メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

……
……………

『TYPE ANGEL 起動』

  目を開けて初めて見えたのは天井。そのまま視界を左右へと走らせると、白い壁紙と布製品の入ったクリアボックス、黒い箱のコンピュータが見えた。繋がっているディスプレイには『神姫.NET』のホームページ。
  ゆっくりと上体を起こしていくと、より広い範囲が見渡せた。
  白と黒の、チェス板のような座卓の上に置かれた自分のケース。床はフローリング。背中側には窓から青空が見える。そして正面には閉じられたドア。

  自分以外の誰も居ない小さな部屋で、彼女は初めて『世界』を見た。
  予めインプットされていたデータの知識が、彼女に世界を教えていく。何もかも初めて見るのに、その知識は全部自分の中にある。わからないことは何もない。

『登録者設定を行ってください』

  頭の中にデータが流れる。神姫が最初に行うプロセス、マスターの登録を行わなくてはいけないようだ。しかし、肝心のマスター候補者が見当たらない。
  彼女は困惑した。ただでさえ初めての世界、初めての登録。それなのに肝心なモノが足りない。何も知らない世界で、得体の知れない不安の波が押し寄せてくる。

  それは時間と共に大きな波となって降りかかる。1秒を刻む毎に大きく、強く、暗く。

  一刻も早く、この不安から逃れたい。マスターを登録すれば、この不安から解放される。

  彼女の中に予め植え付けられたプログラムは、早く彼女にマスター登録を行わせるために感情回路を刺激する。登録が済まないうちは、時間とともに強い刺激を送り続ける。そして一定期間の登録が行われない場合、感情回路のオーバーフローにより、彼女は再び眠りに落ちるように設定されている。

  そのタイムリミットまで、あと180.24sec。



  初期起動から486.22sec経ったとき、それまでコンピュータの中の冷却ファンの音しかなかった部屋に、変化が現れた。
  正面のドアが静かに開き、そして一人の人間が姿を現した。
  すらりとした体躯、色素の薄い黒髪は、少し長めであちこちに撥ねている。視覚から得られる情報を次々と解析していく。
  身長150.2cm 体重41kg 男性。推定年齢…14歳。眼鏡を着用。予備知識の言うところでは、青の薄手の長袖に灰色のTシャツ、デニム生地のパンツという組み合わせは『イケてない』らしい。

「あれ、もう起きてたんだ。じゃ、急がないとね」

  声変わりの途中なのか、それともわざと、もっともらしくなのか。アルト長の声で少年は言った。

「ボクがキミのマスター、『暁 光矢』です。って、言うだけでいいんだっけ?」

『声紋採取完了。登録確認。マスターを『暁光矢』と設定』

「ぁ、は、ハイ!!了解しましたマスター!私、天使型MMSアーンヴァルです!! 以後よろしくお願いします」

  眼前の少年を確認すると、先ほどまで走っていた不安感覚がすぅっと抜けていくのを感じた。


  *  *  *  


「隠れんぼしてもムダにゃ!ねここからは逃げられないよ!!」
  草むらの中、元気な声をあげて駆け回るMMSが居た。巷で話題のマオチャオTYPE神姫、ねここだ。
  1と0とを組み合わせて造られた、非常に精巧な世界。彼女が駆け回っているのは本物の草むらではなく、データ上での神姫同士の戦いの場『アリーナ』である。現在、エキシビジョン試合が行われており、挑戦者の通達を受けた風見氏&ねここがリング(センターモニターに映されるフィールド)にあがっていた。
  開戦から6分、互いの攻撃を幾度かずつ交わした後に、挑戦者である天使型MMSは背の高い草むらに身を隠した。それを追いかけて勢いよく走りこんできたねここだったが、胸ほどまである草の中では、なかなか敵を見つけることができないでいた。一方、姿をくらました挑戦者は、音と草の動き、空気の流れなどを計測し、相手の姿を視覚にこそ捉えないものの、その位置を正確に割り出していた。

  距離2m143mm、胸部までの高さのずれ82mm。速度平均302,2mm/sec、方位280。

  相手に気取られぬように、慎重に右手のライフルを体の前に出す。右膝を地面についた体勢で、左手をライフルに添える。ゆっくりと、しかし確実に。彼女は息を殺し狙いを1点、ねここの移動予測から割り出した3秒後の胸の位置へと向けた。そして、

「左手は添えるだ……ぇ!?」
「見つけた!そこぉ!!」

  急激に向きを変え、ねここが迫ってきた。天使の予想は大きく外れ、慌てて照準を正そうとするが、体勢、目標の補足、武器の使用経験、そして場数。すべてに於いてねここが上回ったこのとき、勝敗は決した。
  天使が銃を向けるより早く、懐に飛び込んだねここは、そのまま挑戦者の胸部アーマーを掴み草むらから引き上げた。早すぎるねここの動きに、一瞬世界がひっくり返ったような感覚を受けた天使は、次の瞬間、胸部から痛覚および熱を感知し、ねここの必殺の台詞とともに電圧値が上昇、機能を停止した。

「スパーク・エンドォォォ!!」


  *  *  *


「すみません、マスター。また負けてしまいました……」
「いやいや、相手があの風見さんだったんだもん。仕方ないよ。武器もまだ不慣れなやつだし」

  ホビーショップエルゴからの帰り道、光矢は胸ポケットに居る神姫に慰めの声をかけた。

「クラウはよくやってくれてるよ。あとは場数を踏めばきっと強くなれるよ」

  クラウ・ソナスと名付けられた光矢の神姫は、バトルアリーナに挑戦を始めてから2週間。未だ勝ち星を得ていないのである。対戦毎に武装を変える光矢にも非があるが、それよりも神姫自体が戦いに慣れていないため、場数を踏んできた猛者を相手に手を崩されてばかりだった。先ほども、勝者ねここの話によると、草むらで声が聞こえたので場所が割れたということらしい。スナイパーの鉄則、音を立てない。を大きく自分から破ってしまったのが敗因だったらしい。

「また次、頑張ろう。一つずつ覚えていって、少しずつ強くなっていこう、ね?」
「……はい。次こそは必ず!」 


                       プロローグEND




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー