メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ちっちゃいもの研の日常-02


ここは東杜田の片隅にある、ちっちゃいもの研・・・。

「CTaさん、ちょっとお願いします。」
見慣れない顔の男が、CTaに設計図のチェックを依頼している。
「うーむ、よしよし。 これでいいんじゃないかな。」
「あ、ありがとうございます!」
ダメ出し28回目にして、ようやく通った模様。 彼の目の下には、はっきり
とした隈がうかんでいる。 ちょっと足もおぼつかない様子。
「・・・あのなぁ、いくら若いと言っても無理をしちゃいかんぞ。 あとで
言っておくから、先帰って寝ろや。」
彼は今年配属になった新人。なんでも、久遠のツテで本社へ入社したとかで、
当初からバリバリ仕事をこなし、ついには腕を買われてちっちゃいもの研へ
配属になったという経緯がある。
「はぁ、ありがとうございます。ですが、ちょっと私用で機材を使いたいの
で、昼まではいることにします。」
というと、ちょっと頭を下げて自分の作業台へと戻った。
「ん〜? 何を作っているのかな〜?」
こそこそと隠れるように作業をする彼の元へ、CTaが行ってみると・・・

 武装神姫。

にやり、意味深長な笑みを浮かべるCTa。
「ちょ、ちょっと・・・何ですか・・・って、えぇ?!」
「いいモン持ってるねぇ。」
「ボクのマーヤに触らないで下さい!」
慌てて、伸ばされたCTaの手から、マーヤと呼ばれた「ツガル」を守る。
「ほうほう、だいぶ疲れている感じじゃないか。」
「もう、ほっといてください! ・・・先週の対戦で、左膝負傷しちゃった
からねー・・・ ようやく手が空いたから、今治してあげるよー。」
「やさしくしてくださいね、おにいさま。」
そのやり取りに、CTa暴走。

「ぐわあぁぁっ!! おにいさまと、おにいさまと呼ばせたな!」
「な、何ですかいきなり!!」
背後からの叫び声に、びっくりして作業する手を止める男。
「認定! ちっちゃいもの研の、神姫使いリストに強制編入!」
「ちょ、ちょっと、CTaさん・・・。」
「ときにお前、神姫のメンテナンスはできるか?」
「はぁ・・・よほどコアが傷ついていない限り、治せる自信はありますよ。」
「よっしゃ! 決まった! お前、あたしの下、ナンバー2決定!」
「何なんですか、いったい!」
と、男が叫んだとき。CTaの白衣のポケットから、沙羅とヴェルナが顔を覗
かせた。 その姿に、男は驚き、固まった。 ・・・CTaさんも、神姫使い
だったのか?! ということは、もしかして・・・自分は久遠さんにもはめ
られてしまった可能性も・・・?! 混乱する彼にCTaは追い討ちをかける。

「それだけの神姫に対する愛、そして裏付けられた技術。 おまえ、あたし
の一番弟子決定だわ。」
「はぁ?」
「はーい、拒否権無ーし。 いやー、困ってたんだよー。 最近、神姫関連
の修理だの研究だの、依頼が多くて多くて。あたし一人じゃ手一杯でさ。」
「そういうことだったんですか。」
「ただーし! 神姫とかをいじる人間は、ここでは偽名を持たなくっちゃい
けないんだな、これが。 そーすっと、あんたの場合は・・・ 本名がアレ
だからぁ・・・ 『Mk-Z』でどうだ。 うん、これがいい。 決定ね。」
言うが否や、CTaは近場の端末を操作し、研究所の所内用名簿から彼の本名
を抹消し、「Mk-Z」と冗談抜きで入れてしまった。
「あ・・・。」
悲しそうな顔をする、Mk-Zと名付けられてしまった彼。
「大丈夫。こうすれば、あんたもこそこそすること無く、存分にマーヤへ愛
を注ぐことができるのさっ!! どうだっ!」
「どうだ、と言われましても・・・」
「なにぃ? 嬉しくないのか?」
「い、いえ、嬉しいんですけど、なんか納得いかない気がして・・・」
「あんたが納得いかなくても、あたしは納得したからいいよ。」
「そ、そんな〜!」
悲鳴を上げるMk-Z。と、彼の手元へ、沙羅とヴェルナがやってきた。
「どうもっス! 沙羅って言うっス! こっちはヴェルナって言うっス!」
「よろしくおねがいします〜。 そうそう、先ほど関節がっ、て言っておられ
ましたよね。ここに、マスターが作った削りだしの強化関節がありますので、
ぜひお使いください。」
そういいながら、ヴェルナはリゼにも使われているあの強化関節パーツを一組
差し出した。 美しく、鈍い光沢を放つパーツに、目を奪われるMk-Z。
「せっかくだから使ってくれよ。 あたしの弟子になってくれた以上は、悪い
ようにはしないよ。 もちろん、通常業務の上でも、ね。」

 ・・・変なノリで、変なところに転がり込んでしまった気がしない訳でもない。
でも居心地は悪くなさそうだな・・・。 こういう仕事も、いいのか・・・な?

Mk-Zは、自分の置かれた境遇が、じつはとても恵まれているのではないか、
と思い直し、CTaにちょっと感謝をしていた・・・。


それから一週間後。
「はい、あーん。」
「・・・おにーさまー、この塩鮭、美味しいですー!」
「おー、そうかそうか。 じゃ、こっちの唐揚げもあげよう。」
「えっ! いいんですか? それでは・・・いただきまーす!」
昼休み、マーヤに仕出し弁当を分け与えるMk-Zの姿が。さっそく、CTaによって、
マーヤにも食事機能が搭載されていた。・・・いや、むしろ彼が進んで食事機能
を搭載した、と言うべきか。と、
「Mk-Zよぉ。さっき知り合いから電話があってな。 バトルに負けた神姫を叩き
壊したアフォがいたらしくて。 その神姫を、これから連れてくるそうなんだが、
お前に任せてもいいか?」
本来の医療関係の仕事の資料を山と持ったCTaが、Mk-Zに声をかけた。Mk-Zの
目つきがかわった。
「なんですと? 負けた神姫を、叩き壊した・・・だって?」
弁当にいったん蓋をすると、マーヤに命じた。
「マーヤ、受け入れ態勢を整えるんだ。」
「わかりました、おにーさま!」
「人間に叩き壊されたとなると、相当の傷を負っているだろう・・・。 任せて
ください師匠! 神姫ドクター・Mk-Zの名にかけて、ちっちゃい心、救います!」
マーヤと並んでぐっと拳を挙げたMk-Z。
にやりと笑みを浮かべ、それに答えるCTa・・・。


ここに、ちっちゃいもの研「最強」の、神姫ドクターコンビが誕生した。。。








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー