メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

眠れない夜──あるいは清らな誓い




フェレンツェめからHVIFを3体“借り受けた”、その帰り道。
私・槇野晶は彼女らに服を買ってやる事とした。何せな、そのな?
……私と大きく変わらぬ外見年齢の、少女達の裸体を曝せるかッ!
鳳条院グループから女性社員用のスーツを借りたが、それだけでは
少々生活に苦慮するだろうし、彼女らの望む服を着せてやりたい。

「そう言うわけでだ、お前達三人には渋谷で服を買ってやろう」
「有り難うございますですの、マイスター♪服、ですかぁ……」
「うんとっ……マイスター、どんな服でも大丈夫なんですか?」
「勿論構わん。制服はいずれ返さねばならんしな、必要な事だ」
「……注目集めてるけど、ボク達大丈夫かな……マイスター?」

電車に乗る者が、珍しげに私達を眺める。原因は三人の造作だな。
アルマ・ロッテ・クララのHVIFは、何故か北欧系の躯なのだ。
蜂蜜色の艶やかな髪に、三人の色彩を象徴して輝く澄み切った瞳。
日本ではあまりお目にかかれぬ人種の、とびきりの美少女である。
それが三姉妹とあれば、いやが上にも人々の注目を集めてしまう。

「ほ、本当か!?本当にそれらの服で良いのかッ!?う、うぅ……」
「はいですの♪マイスターが作ってくれるお洋服は、大好きですし」
「ぅうッ!?……その顔で“大好き”と正直に言われると、そのッ」
「……マイスター、顔紅い。普段からだけど、今日は酷いんだよ?」
「い、いやな。似合いすぎて、照れるというか……その~……な?」
「えっと。何かこんなマイスターも可愛くていいですね、みんな?」

それが、あろう事か……ものすっごく可愛らしい少女趣味の服を着る!
しかもその正体は、私が愛する“妹達”だ。ビジュアルが違うだけで、
こうも新鮮で、しかも胸が高鳴る物なのかッ!!私とお揃いだぞッ!?
アンダーまで数セット含めると相当な額だったが、そんなの関係ない!
という訳で改めて見惚れつつ、私達はアキバの我が家へと戻った訳だ。

「はぁ……着いたな。待っていろ、地下三階の工房に部屋を作る」
「あ、お手伝いしますのマイスター!わたし達の部屋ですし……」
「いいのか、力仕事だぞ?その躯なら、神姫素体より楽だろうが」
「……大丈夫、この躯だと普段よりは力が出せそうな気がするよ」
「えっと、クララちゃんの“ゲヒルン”……大丈夫みたいですね」

神姫素体に端を発する症候群“オーバーロード”だが、HVIFでは
功罪どちらも微少ながら症状が中和される様だ。これは要報告だな。
というわけでよく働いてくれる三姉妹の御陰もあり、フロアの半分は
二時間程で、清潔な仮住まいへと姿を変えた。床も予備を出したぞ。
工房が狭くなったが、地下四階の倉庫フロアにまだ余裕がある筈だ。

「よし、これで完成だ!御苦労だったな皆、良い娘だ……むっ」
「マイスター?……あっ、そうですの今は躯が大きいから……」
「すまんな、普段の様に撫でてやれなくて……よい、しょっと」

抱擁や隅の掃除に苦慮した上で、私は一つの事実を改めて実感する。
“神姫素体で出来る事とHVIFで出来る事は、それぞれ違う”事。
「当たり前の事だろう?」と思うが、実際にやらんとわからぬ物だ。
という訳で屈んでもらったロッテ……のHVIFを、そっと撫でる。

「マイスターの躯って、やっぱりあったかいですの……♪」
「ぶッ?!ろ、ろ……じゃないえっと、兎も角何をッ!?」
「だって素体だとセンサーが無かったですけど、今なら♪」
「あ、あうぅう……確かにそうだが、なぁ……そのなぁッ」

この娘は何を言ってくれるのか。確かに私も、素体では感じ得ぬだろう
感覚を知った。柔らかい肌、暖かく火照った躯。甘い娘の香り、鼓動。
この娘らはまだそれを、備える事はないだろう……野生的な“本能”。

「え、ええっと……ロッテちゃんずるいですよ、あたしも……♪」
「……ボクも、敢えて混ざる。マイスター、何故かおかしいから」
「わ、わぁぁ!?お前達狙っているか、未必の故意なのかッ!?」

元々純粋な“想い”のみであった私への好意。私も自然と応じていた。
だがいざ“HVIFというフィルター”を得た時、それはどうなるか?
無論生理学上では、四人とも女性だ。しかしだ、私達の間には純然たる
“想い”が存在する。それが故に、人の中で本能と理性が相克した時は
予想外の方向へ“想い”が飛んでいく。もっと、抱きしめてあげたい。
もっと、愛してあげたい。もっと、愛されたい。もっと、もっと……!

「むう……このぉっ!」
「きゃああぁっ!?!」

私は自分の躯をよじり、ベッドに四人揃って倒れ込む。だがそこまで。
この娘らが自らの……“神姫という知的生命体の本能”を知る日まで、
決して私はこの娘らを穢すマネはしない。一重にこの“想い”故だな。
それは同時に、私の想いが“恋慕”とまで断定できない所為でもある。
自らの心中にある鍵さえも解けずに、その様な事は到底出来ないッ!!

「あいたたた……なあお前達、私と一つ約束してくれぬか?」
「うんと……約束ですか、マイスター?どんな約束でしょう」
「そうだ。その躯は明日から、日替わりの当番制で使おう!」
「……当番制?マイスター、理由を聞かせてほしいんだよ?」
「有無……お前達には、双方の視点を持ち続けてほしいのだ」
「双方って、神姫と人間の視点、ですの?……はいですの♪」

今後ずっとHVIFのままで触れ合うのは、何か違う気がするのだ。
上手く説明は出来ないが、人と同じ心を持つ神姫達であっても、急に
『ある日目が覚めたら、肉の躯になっていた』では良くないと思う。
後は決して言えないが、私の胸が……その、はち切れそうにな……。
……貴様、口外してみろ?地獄の果てまで、追い掛けてやるからな?

「その代わり、だ。その躯の時に使う名前を、つけてやろう」
「名前?……確かに、神姫と同名だと周りが混乱するんだよ」
「そうだ。順番に……茜(あかね)、葵(あおい)、梓(あずさ)」

アルマ・ロッテ・クララを、それぞれの色に因んだ名前で呼ぶ。
“緑色”だけは少し捻り、梓──ヨグソミネバリの雌花だがな。
同時にその間、私は“お姉ちゃん”であるが……まあ構わんか。

「というわけで、茜、葵、梓。今日だけは四人一緒に寝ようかの」
「はーいっ!やったぁ、まいす……お姉ちゃんと一緒ですの~♪」
「……まずは一緒にお風呂に入って、埃を落とさないとだめだよ」
「そ、そうか……では狭い風呂だが、洗いっこしてやろうかな?」
「あ、はいっ。うんと……宜しくお願いします、お姉ちゃんッ!」

──────貴女達をもっと大切にしたいから、今は……。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー