メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

手にしたのは戦う力


7月23日(土)

 そして、今に至るわけである。私はソファに座った。神姫へのライドは、肉体的な疲れは無いが、精神的に疲れる。

「お疲れ様です。何かいれますよ。珈琲でいいですか?」
「カフェ・オ・レで」
「ははは、了解しました」

 柏木さんが二人分のカップを持ってくる。そういえば、カフェ・オ・レを直訳すると、温い珈琲牛乳だと誰かから聞いた気がする。
 うん、どうでもよかった。

「はい、カフェ・オ・レです」

 ベージュ色のカップが渡される。始めから牛乳が入っており、手にちょうどいい温かさが伝わる。

「牛乳とみせかけて練乳」
「ははは、ありませんよ」
「実は豆乳」
「ありません」
「まさかの飲むヨーグルト」
「からかってますよね?」
「バレました」

 私はカフェ・オ・レの入ったカップを仰いだ。ほどよい暖かさが、口一杯に広がる。余談だが、この珈琲はインスタントではなく、豆からひいているらしい。柏木さんの実家から送られてくるんだとか。
 柏木さんもソファに座る。

「ここ2、3日で、随分と腕をあげましたね。これなら、近いうちにゲームセンターで戦ってもいいんじゃないですか?」
「そこまでじゃないですよ」
「いやいや、謙遜することないですよー。私も店長もそう言ってるんですから、間違いありませんって」

 ここ一週間練習に付き合ってくれたエリーゼも称賛の声をかけてくれる。


  砂糖の入っている小瓶の中から。


「エリーゼ、またあなたはそんなところから……」
「ん~、あまりインパクトが足りませんでしたか。今度はカップの中から現れてみせますね店長」
「やめてください」

 柏木さんは、ぐっと拳を固めるエリーゼを摘み上げる。

「というかあの中にいて、大丈夫なんですか?」

 今度は私の神姫が顔を出した。燈色の髪をサイドでまとめてあるのが特徴だ。

「あ、大丈夫ですよ。中に袋が入ってますから」
「あ、そうなんですか? なら、安心ですね」

 もっと別のところにツッコンで欲しかったな、シリア。

「とにかく、明日ゲームセンターに行ってみませんか?」
「……行ってもいいですけど、お店はどうするんです?」

 店長である柏木さんがいなくなったら、店が空になる。他にスタッフもいないし。

「休みでいいでしょう。どうせそんなにお客さんは来ませんし」
「店長、そういう時に限ってお客さん来ますよ? こう、狙いすましたかのように」

 柏木さんは、エリーゼのツッコミに黙ってしまった。

「……じゃあ、明後日はどうですか? 明後日なら、定休日ですし」
「それでいいと思います」

 そもそも私には予定らしい予定もない。

「う~ん、でも押しに欠けますね~……」

 柏木さんは軽く考えた後、時計を見た。現在の時間は、午後4時16分。

「この時間ならいますね」

 柏木さんは立ち上がり、電話を手にとった。そしてあらかじめ登録してあるのか、ワンプッシュで待機。

「あ、もしもし? えぇ僕です。柏木仁です」

 しばらくして、会話が始まる。向こうの声は聞こえない。

「明日、僕のお店に来てもらえますか? 時間は……3時でいいですか?」

 柏木さんが数回頷く。

「ありがとうございます。ちゃんと、神姫は連れてきて下さいね?」

 そこで電話を切った。柏木さんがこちらに戻ってくる。

「というわけで、明日3時に来てください」
「いいですけど、何するんですか?」

 柏木さんは眼鏡を直す。

「ま、卒業試験ですかね」



7月24日(日)

 翌日、現在2時45分。私は柏木さんの店に来ていた。

「早いですねぇ、中々良心的なタイムですよ」
「基本は10分前行動ですので」

 店に入る。相変わらず客はいなかった。
 箱に入った神姫たちが、すこし憂いを帯て見えるのは気のせいだろうか? 多分、気のせいじゃないと思う。

「まだ、相手の人は来てないんですか?」
「う~ん、まだみたいですね」
「もう少しで来ると思いますけどね~」

 エリーゼも首を傾げる。


  陳列された箱の中で。


「かなり分かりづらいよ、そこ」
「う~ん、最近スランプですね~、どこかにネタは転がってはいませんかね~……。すいません、ちょっと出してくれませんか?」

 蓋がテープで閉じられているが、どうやって入ったのだろう。

「ま、もう少ししたら来るでしょう。僕は筐体のチェックをしてきます」

 柏木さんは練習用のブースに行くと、筐体を調べ始めた。
 その時、店のドアが荒々しく開いた。

「あ、よかった。まだ始まってないわね」
「華凛?」

 現れたのは制服姿の華凛だった。普段着の時とは違い、長い髪をそのまま垂らしている。

「華凛が相手なの?」
「違うわ。私は観客。昨日仁さんから連絡もらってね。走って来ちゃった」

 そういえば今日は日曜日のはずだが、何故制服なのだろう。

「いやぁ、日曜日だってすっかり忘れてて学校に行ったら、同じ様に学校に来てた先生に捕まっちゃってね。朝から補習よ補習」

 それは災難だったと言うか、ドジだったと言うべきか。

「いらっしゃい、華凛さん。どうぞ、座ってまってて下さい」
「はい、お言葉に甘えて失礼しますっと」

 華凛がソファに座ろうとした時だった。

「トゥットゥルー」
「うわぁっ!?」

 ソファがパカッと開き、中からエリーゼが飛び出した。このソファ、中が収納スペースらしい。

「も、もうっ! ビックリさせないでよ」
「あ、あぁ……」

 エリーゼは肩を振るわせている。

「これですよ、この反応が欲しかったんですよ……」

 そんな泣くほどだろうか? というかいつの間に入ったんだろう?

「よかったわね。それより早く退いてくれない? 座れないんだけど」
「あ、すみません」

 エリーゼがピョンとソファから降りる。華凛もソファに座った。

「仁さんに聞いたけど、結構上達したんだって?」
「別に、そこまでじゃないよ」
「って言ってるけど、相方はどうなのかな?」

 華凛が私のバックの中に話しかける。シリアはバックの中から顔だけをだす。

「んしょっと、樹羽は筋いいと思いますよ。結構バトルにも慣れてきたみたいですし」
「だって。相方にも認めてもらえてるじゃん」
「そんなことないって」

 言いながら、私は嬉しく思っていた。 
 シリアが認めてくれる。相方に認めてもらえることほど、嬉しいことはない。

「どんな人なんだろうね」
「うん、楽しみ」

 私はまだ見ぬ対戦相手に思いをはせた。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー