メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「悠君?その顔出してる小さい女の子…」
まずい。見つかった。見られた。たま見られた。
「…マオチャオだよね!私のアイカと同じだね、アイカ~、出ておいでよ~」
「え…なんかあったの…?」
そういって彼女のスカートのポケットからもぞもぞと神姫が。なんだこの展開は。とりあえず落ち着いて整理してみよう。
俺がたまと少し会話しているときに、彼女(名前なんだったかな…あー、間宮 桃だ)に見つかった。でもは驚いたりするどころか自分の神姫を連れてきていて、今まさに当たり前のように俺達に紹介しようとしている。

…つまり見つかったけど大丈夫?
「ほらほら、アイカ~、自己紹介しないとダメだよ~」
「あ…あの、アイカって…いいます…」
「あ、あぁ、よろしく」
なんか恥ずかしそう。人見知りする性格なのか?いやそれより。
「あの、間宮?間宮も神姫マスターなんだよな?学校で見つかると厄介なんじゃない?てか、授業は?」
とりあえず今思いついた質問を全部ぶつけてみる。
「んー、見つかっても気にしないかな~。授業で使う問題集忘れちゃって教室に取りにいこうとしてたら、悠君がその娘とお話してたの見えたから声かけてみたの~」
「そうなんだ。あ、俺は一応マスターってこと隠してるから黙っててな。」
「うん、わかったよ~。じゃ、遅くなっちゃうから私行くね~。放課後にでも、悠君の神姫も紹介してね~」
そう言ってトテトテと教室に向かっていく間宮。なんとか危機は回避。てか仲間を見つけてしまった。
「おー、危なかったねー、たまヒヤヒヤしちゃったよー!」
「あなたが顔を出してたのが原因でしょう!」
2人が話し始めた。なんでさっきはなんも言わなかった?と聞くと、
「見つからないように!だよ!」
「見つからないようにしていました!」
ダメだこの娘達。


そして放課後。先に間宮のクラスがホームルームが終わったらしく、間宮が廊下で待っていた。普段俺が女の子となんか一緒にいることなどありえないので、奇異の視線を浴びながら学校を出た。

「ねーねー、悠君の神姫見せてよ~」
「センター着いたら紹介するからちょっと待っててくれよ」
俺たちは今神姫センターに向かっている。学校じゃぽちやたまを出してやって紹介できないし、家には母さんがいるから女の子なんて連れて帰れない。神姫マスター達が集まるセンターならなんの心配もないというわけで。
さてさて見えてきた。やっぱりいつ来てもここはでかいなぁ。
「ブレイクスペースいこ~!悠君の神姫、楽しみだな~」
そう言って俺の手を引く間宮。焦るな焦るな。


「と、いうわけでこいつらが俺の神姫、ぽちとたまだ」
「ぽちです。お兄ちゃんが学校でお世話になっています」
「たまだよー!よろしくね、桃ちゃん!」
と、自己紹介する2人。
「わ~、2人いたんだね~。よろしく、ぽちちゃん、たまちゃん!ほらほらぁ、アイカも隠れてないでお話しようよ~」
「え…あ、うん…あの…」
やっぱりおとなしい娘だなぁ。こういうのも可愛いかな。
「あ、悠君はバトルはしないの~?」
そう話を切り出して来る間宮。
「あぁ、まだしたことはないな。する予定もないけど」
「そうなんだ~。あ!じゃあ私とアイカのバトル見てみるといいよ~!筐体行こ、来て来て~」
また手をひっぱられる。なんかぽちが気に入らなそうな顔で見てるしたまはニヤニヤしてる…なぜ?


「ほら、見て見て!ここに神姫入れてぇ、戦うんだよ~」
連れてこられたフロアには筐体がいくつか並んでいて、スクリーンには戦闘中の神姫が映し出されていた。初めて見る実際のバトルに、ぽちやたまと見入っていると。
「あそこのモニターにアイカが出るよ~!見ててね~」
そう言ってインカムのようなものを付け、戦闘の準備を行う間宮。
準備が終わると電脳空間にアイカと相手のアーンヴァル型神姫が現れた。
…ここからだ。正直これには驚いた。
「ぅおっしゃあぁぁぁぁ!!行くぜアイカァァァァ!!塵も残さず消しちまいなぁっ!!!」
間宮が豹変した。しかしそれだけじゃなかった。
「あぁ!言われるまでも無くやったるぜ!!ドリルで叩き落としてやらぁ、クソ天使ィィッッ!!」
アイカも豹変した。
バトルの方はと言うと、アイカの圧勝。相手のアーンヴァル型もアイカがマオチャオ型ということで、とりあえずは単純に空中から牽制しつつ隙を狙ってトドメを入れてやろうとでも考えていたのだろう。
しかし、その単純な考えで勝てるようなアイカではなかった。アイカは背部に備え付けられた大型のバーニアを巧みに操り敵の弾をかわしつつ接近し、足の裏に増設された小型ブースターで急上昇していった。まぁ、それくらいなら敵もセカンドランカーだけあり予想できたのだろう、ブーストが切れるまで回避に専念していた。
しばらくしてブーストの切れたアイカが下降を始めると、チャンスと見た敵がレーザーライフルを構え発射しようとする。
だがアイカは空中では一切使わず温存しておいた背部バーニアを使い発射直前にレーザーを避けてから敵の頭上まで上昇、そこから下に向けて思いっきり旋牙をたたき込み、勝利を収めたのだ。

さて、俺はどうするべきだろうか。当たり前に対応すべきか、ちょっと変えるべきか。
「ふ~、手強かった~。ねね、見ててくれた~?」
間宮がアイカを連れて戻ってきた。
「ん、あ、あぁ、見てた見てた。強いんだな、おまえら」
普通に対応した。しかしアレで手強かった、はないだろう。
「そんなことないよぉ。私達なんてまだセカンドだし~。悠君もバトルやってみない?ねぇ、初めてみよ!」
「うーん、バトルかぁ…」
そう言って2人の方を見てみる。
「私は、お兄ちゃんの希望に合わせますよ」
「おー!たまもアイカちゃんみたいに戦うぞー!叩き落としてやらぁー!!」
少なくともイヤってことはないみたいだ。俺もバトルには興味はあったんだよな…
なら答えは決まり。
「うん、それじゃやってみるか!」



つづかせよう




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー