メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

言うならそれはそれはラッキー



 辺りを深い霧が包みこむ。視界が白く染まる。これで目が使えなくなってしまった。
 だが、問題はない。

(樹羽、2時の方向。距離4.5)

 頭の中に直接響く声。私は声に従って、その方向を見た。建物が密集する廃墟ステージ。目の前には建物。しかし、距離は4.5S。

(この奥か。シリア、バーニア。音は控え目に。同時にボレアス展開後、チャージ開始)

 意思を伝え、それが形となる。すでに慣れた重さが右手に乗る。背中の翼が展開し、ゆっくりと浮き上がる体。やるなら先手必勝だ。
 建物を越え、その下にいた相手を視認する。同時に相手の回りに丸いターゲットサイトが現れ、射程圏内に到達したことを告げる。右手をつきだし、引き金を引いた。
 しかし、相手もこちらを確認したらしく、即座にかわされ、打ち出された光の帯は地面に激突し消滅する。
 だが、これぐらい予想の範囲内だ。

(ゼピュロス、エウロス展開!)

 持っていたランチャーの姿は消え、代わりに見慣れた鉄甲とカタールの重さが乗る。ブーストをかけて、インファイトに持ち込む。
 左手のカタールを突きだしながら突撃。相手は後ろに回避。そこから、足のスラスターとリアのバーニアをフルでふかし、空中で前転するようにショックを吸収。その際、踵落としもかます。
これも回避される。しかし、これは当てるためじゃない。
 空振った足は正確に大地を捕え、そこから足のスラスターを噴射し、右手の鉄甲で殴る。これは当たった。
 さらに左に身を捻り、カタールでなぎ払う。

「あうぅっ!」

 相手は軽く吹き飛んだ。私はかなり無茶な体制でなぎ払ったにも関わらず、真っ直ぐ足から着地。
 うん、いい調子だ。

「だんだん良くなってますね。どうですか?」

 霧がはれ、練習の相手をしてくれた神姫――エリーゼは笑みを浮かべる。

「はいっ、良好です!」

 自分ではない声が答える。今のこの体の持ち主だ。

「そろそろライドアウトしましょう。続きはまた明日」
「はい。樹羽もそれでいいよね?」

 声は私に問いかける。それに私は、声を使わず答えた。

(うん。今日は疲れた)
「じゃあ、ライドアウトするね」

 視界が白く染まっていく。慣れ親しんだ感覚とともに、私の意識は浮上する



7月16日(土)

 神姫のマスターになると宣言した翌日。柏木さんから電話があった。あの神姫のクリーニングが終わったらしい。
 本当なら華凛と共に行きたかったが、今日は平日。華凛は学校がある。仕方なく私は、一人でホビーショップに来た。

「いらっしゃい。出来てますよ?」

 店内は相変わらず客入りが少なく、私以外に客はいなかった。

「客、いませんけど」
「はははっ、仕方ありませんよ。平日ですからね。さあ、こちらです」

 案内されたのは、前回と同じくスタッフ専用の部屋だった。デスクとパソコンしかない殺風景な部屋で、デスクの上には工具類が雑多におかれている。

「ちょっと待っててください」

 そう言って、柏木さんは部屋の奥に入っていった。

「店長、すごく嬉しそうです」

 突然耳元で声がした。振り向くと、エリーゼの顔が目の前にあった。


 逆さまで。


「……なんでわざわざ逆さま?」
「あれ? あんまり驚いてくれませんね。店長の時はビックリして戸棚に頭ぶつけちゃったんですけど」

 エリーゼは天井に吊された円盤に足だけかけて逆さまになっていた。手を使い、円盤の淵を掴むと、今度は振り子のように体を揺らし始める。勢いがついたところで、跳躍。回転をつけつつ、綺麗にデスクの上に着地した。まるで新体操選手のようだ。

「けっこう自信あったんですけどね~、まだまだですね、私も」

 内心、ものすごく驚いているのはほっといて。

「で、嬉しそうって?」
「あ、それですか。それは……」

 エリーゼが何か言おうとしたところで、柏木さんが帰ってきた。その手には、クレイドルが乗っており、その上にはあの神姫が座っている。

「おや、どうしました?」
「いいえ、なんでもないですよ店長」
「そうですか? それならいいんですけど」

 エリーゼはこちらを振り向く。なんとなくだが“話はまたいずれ”と言っているようだった。
柏木さんはクレイドルをデスクに置く。数日前とあまり変わった点はない。だがその眠った顔は、不思議と穏やかに見えた。

「まだ、マスター登録はしていません。この子の意向もありますからね」

 言われて、確かにその通りだと思った。いきなり『あなたは私の神姫です』など言われたら、そっちも困ってしまう。

「起動しますよ。心の準備はいいですか?」
「はい。お願いします」

 クレイドルをパソコンに繋ぐと、ディスプレイには小さなウインドウが現れた。左下には『start』の文字。

「いきますよ」

 柏木さんがエンターキーを押し込む。そして、小さな駆動音とともに、神姫は目を覚ました。次第に、瞳に光が宿っていく。

「……ここは?」
「S県K市にあるホビーショップです」
「なんで……私……はっ!」

 神姫の顔が青ざめる。血が通っているわけじゃないから、本当に青ざめているわけじゃないが、そう見えた。

「あの、私っ!」
「大丈夫ですよ。改造された部分は全てクリーニングしました」
「そ、そうなんですか? よかった……」

 神姫が安堵の表情を浮かべる。やっぱり改造された記憶は残してあるようだ。

「あなたは、自分がどこから来たか、憶えてますか?」
「えっ、どこからって……あれ?」

 神姫が表情を曇らせる。その様子から、憶えていないのだろう。確か、3日前の記憶しかなかったはずだ。

「なんで……思い出せない……」
「そうですか……。では、あなたのマスターさんのことは?」
「マスター……」

 神姫はさらに表情を暗くした。唯一残っていた記憶を思いだしたのだろう。

「……はい、憶えてます」
「どこまで憶えていますか?」
「…………」

 遂に神姫は黙ってしまった。顔は完璧にうつ向き、表情すら見えない。

「……エリーゼ、後はお願いしてもよろしいですか?」
「言うだけ言って丸投げしましたね、店長。まあ、引き受けますけど」

 エリーゼはエウクランテに近付いて、なにやら話かけ始めた。ボリュームを絞っているのか、こちらまで聞こえない。

「さ、神姫のことは神姫に任せて、我々は退散しましょう」
「……わかりました」

 私は柏木さんに連れられ、部屋を出た。
 完璧に投げたな、この人。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー