能力が無い神姫やから・・・性欲って言えば言葉は悪いけど、「本能的」な子孫繁栄がどうしても関わってくるウチらの愛と形は違うはず」
ルクス「私達の愛は、内面的な、心情的なモノに特化されているのかもしれません」
アキ「・・・」

 ルクス、そっと自分の胸に手をやる。

ルクス「性別も、存在も・・・何もかもを越えた、ヒトのそれよりも遥かに純粋で・・・思慕的な、ピュアな感情として」
アキ「それを愛と呼べるかは解らんけどな。けど、それ以外の単語があるかっていうと・・・」

 小さく笑う二人。風、一つ。

ルクス「・・・それでも。それでも、ヒトに憧れる神姫の気持ちも、解ります」
アキ「けどな。人って言っても色々あるで? 生まれて直ぐ病気になったり、親に殺されたり、時には武器を持って数万対数万で殺し合い。別に神姫より幸せな種とは思えへんけど?」
ルクス「人になりたいのではありません、ヒトの姿になりたい」
アキ「・・・?」
ルクス「彼女達は、きっと。『愛する者に近づきたい』。ただ、その純粋な気持ちだけなのでしょう」

 ライト、更に暗く。

アキ「ルクスも、ちょっとはあるん? ヒトの姿になりたいとか」
ルクス「・・・はい。少し、ですが。色々・・・出来ますし」

 ルクス、何故か赤面。

アキ「けど、神姫サイズやから出来る事もあるやん? ウチは一度でいいから、神姫サイズ。小さくなりたいけどなぁ」
ルクス「あ・・・私は、それでも・・・いいのですが」
アキ「?」
ルクス「(小さな声で)その・・・ヒトのように、抱き締めて・・・もらえたら。いいな、と・・・」
アキ「(大きな声で)へぇ~?(笑)」
ルクス「あ、ち、違います! マスター! その・・・今のは・・・!」
アキ「うーん! 幸せモンやなぁ。ウチって!」
ルクス「ま、マスター!」

 消灯。


 第五幕。了。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー