メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幕間ショートショート「誇る名前」


 ・・・。
 ケラケラと響く甲高い、耳障りな哄笑。
 ビルディングの原型を留めぬ瓦礫の上、一羽のセイレーンが焦点定まらぬ視線のままに高らかに哂っている。
 殺してやった。殺してやった。身の程知らずの旧式を。アタシに逆らおうなんてするからだ。
 設置した爆薬。ルール無視の量と破壊力。ビルの中に誘き寄せて一発だ。

 音が響いた。笑いが止まる。
 瓦礫が崩れ、その赤い神姫がゆっくりと身体を引き起こす。
「・・・どうしたの? 何が楽しい? 笑えよ、このファッキンバード」
 セイレーンは口の端を醜く上げた笑顔のまま、凍り付いて目を見張った。
 そんな馬鹿な。
「悪いけどね、こんな傷なんかコレっぽっちも痛くない」
 左腕が吹き飛び、各部から紫電が舞い散っている。緑色の髪は焼け縮れ、自慢の背中のユニットは、既に基部からごっそり無い。
「・・・なんで、なんで?」
 笑いを消す事さえ出来ないまま、セイレーンは首を振りながら後ずさる。
 これまで『これ』で勝ってきた。相手を無茶苦茶にぶっ壊し、何もせずに勝ってきた。
 何でお前は立ち上がる? 一度も正面から戦った事など無いセイレーンは、既に腰が引けていた。

 赤い装甲についた破片を手で払い、口に混じった砂を吐く。
 耳の奥でザァザァ音が鳴ってやがる。どっかイカれたか? どうでも良い。
「アンタがどれだけ汚い手を使おうが。何度この身体を打ち倒そうが。アタシの心を折る事は出来ないと覚えておけ」
 真紅の瞳を一度伏せ、彼女はぽつりと呟いた。

「・・・あの子の涙を笑ったな?」

 ボロボロになった自分の神姫を胸に抱き、泣く少女の嗚咽。
「・・・あの子の心を哂ったな? その耳障りな金切り声でっ!」
 掻き消す様に響き渡った、聞きたくもないキーニング。
 それを耳を奥に張り付けて、少女は震える唇で、何とか一命を取りとめた、自分のパートナーにキスをしていた。
「ひぃっ・・・」
 気迫に押され、引きつった笑顔のまま、瞳に涙さえ溜めて慄くセイレーン。

「罪状認否なんざ必要無い。忘れたかセイレーン。『アタシ達が何なのか』を」
 残ったのはブレード一本。だが、それで十分。それに込められた思いで十分。
「死を運ぶ羽根か。あぁ、ご大層じゃないか! だけど、アタシらが運んでいるのは。それよりもっともっと重くてデカイ」
 瓦礫の破片が粉雪のように舞っている。振り上げたブレードに光が宿った。

「アタシはホンモノじゃぁない。『こんな風』にしか出来やしない。だけどな・・・それでもアタシは、アタシ自身が誇りだ」
 戦いしか出来ぬ自分を恨む事さえあった。だけど。
「・・・あの子の涙を背負えるんだから」

 雪降る夜。赤い衣。白袋を背負いし聖者あり。

「子供らが、夢を見る限り」
 その角笛は祝福を。トナカイの影は雪原に。きらきら輝くステンドと、暖炉の光を目印に。
「誰かが、この鈴の音を待つ限り」
 軽やかなジングルベルを聞こう。袋に詰まった誰かの笑顔。靴下にゆだねた大切な夢。

「ツガルタイプに。負けは、無い」
 ・・・たとえ戦う事しか出来なくても。誰かの心を運ぶ為。

 誇る名こそは、サンタクロース。



 了。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー