メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。








「わぷっ……」

 意識が戻った途端、口の中に何かじゃりじゃりとしたものが入ってきた。恐らく、風に舞い上げられた砂だろう。ステージ『砂漠』が故だ。

(口の中がざらざらする……)
(今のは仕方ないとは思うけどね)

 砂漠と言っても、地平線まで砂が続いているわけではない。ステージを囲むように瓦礫のようなもの――それもステージ『コロシアム』の瓦礫――が存在し、まるで朽ち果てたコロシアムの跡のようだった。またステージ中央には大きな砂丘があり、反対側は見えないようになっている。

(相手は忍者をイメージした神姫みたいだね)
(土遁、砂隠れの術?)
(いや、無いと思うけど……)

 突然後ろから現れてバッサリ、なんてことが起こったり起こらなかったり。無いよね。

(相手の武装は、刀が二本だけ?)

 それだけで事足りる、ということだろうか? いや、あるいは防御に重きを置いているとか。

(なんにせよ、ボレアスで牽制射撃。たぶん無駄だけど)
(わかった)

 手にランチャーが現れる。刀が二本だけということは、相手はやはり接近型のクロスメイン。忍者型と言うことは、足は速いのだろうか? と言うことは、おそらくそもそも射撃など回避するだろう。そして最接近。うーん……。

(念のために両手にゼピュロス)
(あ、そうだね)

 両手に大きめの鉄甲が現れる。
 これで準備は出来た。後は試合開始を待つだけ。

(相手は、リアライドみたいだね)

 シリアから送られてくる情報に目を通す。宮下さんと静というフブキ型の間には、並々ならぬ主従関係のょうな物が感じ取れた。多分、ライドシステムが発明される前から神姫バトルをやっていたのだろう。それ故のリアライドか。
 その時、上空にスクリーンが現れ、試合の開始を告げた。

『Ready……Go!』

 とにかくまず飛ばないと話にならない。私はバイザーを降ろし、空へあがった。
 このステージは時折砂嵐が吹き荒れる。だからあまり長い間上空にはいたくない。風で煽られて墜落、なんてしょうもなさすぎる結末だ。
 砂丘はあまり大きくなく、すぐに相手を黙認することが出来た。相手は試合開始から動いていないのだろうか? じっとしたまま動かない。
 ロック範囲まで近付いても、動く気配がない。一昨日のアルトアイネスを思い出す。だが、あれとは違うのは、それが無気力からくる静止では無く、まさに明鏡止水がごとき立ち姿であることだ。
 黒く、柔らかな和服を思わせるアーマー、その黒の中に浮かぶ紅いマフラー。そして手には曇りのない刀。
 まるでそこでそうあるのが当たり前なように、あるいは初めからそうあったかのように、静はそこにいた。

(駄目で元々……!)

 空中で静止し、ボレアスを構える。銃口を向けられようが、その頬はピクリとも動かない。
 引き金を引く。銃口から放たれた光の帯は、真っ直ぐ静へと向かっていく。
 が、そのエネルギーをまるでそこに飛んでた虫を払うかのような自然な動作で刀を振り、切り裂いた。

(あはは、なんかもうボレアスが信用出来なくなってきた……)
(相手が悪すぎるだけ)

 多分、2本ある内の1本だろう。対ビームコーティングでもしてあるのか、そんなところだろう。光学系の武器は全部アウト、結局はインファイトだ。

(とにかく攻めよう。フェイントをかける。エウロスを出して)
(オッケー。ブースターは任せて)

 両手に出した剣を前に構え、風に乗るように飛び出す。相手は未だに動かない。おそらく接近してきたところに一閃を決めるつもりだろうが、そうはいかない。
 みるみる内に相手との距離が縮まる。私はエウロスを振り上げる。自然と足は前に投げ出される。そこで手を振り下ろす――フリをする。足のスラスターが起動し、私の体はふわりと上にあがった。これで相手の攻撃は避けられ……

(動いて……ない!?)

 相手はボレアスを向けられた時同様、一切動いていなかった。

(ならっ)

 浮かんだ時、慣性により僅かに前に進んでいる。つまり相手の真上。ならば取るべき行動は一つ。
 膝を曲げ、落下と共に突き出す。これには反応した。
 力を入れているとは思えないゆったりとした動き。相手は右手に握られた刀を真上にかざす。私の足はその刀を踏みつける形になる。

(っ!)

 私はその時点で追撃を断念し、その刀を踏み台に後ろへ跳んだ。そこでようやく刀に力が込められていることに気が付く。
 着地。そこで勢いを殺さない。バネにした足で大地を蹴り、姿勢を低くして相手に肉薄する。

「はっ!」

 その体勢から右腕だけを逆袈裟に一閃。それは身を反らされかわされる。それは想定済みだった。
 さらに右足を踏み出しながら、今度は左腕を体ごとあげる。それも後ろへ避けられる。これもわかってる。
 あげた体を左に捻り、左腕を目一杯下げる。さらに右手で相手の刀を抑えながら左足を前に出す。体重を後ろから前に移しながら左腕を相手の眉間に突き出した。

「…………!」

 しかしそれすらも、相手は最低限の動きだけでかわしてしまう。この場合、首だけを動かして。

「……見事です」

 相手が口を開く。刀を左手に持ち換え、右手でエウロスをどかす。

「マスターの攻撃における体重移動、神姫におけるマスターの腕の動きに合わせたリアパーツの動き。とても見事です」

 確かに攻撃の最中、アイオロスは行動の邪魔にならなかった。それはシリアがこっちの動きに合わせてせわしなく動かしてくれたおかげだろう。

「しかし……」

 相手が右手を静かに刀の柄に添える。

「残念ですが力不足です!」

 相手が刀を僅かに下にずらしながら力を込める。私も右腕に力を込めるが、相手は両手、こちらは片手。勝敗は目に見えていた。
 相手が刀を押し上げる。こちらのエウロスは刀の鍔で引っ掛かり、結果的にボディが空くことになる。私はさらなる追撃を恐れて左手を動かそうとした。

「遅い」

 次の瞬間、顎にかなり強い衝撃。それが相手の膝だとはこのときの私は気付いていなかった。

「くあっ……」

 目の前がチカチカする。体を支えられない。何とか足を動かして体が崩れるのだけは阻止する。

「終わりです」

 声が聞こえ、必死に求めた視界には、すでに相手の姿はなく。


 私は体の中に冷たい物が通り抜けるのを感じた。



 画面の中で、静が飛び上がるように樹羽の顎目がけて膝蹴りをかます。樹羽が左手を動かすのが見えたが、如何せん瞬発力はフブキ型の方が高い。見事に顎に膝が入る。樹羽は体勢を崩した。あれだけの衝撃だ、たぶん軽い脳震盪だろう。
 観戦用のモニターに青い点と線が表示される。レールアクションを使って神姫のレーダーを封じる気だ。静が音もなく樹羽の背後に回る。そして、その背中には刀を突き刺した。うまくリアパーツの合間を縫っての一撃。クリティカルダウンだ。

(終わったわね……)

 ゲームエンド。まぁ、当然と言えば当然の結果だ。
 宮下亘彦、そしてその神姫である静。彼らは神姫バトルが始まって以来からの古株。あまりにも年期が違いすぎるのだから。

(にしても、予想通りとは言え、樹羽は大丈夫かしら……)

 あまりにも呆気なく、とても善戦したとは言いがたい結果。いや、樹羽のような初心者にしては上出来な方かも知れない。
 その時、宮下さんが静を回収しゆっくりと立ち上がった。どうやら連戦する気は最初から無かったらしい。
 宮下さんが私の脇を通り抜ける。

「そう怖い顔するもんじゃねぇぞ」

 顔に手を当てて初めて気付いた。あたしの顔は今、相当にこわばっている。

「ああいう成功続きの初心者にはな、一回強制負けイベントってのをやらせねぇと成長しねぇ」
「……それであの子が潰れる可能性があってもですか?」
「そんときはその程度だったと諦めるんだな。お前さん自身のためにも」

 振り返ると、そこに宮下さんの姿はもう無かった。相変わらず音もなく消える人だ。

「あたし自身のため、ね……」

 最後に言ったあのセリフ。あの人はどこまで知っているのだろう。まったく、前々から思っていたが、何者なのだろうかあの人は。

(ま、今あたしが気にすることじゃないわね)

 あたしは未だに筐体に座っている樹羽に駆け寄った。









| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー