メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

全く、この不景気な世の中にあって私のような優秀な人材をこんな人形遊びのための部署につけるなんて世の中間違ってる。とはいえつまらんポストをチャンスとするのも優秀な人材の勤めだ。見回ってみたがここの連中の脳みそはあのMMSとか言う人形のことで染まりきっている。特に神姫だったか?あの女性型の人形に皆虜になっている。私がしっかり指導してロボット技術はこんな人形遊びのためにあるのではないと教育せねば。ん、なんだね?なに、私に支給される神姫を持って来ただと?ふん、まあいい持って来てみろ。
-某省内MMS普及推進政策課での会話

連続神姫ラジオ
浸食機械

10:意外な人物
コウガに続く手がかりを得た僕たちは通信塔にたどり着いた。島の中央に立つ鉄骨を組み合わせた無骨な塔は、意外にも神姫達の戦いの場であるこの島の風景にマッチしているように思えた。
「周辺のフェンスは問題ありませんが見張りが誰もいないのが奇妙ですね」
<うん、ここが重要施設ならもっと神姫やロボットがいてもおかしくない。力押しに賭けるのはちょっと危険だね>
先ほどから周辺を何度も見て回り進入できそうな場所を探しているのだがどこにも神姫が歩哨に立って外からの進入に目を光らせている。
<空から進入するのは無理かな?>
「さすがにブースターをかけて進入するのは目立ちすぎます。それよりもす…マスターとお別れした神姫の振りをして潜入するのはどうでしょうか?」
<コウガには会えそうだけど武装を取られる可能性があるし危険だと思う>
丸腰で彼女に会ったとき僕たちに何ができるのか想像できなかった。フェンスの向こうに舞い降りた鳥たちを見ながらプルミエと二人ため息が出てくる。
「鳥さんみたいに自由にどこでも舞い降りられたらいいんですけど」
僕もそう思い思わず空を眺める。初夏の日差しが大きく茂った木の枝の隙間を抜けて降り注ぐ。実のなる木なのかその枝の上をルリスが歩いていた。柔らかな日差に心癒されていた僕は何気なしにリスを追って枝の先に目を向けた。
<そうだよ、プルミエ!リスだよ>
僕の声にきょとんとしていたプルミエもあっと気がつく。大きく張り出した枝は葉を茂らせフェンスの向こうまで枝を伸ばしていた。早速木の枝に飛び乗り、見つからないように気をつけながら伝っていく。枝の先端から滑空し、敷地内に降り立った途端雷にでも撃たれたのかと思うような衝撃がプルミエに走るのを感じた。上からは分からなかったがよく見れば迷彩を施された謎の機械が周囲にいくつも埋まっていた。不気味な赤い光りをともしたその機械から電流がマイクロ波が検知される。今この場所は神姫を焼き殺すための電子レンジになったのだ。
「うぐぁああ」
身を焼かれる痛みに耐え、見つかるまいと悲鳴を上げずに耐えるプルミエだがうずくまりその場で動けなくなってしまう。このままじゃプルミエが壊れる、そう思った瞬間プルミエの周囲に赤い光が立ち上り、途端にマイクロ波が停止した。管理棟の方から神姫が僕たちの方に歩いてくる。彼女が側を通ると先ほどの機械の赤い光が消えていく。どうやら機能を停止しているようだ。
「だめよ、人の家に入るときには出迎えを待たないと」
僕たちの目の前に立ったのは以前森の中で出会ったあの赤毛の神姫だった。

次回:復活の道に続く・戻る




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー