メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あたしは痛くてもつらくても平気だよ。心(CSC)はあるけど神姫だもん。だからどんなになっても大丈夫。それにほら、あたしもうバトルが平気になったよ。前は怖がって泣いてたけどちゃんと戦えるよ。グレーテルにしてもらった処置のおかげだね。グレーテルもがんばってるんだもん、あたしもがんばらないと。絶対期待に応えるよ。グレーテルが育てた神姫だから強いんだって胸を張って言えるように勝ち続けるよ。だから負けられないよ、負けたらだめなんだよ負けないよ負けないよまけな
-リンクした神姫から流れ込んできた記憶-

連続神姫ラジオ
浸食機械

7:蟲毒の底
勝負はワンサイドゲームで移行した。こちらが全力を出せないと油断していた相手は碌な反撃をすることもできずに倒されていく。だがプルミエの火器管制サポートのおかげで破壊しきる様なことはない。
「にゃ、どうしてランドオンした神姫がいるのにゃ?コウガが筐体には警備システムを設置いてるって言ってたのに」
<僕らはそれを突破してきたんだ、プルミエと一緒に帰るために。それより…>
動揺しきっているマオチャオに詰め寄る
<君はコウガに会ったの?コウガはどこにいるんだ?>
マオチャオはこんな状況でも目に怒りをたたえながら首を横に振る。どうやら知らないと言いたいらしい。
「私はマスターと帰りたい。そのためにはどうしてもコウガに会わないといけません。ほんの少しでもいい、知っていることがあれば教えてください」
「ふん、知らないったら知らないのにゃ。疑うのなら好きにいたぶればいいのにゃ。どうせあたし達に帰るところは無いのにゃ」
ゴンという音が聞こえたかと思うと視界が揺らぐ、マオチャオが頭突きをしてきたのだ。そのの隙を突いて彼女が距離をとる。
「あたし達はマスターに捨てられたのにゃ。帰るところがあるあんた達とは違うのにゃ」
そう叫んだマオチャオのナックルの付け根からツタのような物が伸びる。それは絡まり合い禍々しい槍のような姿をとった。D.O.Rと呼ばれるドリル系の武器だ。
「それはこんな状況だから、あなたのマスターだって仕方なくっ」
「マスターはあたしに言ったのにゃ。お前みたいな面倒なばっかりの人形なんてもう要らないって」
彼女はD.O.Rを構えて突撃してくる。マオチャオの必殺技ふぁいなるドリドリあたっくだ。プルミエはさっきの頭突きのショックからまだ立ち直れていない。勝利を確信し、獲物を仕留める喜びに打ち震えたような表情のマオチャオはすぐそばまで迫っていた。
<プルミエ、コントロールをこっちにもらうよ>
言うが早いか僕はプルミエの体のコントロールを奪いその場から飛び退いた。リレーアクションとは逆の仕組みで強制的にプルミエの意識をオフにして体を動かしたのだ。もちろんそんなまねをすれば無理矢理動かしたギアやモーターに負荷がかかるがそんなことは言ってられない。自分以外の体を動かす奇妙な感覚に戸惑いながらも何とか攻撃をやり過ごしプルミエに体のコントロールを戻す。
「マスター、無茶しすぎです。これやるのはマスターの体に良くないんですよ」
<ごめんプルミエ、でも君がやられると思ったら>
他人の、それも機械の体を無理矢理動かすわけだから脳にかかる負荷は膨大なものになる。最低でも気分が悪くなる。神姫が意識を失って自力で帰れない際などに執られる措置で、取扱説明書にも書いてある方法なのだが、普通は機械のサポートを挟んで行われる。
「んにゃ、どうしてそこまで神姫を庇うのにゃ。お前も本心ではこんな所から逃げ出したいはずなのにゃ。どうせ捨てるならもうかっこつけるな!」
体勢を立て直したマオチャオだが闇雲に武器を振り回すばかりだ。プルミエの敵ではない。
「あたしはあの放送が流れたときのマスターの目を忘れない。マスターの声でひどいことを言ったことを忘れない。汚い物でも振り払うようにあたしを振り落としたマスターの手を忘れない」
牽制に放ったプチマスゥィーンはプルミエの射撃で打ち落とされる。本体にも撃ち込むがそれは最強シールドで無効化された。だけどこっちの本命は肩に装備したライトセイバー。牽制射撃を続けてスキルポイントと動きを封じながら接近していく。
「マスターはあたしを愛してなかったんだ!最後にたった…」
がむしゃらに突撃ち防御を繰り返すマオチャオ。最後まで目的を気づかれることなく相手の懐に飛び込めたプルミエのライトセイバーがマオチャオを打ち倒した。
「たった一言優しい言葉をかけてくれたら、こんなにマスターを…嫌いに…ならなくて…すんだのに」





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー