メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神姫狩りシリーズ 05


 悪の秘密結社、その名はねこねこ団


 にゃー。
 にゃー。
 にゃーにゃーにゃー。
 にゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃー。

「……」
 明日香は辟易していた。
 煩い。五月蝿い。喧しい。
 猫の鳴き声の大合唱である。
「ふはははははははは! どうだこの猫の泣き声の大合唱! これではもはや貴様の神姫に支持を出すことなどできまい! 我輩の頭脳プレイであーる!! あらかじめ大量にマタタビやカツオブシを用意しておいて町中の野良猫をおびき寄せたこの我輩の手腕に! 恐れをなして平伏すがよい!! ぎゃはははははははは!!!」
「さすがはご主人様! これはもう勝ったも同然なのだ!!」
 血走った三白眼で大笑いをしているオーナーと、マオチャオ型の神姫がわめく。
 ちなみに、そのオーナーは、マオチャオ型の頭部パーツを模したヘッドギアを装着していた。
「さあ! いざ、神妙にこの我々と貴様らの戦力差および頭脳の出来の差に絶望してなきながら許しをこうがいい!! そうすれば…」
 明日香は黙って、相手を指差し、そしておもむろに親指を立て、下に向けておろす。いわゆるサムズアップの下向き、「地獄に落ちろ」のジェスチャーである。
 それと同時に、マルコは一斉に実弾のミサイルを全弾撃ちまくった。
「ぎゃああああああああああああああああああああ!!!??」
「にょわぁああああああああああああああああああ!!!??」
 全弾命中。全弾爆発。
 その爆風で猫たちは逃げ、場所には静寂が戻る。
「……」
「……」
 明日香とマルコは、どうしたものかととりあえず途方にくれる。
 猫の鳴き声がうるさくて、何を言っているのか全く聞こえなかったのでとりあえず撃っておいたが。
 ていうか、そもそもコレは何者なのだろうか。
 いきなり、「貴様が最近調子に乗っている神姫狩りか、だがこの我輩に勝てると思うなよけちょんけちょんにしてやるバーカバーカ!」と宣戦布告してきて、センターの筐体を使わないストリートの闇バトルを申し込んできた。
 そしてなにやら大量の猫を用意して、その喧騒でなにも聞こえない中で何か叫んだり笑ったり。
 ――全く持って、
「訳がわからないな……明日香、これはいったい何なんだ」
「私に聞かないでください、マルコ。まあ、沢山神姫オーナーがいたら変態だっているでしょうし」
「だな……で、どうするんだ?」
「……なにか賭けたわけでもないし、そもそもこんなのから何か奪ったところで変態菌が感染する気がします」
「同感だな、ボクも明日香にアホ菌がうつって欲しくはない」
「帰りましょうか」
「そうしよう」
 言って。
 明日香とマルコは釈然としないものを胸に、立ち去った。


「……ふふ、ふふふふふふふ」
 黒コゲになった男が、笑う。
「敵にとどめも刺さずに逃げ帰るとは! どうやらこの勝負、我輩の勝ちであーーーる!! げっひゃひゃひゃ!!」
「さすがなのだマスター、ごふっ、試合に負けて菖蒲湯に漬かるってヤツなのだにゃ!」
「その通り、完璧に合っているぞマイサン!」
 息子じゃないと思うが。
「ふん、噂に聞いた神姫狩りの明日香とやらも我輩に恐れをなして煙幕を張った隙に逃げる臆病者。我々世界征服を企む悪の秘密結社、ねこねこ団の障害にあらず!! いかんなぁ、これを上層部に報告すれば我輩の地位はますます磐石にして不動のものになってしまうなあ、たまらんなあ、どひゃひゃひゃひやひやひやひゃ!!!!」
「さすがなのだマスター! いずれはねこねこ団そのものがマスターのものになるのも時間の問題児なのだー!」
「はっはっは、予想されうる事実とはいえそんなこと口にしちゃあいかんぞー? げひゃひゃ」
 大笑いする二人。
 だが、
 にゃー。
 にゃー。
 にゃーにゃーにゃー。
 にゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃー。
「……はい?」
 逃げ去ったはずの猫たちが、いつのまにか戻っていた。
 男の胸元にある、またたびやかつおぶしの入った袋に、その数十の視線は集まっていた。
「何か、やばい予感が」
「するのだー」
 にゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃー。
 一斉に。
 その猫たちは、雪崩れのように襲い掛かった。
「ぎぃやぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!????」
 どどどどどどど、という音。
 そして、
 ぷち。
 というコミカルな音。

 名前すら表記されないまま、悪の秘密結社ねこねこ団の構成員は、猫に潰された。
 合唱。もとい、合掌。





「……まあ、災難でしたのね」
 篠房邸の自室で留美那は紅茶を差し出しながら言う。
「そうなのよ。ヘンなのに当たつちゃったっていうか、弾丸代だけ出て行っちゃった、ってかんじです」
 明日香は出された紅茶をすすりながら、肩をすくめる。
「でも、あまり無茶はよしてくださいね。明日香ちゃんに何かあったら、私」
「あー、大丈夫大丈夫。あんなヘンなのにどーにかされるような明日香さまじゃないし」
 ひらひらと手を振る。
「まあ、お二人なら大丈夫とは思いますけど。でも本当に気をつけてくださいね」
「うん、わかってますよ。じゃ、そろそろ私たち帰りますね。明日、また学校で」
「ええ」
 明日香が帰るのを見送り、留美那は表情を変える。
 ――悪の秘密結社、ねこねこ団首領の顔へと。
「――どなたか知りませんけど、身の程知らずですわね、明日香ちゃんに手を出すなんて」
 その言葉に、いつの間にか控えていた団員が答える。
「探し出して粛清いたしますか」
「いえ、それには及びません。けちょんけちょんにされたみたいだし、自業自得ということでそれでよしとしましょう」
「は。仰せのままに、首領」
 留美那は、机の上の花瓶を押す。
 部屋がかるく振動し、そして床が沈んでいく。部屋そのものが地下へと移動し始める。
「団員の皆さんもがんばっているようですし、あまりひどいことをするのもなんですしね。武装神姫による世界征服、そのための第一歩としての公式リーグおよび裏リーグの制覇。ご町内の神姫勢力の完全制圧。やるべきことは沢山ありますから」
「は。必ずやご期待に添えて見せます」
「ええ、期待しています」
 降下が止まる。
 壁がスライドして、地下の広大な空間が広がる。
 歓声。
 そこには、マオチャオの頭部パーツを模したヘッドギア、あるいはそのままのネコミミを装備した多くの神姫オーナーたちが終結していた。神姫たちも、みなネコミミパーツを装備している。
「ね・こ・こ!」
「ね・こ・こ!」
「ね・こ・ね・こ!」
「ね・こ・ね・こ!」
 大合唱。
 留美那はその大群衆を見下ろし、手を上げる。
「我が悪の秘密結社ねこねこ団の皆さん!」
 オオオオオオオオオ!!
 歓声が上がる。
 その歓声をものともしない凛とした声で、留美那は、いや首領は宣言する。
「神姫による世界征服、その計画はついに動き出します! よりすみよい世界を作るため、みなさんにはその命をとして働いていただくことになります。つらいこともあるでしょう、くじけるときもあるでしょう。理不尽な暴力に屈することもあるかもしれません。
 ですが!
 我々ねこねこ団に敗北の二文字はありません! 心さえ折れなければ、野望さえ諦めなければ、神姫を愛する心を忘れなければ、最終的な勝利は揺るがないのです!
 戦いましょう、我々に、悪の秘密結社ねこねこ団に、栄光あれ!!」

 ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!

 大合唱が、大歓声が、大怒号が、地下のアジトに響いた。

 ――悪の秘密結社ねこねこ団、

 始動。



続く




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー