メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 負けた。これはもう、成す術無しだ。理由も全てわかってる。改善の余地はある。だから、やることも分かってるはずなんだけど、何故だか私は椅子から立ち上がることはおろか、ヘッドギアを外すことすら出来なかった。負けたと言う事実は思いの外私の中に深く突き刺さっているらしい。
 その時、ヘッドギアが外された。華凛だ。

「華凛、負けた」
「そうね……」
「…………」

 どうやら私は気持ちの切り替えがうまくないらしい。どうしても気分がすぐれない。

「……こんなこともあるよね」
「ま、そうね。神姫バトルなんてのは勝って負けての繰り返しだもの。まさか、一回の敗けで嫌になった?」
「そんなことないよ」

 そう、課題も見付かった。だから、この敗けをバネにするだけ。問題は……。

「……ごめん、樹羽」

 目の前ですっかり小さくなってしまっているシリアだ。

「気にしないで。こういうのはよくある」
「でも! 私、また樹羽の役に立てなかった! 私がバリアをしっかり張れていれば、まだ戦えたのに!」

 軽い嗚咽混じりの吐露。華凛が何か言おうとするが、私はそれを手で止めた。

「シリア、じゃんけんして。出さなかったら負け」
「え……?」

 了承を得る間もなく、私は握り拳を振る。

「最初はグー、じゃんけん、ぽん」

 慌てて出したシリアはグー。対するこちらは指が二本のチョキ。私の負け。

「これが、どうしたの?」

 シリアが怪訝そうに訪ねる。

「さっきのも、これと同じ。相手がパーを出すのか、グーを出すのか、チョキを出すのかわからない。出さなかったら負けだから、こっちは何かを出す。あの時、私たちはパーを出していた、相手がチョキだったから負けた。それだけ」

 つまり、勝負は時の運と言うわけだ。元々あの状態にまで持っていかれたら負けも同然なのだが。

「それに、私の動きに合わせてアイオロスを動かしてくれた。十分役立ってる」
「そっか、そうだよね。ごめん、一番基本的なこと見失ってた」

 シリアの顔が明るくなる。すっかり吹っ切れたようだ。

「華凛」
「ん、何?」

 私は立ち上がった。もう体の重みは取れている。

「これから柏木さんの所に行くけど、一緒に行く?」
「そうねぇ、特に他にやること無いから行くわ」
「うん」

 私はシリアをポーチに入れ、ゲームセンターを後にした。
 目指すは柏木さんのホビーショップだ。



 相変わらず客足のない扉を開ける。この扉は一日に何回開けられているのだろうか。

「いらっしゃいませ! あ、樹羽さん。こんにちは!」

 カウンターの所で出迎えてくれたのは、いつもの眼鏡姿ではなくその神姫、エリーゼだった。

「あんれ、仁さんは?」
「店長はお得意様の所に行ってますよ。唯一の稼ぎ口ですからねぇ、時間もかかるってもんですよ」

 その間、エリーゼが店番をしていると言うわけらしい。彼女は携帯をペタペタと操作している。入荷状況云々は大体彼女が管理しているんだとか。

「稼ぎ口は一つじゃない」
「ほえ? もしかしてお買い物ですか!?」
「ん」

 私が頷くと、エリーゼは両手をあげてくるくると踊り始めた。

「うおぉぉっ、マジですか!? 本気と書いてマジですか!? ここで『もちろん嘘☆』なんて言われたら何にも信じられなくなりますよ!?」
「大丈夫、購入」

 うおっしゃぁぁぁっ! やりました店長! 顔見知りのお客様とは言えついに商品が売れますよぉぉっ!! というエリーゼの魂の叫びを聞きながら、私は武装の棚を眺めた。この商品棚は大剣や小剣、槍など大まかにカテゴライズされている。だからどんな物が欲しいのかハッキリしていればピンポイントに探せるのだ。
 私がまず向かったのは、ライトガンの中の短機関銃の棚だ。今回の敗因の一つである“実弾武装の未装備”。これをまずどうにかする。
 たくさん並べられた商品の中で、取り回し易く段数が多い物。やっぱり沢山ありすぎてよくわからない。神姫カードを確認してみる。sptは軽く貯まっていて武装を買うには十分だった。

(出来るだけ使いやすいやつがいいんだけど……)

 どれもこれも似たような物ばかりでどれを選んでいいのかさっぱりわからない。

「短機関銃のオススメはこれ」

 その時、華凛が一つの武装を手にとる。それはどの神姫の純正装備でもない無名の銃だった。一応メーカーはエウクランテやイーアネイラと同じマジックマーケット。

「弾数もお手頃、ちょっと大きいけど、そんなブレなくて結構使いやすいよ」
「使いやすい?」

 華凛はハッとして慌てて手をぶんぶんと振った。

「そ、そう! 使いやすいって聞いたの! 使ってる人少ないけど割りとわかる人にはわかる武器ってわけ!」
「ふーん……」

 手に取ってみる。確かに神姫には少し大きいかもしれない。だがそれも、この間楓さんが使っていたアサルトライフルより僅かに大きいぐらいだ。これで短機関銃というのだから安定制は抜群だろう。
 色は白とメタリックバイオレットと黄色、ワンポイントで赤が入っている。
 短機関銃はこれでいいだろう。あともう一つの課題である“圧倒的パワー不足”を解消出来る近接武器を探さなければならない。
 エウロスは確かに強い。長さも小剣並にあるし、その形状から突いた時の威力は最高クラスだと思う。
 だがしかし片手で一本しか装備できないと言う欠点がある。よって鍔競り合いに発展したり、切り合いになった際にパワー負けしてしまう。両手に装備出来るとは言え、どうあっても攻めがパターン化しやすいと言うのがある。

「シリアはどんなのがいいと思う?」
「そうだなぁ、槍……とか?」

 私は円錐型の馬上槍を思い浮かべた。やることがエウロスより単調になる気がする。パワーがあるのは事実だけど。
 だがヒントはもらった。槍は不味いが、これならいけるかもしれない。
 私は一つの武装を手にとった。

「薙刀?」

 これまた無名の薙刀。長さは13、4cmぐらいで刃が3cm程あり、さらに1.5cmほどプレート状になっている。後の部分は全て柄だが、最後の部分だけ刃と同じ向きに小さなピックのようなものが付いている。これのメーカーはよくわからない所だった。華凛曰くすごくマイナーだそうだ。

「シリア、どう?」
「いいんじゃないかな? 薙刀っていろんな使い方が出来るし」

 と言うわけで購入確定。私はその二つを持ってカウンターへ行った。
 そこでは既にエリーゼが準備万端と言った面持ちで待っていた。

「この二つ」
「はいはい、えっと番号はっと……」

 携帯をペチペチと叩き、整理番号のような数字を入力していく。

「じゃあ、神姫カードをここに入れて下さい!」

 指差す先にあったのは、カードリーダーのような装置だった。そこに神姫カードを通す。ピピッ、と言う短い音が鳴った。

「これで購入完了です! ついでに装備しておきましたから! またの御利用お待ちしておりますね!」

 頼んでもいないのに装備までしてくれたらしい。願ってもないことだ。
 神姫の武装はデータ管理である。だからフィギュアはあくまでオマケみたいな物らしい。
 私はその足で練習用の筐体に向かった。筐体に神姫カードを入れてスタートボタンを押す。さすがに新しい武装をぶっつけ本番と言うわけにはいかない。

「華凛、私は練習してるけど華凛はどうする?」
「んー、練習の様子見たり武装見たり、まぁ適当に時間潰しておくわ」

 その答えを聞いて安心した。これで心おきなく練習出来る。

「シリア、行くよ」
「うん。ちゃんと使いこなせるようになっておかなきゃね!」

 シリアが筐体の中に入り込み、私も筐体の中にライドした。



 樹羽がライドした事を確認して、あたしは一息ついた。よかった、ちゃんと良い方向に向かっている。
 あたしは無意識の内にカレンダーを見ていた。今日は28日。もうすぐ7月が終わる。これなら完璧とは言わないものの、上出来クラスではあるだろう。
 筐体の中の様子はパソコンの画面に映し出されている。画面内の樹羽は、短機関銃の反動が予想以上で慌てていたり、薙刀がリアパーツに当たったりしたりしていた。樹羽は割りと、と言うか結構器用な子だ。たぶん明日ぐらいにはマスターしているだろう。
 時間に待ったは効かない。けれど速まりもしない。だから一定の速度で進むこの世界であがくしか、私たちには出来ないのかもしれないな、と思いながら、私は画面を見続けた。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー