メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天気。快晴。
気温。平年並み。
予定。休日。
コレで出かけない道理はない!……いや、ないよ?
……休日はだらだらしたいんだけどそこはまー、ほら、碧鈴のため?

「……マイロード、独り言は寂しいですよ?」
哀れんだ眼で心配そうな碧鈴。
「あ、声に出てた?」
苦笑、俺ってやつは。
「……私がいるのに独り言なんて」
ぽそぽそ、と呟く碧鈴
「悪い、碧鈴」
苦笑しながら頭をなでる。
「……ポテチ買ってくれたら許します」
小さな声で、そう呟く……尻尾は横に豪快に振られ。
「はいはい、りょーかい」
碧鈴を頭に載せ、近所を散歩する。
町はバレンタインだかヴァレンティヌスだかの浮かれモード。
すっかり縁などございません、大体チョコ会社の陰謀だっつーの
くそ、笑うな、そこのカップル、今俺を笑ったなぁぁぁー

と、やさぐれも止めておこう、空しい……
現状確認。

日差しは暖かく、風は冷たい、まあ、気合で何とか。
「んなわけねえ、寒い」
ぶるぶると体を震わせて、苦笑。
「……マイロード、どこかで、その、お茶、でも?」
おずおず、と気を使うように碧鈴が呟く。
「ナンパかい、付き合いましょうお嬢様」
小さな手を取って、キス。
「……」
沈黙、風の音、車のエンジン音、周囲の雑踏の声。


「ば、ばっかばっか馬鹿マイロードっ!」
大声、怒号。
「っていきなり、うを、頭叩くな!?」
ぺちぺちと頭を殴打する碧鈴。
「うっさいです馬鹿マイロードっ、唐突に何してるんですかっ!?」
ぺちぺちぺちぺちぺちぺち、と頭を叩く。
「いだ、いだだだだだだ!?」
「いっつも宣言なしでどきどきさせてっ!?」
「この、このボケナスかいしょなし変態っ、知ってるんですからねっ、マイロードが神姫のえっちな本読んではぁはぁしてたのっ!?」
「だーっ、公衆の面前で碧鈴ちょっと待てっ!?」
泡を食って口をふさごうとするが頭の上にいる碧鈴は巧みに回避し。
そんなこと近所でばらすなー、と慌てて弁解しようとするものの。
「……知りませんよ、マイロードが悪いんです」
ぷい、っと拗ねた様にして

「あーえーと、碧鈴、悪かった、頼むから、機嫌直せって」
苦笑して、碧鈴を連れ……エルゴへ。

「あー、ここもなのな」
いちゃつく、多数の神姫とオーナー達。
「……(じー」
羨ましそうに見る碧鈴。
「碧鈴は、あーいうこと、したい?」
からかう様に、軽く問う
「……はい」
いや、そこで堂々と答えるなそこっ!
「大変だな早人~」
にやにやとする《先輩》
「大変ですねぇ」
にやにやと見るジェニーさん。
「えーっと、神姫用チョコ一つと、自分用の一つ」
「はい毎度あり~」
ハメられた気がしながら、代金を払い。
椅子に腰掛け、二人でチョコを食べながら……碧鈴が呟く
「……私は、マイロードに何も、して上げられません」
「何を唐突に言うか」
「……耳のせいで、バトルや、その、日常生活でもお世話になってばっかりで」
「気にするなって言ったろ?」
「……役に立たなきゃ……私に意義なんてないのに……神姫は、役に立つ道具なのに、私が」
血を吐く叫び、碧鈴、気にしてたんだな、いろいろと……でもだけど、言ってやらなきゃいけない言葉がある。
道具として、自分が役に立たない、オーバーロードであった、自分を恨む声を碧鈴はいつも感じて……神姫として役に立たないと思っている彼女に、伝えることがある。
「でも、いつも、迷惑、かけてっ、マイロードはどう思ってるんだろうとか迷惑かけてないかなあとか言ってくれないから私は」
「こんな耳、があっても心の声までは聞こえないんですよ、マイロードっ!?」
「阿呆」
デコピン、一撃。
「阿呆とはなんですかっ!?」
「んなこと気にしてたのかよ、お前は」
「んなことって私はっ?!」
「……ずっと、悩んで、きたんですから」
はぁ、とため息。
「なあ碧鈴、お前は、あれだ、神姫は道具と思ってるのか?」
「……人のために生まれたモノ、なんですから、そーだと思ってます」
「碧鈴、神姫つーのは意志あるものだろ?」
「……はい、えと、でもそれも」
「十分にそれだけで役に立ってるよ」
「……え?」
「夜、寂しく家に帰らなくてすむし」
切なる思いを
「話し相手がいるってだけで、十分だし」
大事なことを
「傍に誰かが居てくれる、それだけで、俺は十分」
大切な、貴女に、伝えよう。
「だから、居なくなったりしないでくれれば、俺は上等」
今日はきっと、それも許される日なのだから。
「……あう……はい、わかりました」
そこで照れると俺も照れるんだが、まあいい
「で、どーしてあんなこと言い出したん、何か気になることでもあったん?」
「……違いますっ、その、えと……バレンタインにチョコ一つ上げられない、のは、その」
もじもじ、と呟く碧鈴――――いや、可愛いんだけどな。
「ま、あれだ……チョコを上げるのは、女の子だけじゃないってことさね」
「……ありがとうございます、マイロード」

徒然続く、そんな話。 第四節
甘いチョコレートと思い。 節終




その日、家に帰ると、小さな小包が届いた。
それが、小さな波乱の幕開けとなるのも知らずに。

続く  戻る




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー