メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人間、立ち位置がある。
愛する人の隣。
一番前で戦うもの。
そして、底辺で支えるもの。

「……つーわけで、先輩、今回は参加できねえっすよ、俺、ええ、本業っつーか」
携帯で連絡、悪いがエルゴの手伝いは今回は出来そうも無いのだ。
「ああ、えーっと、すんません、ええ、静香ちゃんにも申し訳ないって」
その事情から、今回は”鳳凰カップ”には便宜上参加しないことになっている。
「……あー、すんません、ほんと、当てにしてもらってなんすけど、はい」
「実家というかまー、保護者っつーか面倒見てもらった人の手伝いなんで、はい、んでは」

受話器を下ろし、いまどき珍しい黒電話を切る。

「マイロード……んー……店長さん、ですか?」
テーブルの上に座っていた碧鈴。
声、聞いてたのかな。
「あー、よーわかったな……ん……」
ポテチを差し出して、あーんしてやる。
「もしゃもしゃ、ん、んむ」
嬉しそうに租借していく碧鈴。
「仕事、つーか……んー、アレなんよ、あんまり見られると面倒な仕事」
「んー……まあ、行ってみれば分かる」
「……ディスは不満そうだな」
ちょっと不満そうな顔をしているディスが、いつも道理どっかりと腰掛けていて。
「そりゃそうじゃ、有名トップランカーばかりじゃろう?」
手をこきこき、っと鳴らし。
「……儂の血も滾るというものだ」
「参加は無茶だから、一応言うとな」
「ち、なら主の体でその責任を」
「問わなくていいですっ!?」
手をわきわきさせるディスと赤面している碧鈴。
「あー、現地には行くぞ、一応」
「「へ?」」

そして、当日。

会場二時間前、スタッフ通用口。
「……んーっと、見慣れた人はいないな、よし」
ダンボールを頭から被って、警備員さんに通行証を見せ。
まあ、止められて最初は揉めたけど。

「なんで隠れるんです、マイロード?」
碧鈴が小さな声を響かせて、耳元でささやく。
「まあ、ちっとな」
「つまりあれか、主は、閉所プレイが」
「怒るぞ、つーか耳に息を掛けるなエロラーフ」
「え、えろらーふ……」
「よし行くぞ」

ぶっちゃけどう見ても不審者です。

「うし、待ってろよ、碧鈴」
二人を下ろして、そのまま更衣室へ。

「マイロード、割と肝心な事、教えてくれませんよね……はあ」
「主らしい、ということじゃよ」

心配そうな碧鈴と、余裕の笑みを浮かべるディス。

「よいしょ、っと」

ドアを開けて、出てきたのは……

猫型ぷちましぃーんずの頭を被ったきぐるみである。





「ま、まいろーど?」


「ぷ、くくくく、まて、ぬし、なんだその」



対称的な反応有難う。


「ん、ああ、黒ぶちくんだぞ、どーうだ?」

可愛いポーズを取って見せてやる。

「似合いませんよマイロード」
「……あっはっはっはっはっはっはっは!?」

「お前ら……」

はあ、とため息、したくてしたわけじゃないわい、この格好。

「ま、仕事なんだよ、仕事」
「……そういうこと」

ドアが開いて……姿を見せたのは、電動車椅子に跨った、一人の少女。

流れるような銀髪、色素の薄い白い肌、血より赤い瞳。

「……んー、でも麻遊利(まゆり)さん、俺の担当、なんで黒ぶちなんすか?」

「あら、あのころのはーくんそっくりじゃない」

「……むう」

親しそうな二人の笑顔、ちょっと不満げに碧鈴が質問してくる。

「マイロード……えと、この方は?」

「ああ、えと、この人は」

にこ、と笑みを浮かべる少女。

「はーくんのママよ?」

「「え、えええー!?」」

徒然続く、そんな話、番外節いち。
出会いと猫ぐるみ。 節終。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー