メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そのじゅうご・ふたつめ「さあ反撃の狼煙を上げろ・2――回顧録・三――」


 あの日、ティキが泣き疲れて眠ってしまった後、僕はまた親父の日記に目を通していた。
 不甲斐ない話だけど、人生経験とかそういう観点じゃ僕はあまりにも未熟で。
 でもだからこそ先人の、少なくても自分の親からは何かを学びたいと、本気で思った。
 もしかしたら、これだけ前向きな姿勢で親父の手記を見たのは、初めてかもしれない。



□月⇔日
 新しく生まれ変わった、と言うと大げさだが、大幅なメンテが終わったティキのステータスを検討していくと、バトルでどのようなスタンスを取れば最適かが見えてくる。
 一気に相手の懐に飛び込んだ上でのインファイト。
 反応速度が著しく上がったティキには、それが最適であろう。
 元来マオチャオは近接戦闘用に特化しているはずなので、そういう意味では順当な進化ともいえる。
 しかしそうなると、必要になってくるのは相手に接敵する手段だ。
 近接戦闘に特化するのであれば、距離を取ろうとする相手に如何に近づくかが課題となる。
 ここで選択できるのは大きく二つ。
 一つは超々高速による接敵。
 一気に距離を縮める事を目的とした戦法。
 しかしこの方法の弱点は、挙動が直線的になってしまう事。
 急制動には向いていない。
 もう一つはアクロバティックな動きで徐々に相手との距離をつめていく戦法。
 回避、フェイントを初期段階から織り込む事が出来る。
 とは言え、こちらは距離がつめにくいという点で、本来の目的が達成しにくい。
 しかし、現状の、在り物のパーツを使用するのであれば、この二つのうちどちらかを選択するより他にない。
 俺がティキに一番合うと考えているのは、後者に更に最高速を求めた挙動だったりする。
 最高速度が前者より悪くても構わない。
 だが後者で算出される最高速度では足りない。
 しばし悩む。
 悩んだ挙句、出した結論は、お義父さんに泣きつく事だったりする。
 あの人はその職業柄、方々にコネクションを持つ。
 それを踏まえたうえで、お義父さんに相談する事にしよう。
 時間を作り、二、三日中に訪ねる事に決定。
 しかし家族には知られるわけにはいかないので、一人で訪ねなければ。



□月∴日
 今日はお義父さんの所に行って来た。
 お義父さんは俺の話に喰い付いてきてくれて、話はトントン拍子に決まって行った。
 お義父さんのアイデアもあり、ティキに準備するオリジナル装備は飛行ユニットに決定。
 その名もM・D・U。俺が幼い頃に放送していた某V2Gを参考にさせていただいた。
 俺としては、どうせ同じようなユニットならDGとかGΔAとかが良かったのだが、お義父さんが「これじゃなきゃ協力してやらん!」と言い張ったのでやむなくこれに決定。
 相変わらず妙なところで頑固で子供だよなあ。
 ま、そのおかげで仲良くさせてもらっているのだけど。
 ともあれ漸く目処が立った。
 しかし必要、必須なパーツは簡単に手に入るものではなく、更にそれを制御する為の特殊な演算装置も必要だろうと言われた。
 仕方がないので今日のところは『武装強化案』のアイデアをつめることにしよう。


□月√日
 取りあえず『武装強化案』の草案がまとまった。
 頼んでいたパーツはまだ届いていないようなので、パーツが届き次第作業に入ろう。
 今から楽しみだ。



 と、ここまで読んで、僕は自分の頬に涙が流れていた事を自覚する。
『今から楽しみだ』
 その言葉を残した親父は、その言葉を永遠に実行することが出来なかったんだ。
 だったら、少しでも親父に報いる為に、僕がそれを実行しよう。
 渡りに船、なんて事はこの際どうでもいい。ただ親父のためにもこの計画を実行に移そう。
 僕はそう決心し、親父が残したであろう『武装強化案』を探し始めた。
 程なくして見つかった(同じフォルダの中にあった)ソレは僕を軽く絶望させた。
 ……親父が残したこの強化案は僕には荷が重過ぎる。正直こんなものを実現させるだけの技術力を、僕は持ち合わせていない。
 かと言って、それで諦めては親父に対してあまりにも申し訳ない。
 親父を、弔う事が出来ない。
 親父同様、ジイ様に頼るのが一番確実だろうか?
 どちらにしろ、パーツがウチにない以上はジイ様を訪ねるしかないわけだけど。

終える / もどる / つづく!




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー