メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私と彼女、小さな小さな“幸せ”を




対戦相手に名刺を渡して意気揚々と帰る、私・槇野晶と神姫・ロッテ。
とは言えそろそろ、夕食の時間であるな……。買い物を手早く済ませ、
外食へ赴く事にしようか。たった2人のささやかな祝宴だが、十分だ。

「マイスターっ、わたしチキンのサンドが食べたいですの♪ねっ?」
「む?遠出になるが……よし、今日は頑張ったからな!いいだろう」
「やった!マイスター、マイスター、大好きですの。えへへ~……」
「わぷ、こらっ。すりすりするなっ!?うぅ、しょうがない娘だッ」

我々が帰りの足で向かったのは、神田神保町にあるサブウェイである。
少し秋葉原からは離れているが、ロッテの好物なのだ。仕方あるまい?
何、「神姫の食事って電気じゃないか」だと?……その筈、なのだが。

「いっただ~きま~すの~、マイスターっ!!チキン、チキンっ」
「冷めはしても逃げはせん、落ち着いて食べろ……って、もうッ」
「はむ、はむ、はむっ……もっきゅ、もっきゅ、もっきゅ……♪」
「相変わらずおいしそうに食べるなぁ、ロッテ。可愛い“妹”だ」
「はみゅう?ふぁいすふぁ~、んぎゅっ……どうかしましたの?」
「う゛ぁ……そ、そのな。ほら、ドレッシングを零すんじゃない」

この通り、ロッテは平然と“人間用の”チキンサンドを食べている。
飲んですぐに「嫌いですの」と言い放った、炭酸飲料や辛い物以外は
食料ならなんでも食べてしまう。無論、15cmの体格に見合った量しか
食べられぬ故、自然と私と半分ずつシェアする事になるのだが……。

「そう言えば、ロッテや。お前がその様に食事するようになったのは」
「えっと……確か、以前定期メンテナンスにお出かけしてからですの」
「む、そうか……あの時頼んだ先は、確か“ちっちゃい物研”だな?」
「はい♪あれからなんだか、とても快調ですの。お腹は空きますけど」

東杜田技研。そう大きな会社ではないが、マイクロマシン分野に強い。
そこの一部署が“ちっちゃい物研”と自らを名乗っている。そして以前
メンテを依頼する際、知人を頼って同部署を指名した覚えがあるのだ。
あれは研究員……“Dr.CTa”の技術論文を読み、感銘を受けたからか?
実際同社の手際は見事な物だ、私に解決できない不調は全て解消した。
特に補助バッテリーの持続性が、30%程伸びているのは驚きだった。

「だが、ううむ……その時の事は、まだ思い出せないのかロッテ?」
「えと、あ。そう言えば……白衣のお姉さんが嬉しそうに手を……」
「ふむなるほど、そういう事か。感謝せねばならんな、ある意味で」

なんとなく掴めた。が、追求はするだけ無意味であるとも理解が及ぶ。
“Dr.CTa”か仲間の誰かが、実験の為ロッテに改造を施したのだろう。
となればロッテからそれを取り外すのは、かなりの大手術になる筈だ。
そもそも、だな?こんな可愛く物を食べるのに……外すなどとはな?!
せっかくの“妹”から、食を取り上げるという冷酷な行為はなッ!?!

「……マイスター?なんだか顔が紅いですの、どうしました~?」
「な、なんでもないっ!……そう言えば、こんなビラがあるぞッ」
「武装神姫・第五弾?セイレーンにマーメイドに、イルカ……?」
「うむ。今度は海シリーズらしい……水着も開発せねばならんか」

と私が水着のデザインを思案し始めた横で、何やらロッテが唸り出す。
あからさまに縦線が入る程の、負のオーラさえ背負っている様だった。
何事?と顔を近づけ、ロッテの様子を伺ってみる。そして出た言葉は。

「……マイスター。なんだかこの妹達、胸がおっきいですの」

ホットティーを噴いた。見ればなるほど、確かにキャンペーンガール……
正確にはキャンペーン神姫か。彼女らの胸部は、至上類を見ない豊かさ。
成長期なのに躯が小さい私も、アーンヴァルタイプのロッテも心は同じ。
どちらから切り出そうかと悩んでいたが、先行したのはやはりロッテだ。

「マイスターも、わたしの胸大きい方がやっぱり……いいですの?」
「ぐ!?……いいんだ。ロッテは今のロッテが一番可愛いからな!」
「てへ……マイスターも、今のマイスターが一番大好きですの~♪」

そう言って肩に飛び乗ったロッテに、私は頬を寄せ頭を預けさせてやる。
嫉妬心が無いわけではないし、今後は豊満な躯用の服も作らねばならん。
我々としてもいろいろネガティブな物は感じるが、それはそれであるッ!
別に胸の善し悪しで全ての価値が決まるわけではない、気楽に構えよう。
彼女は大切なパートナーであり、彼女にとって私もそうであるのだから。

「あ。マイスター、紅茶が付いてますの。んっ……♪」
「わ゛!?こ、こらっ、頬にとはいえキスするなっ!」
「えへへ~、大好きって言ってくれたご褒美ですのッ」

──────この笑顔があればね、別にいいじゃないの。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー