メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第2話   好きなものは?


それまで武装神姫というものを知らなかった俺は、あちこち調べてみた。
神姫にも好き嫌いがあり、バトルしたがるのとか、服で着飾りたいのとかが居ること。
それらの性格の違いが、本体に登録されている基本性格とCSCの組み合わせで生まれるということ。
驚いたことに、食事もできるらしいということ。
そして、しばらくたったある日のこと。

その日、俺は予定よりも早く帰ってこれた。
手にはアールが好きだと言った食べ物の入った袋がある。
自室の前に立つと、中から音楽が流れているのが聞こえてくる。
アールが音楽が好きなことが分かり、プレイヤー類は自由に使っていいと言ってある。
せっかく楽しんでいるアールを邪魔しないように、ドアをそっと開けて中に入る。
俺の机の方に目をやると、そこで釘付けになった。
歌を聴いていると思っていたのだが、現実は予想のはるか上だった。
プレイヤーから流れる歌に合わせてを口ずさみ、器用に踊るアールの姿がそこにあった。
金色の髪をなびかせ、腰をぷりぷり振って手足でポーズを取って踊るアールに俺は見入ってしまった。
(可愛いもんだな)
そう思っていると、アールがターンをしてこちら側を向く。
「あ」
「あ」
アールと俺の目が合った。
すると、アールの顔がみるみる赤くなり、小刻みに震え出した。
「み、みてたんですか?……」
「あ~……うん、可愛かったよ」
にっこりと微笑んでやると、アールの目に涙がたまりだす。
俺は涙を流す技術に感心すると、アールは側に置いてあったレーザーキャノンを持ちこっちを涙目で睨む。
「マスターのばかぁぁぁぁ!!」
そう叫ぶと、LC3レーザーライフルを乱射してきた。
神姫用に作られた武器類は、人間に致命傷を与えることは無いといっても、結構痛い。
「おい、こら。やめろ」
レーザーライフルを取り上げ、アールを握って暴れないようにする。
「ふぇぇぇぇん」
俺の手の中で顔を両手で覆って泣いている。
「落ち着けって、泣くなよ」
反対の手でよしよしと頭を撫でてやると、ゆっくり泣き止んできた。
「落ち着いたようだな」
撫でるのをやめて、机に座らせてもアールは顔を覆ったままだった。
「いつも踊ってるのか?」
アールに問い掛けると、ビクンとなった。
「ああ~、無理に言わなくてもいいよ」
「……マスターに」
「うん?」
手で覆いながらもアールはゆっくりと話し始めた。
「マスターに見られないように、見られたくなかったから……帰ってくる時間には終わらせてました」
「どうして? アールの踊り、可愛かったよ。俺は見てみたいな」
「恥ずかしいんです!」
アールは覆っていた手をどけてこっちを見たが、顔は真っ赤のままだ。
「だって……こんなのが好きだなんて」
「いいんじゃないか? それは、アールがアールだっていう証拠なんだし」
「え?」
「神姫にもいろいろ好みがあるってことさ。だから見せて欲しいな」
「マスターは、わたしを嫌いになりませんか?」
少しおびえた表情で見つめているアールの頭をなでた。
「どうしてそう思う?」
「だって……」
「むしろ、もっと好きになったよ」
「マスター」
今度は別の意味で顔を赤くするアール。
「しょ、しょうがないですね。マスターがそう言うならみせてあげます」
顔を真っ赤にしてそういうアールをにっこり笑って答えた。
「ところで、さっきの歌はなんだ?」
「はい、私の好きなたいやきの歌です」
「そ、そうか……たいやき買ってきたから一緒に食べよう」
袋を持ち上げてアールに見せる。
「はい!」
輝くような笑顔でアールが返事した。
俺は存分にアールの踊りをし、買ってきたたいやきを二人で食べた。


たいやきを食べていると、突然アールの顔が般若のようになり、俺の方を向く。
「マスター! これ、尻尾まであんこが入っていません!」
「え?」
「マスター、いいですか? たいやきというのはですね…………」
このあと、たいやきについて延々とお説教されるとこになりました。
アールの新たな一面がみえたと同時にちゃんと選んでたいやきを買うことを誓いました。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー