メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


「……うーん」
「またか、キミは。今度はなんなのだね?」

 いけない。またアルバイト中に考えこんでしまった。でも、どうしようもない。
 お客さんが来れば、身体が勝手に動いて仕事はできるけど、気付かないミスがあるかもしれないから、バイトに集中したいけどこればっかりは。

「そうそう。キミが、神姫のことをよく話すものだから、実は……私も武装神姫を買ってしまったのだよ!」

 ババーンと後ろで効果音が出てきそうな風に君島さんが言う。
 だが、しかし、

「……うーん」

 いまだに僕は考え込んでいる。
 話し声が聞こえて、視界には入るのだけど、君島さんの話が頭に全然入ってこない。ゆえに、反応できない僕。

「……ふ、悲しいな、悲しいよ。だが、これでも、無視はできるかな?」

 君島さんがスゥッと右手を顔の前まで上げて、

「来い『リンレイ』!!」
「え、え、なんですか?」

 パチンっと軽い音が店内に響く。
 君島さんが親指と中指を合わせ、勢いよく弾いた。いわゆる、指パッチンなのだけど、なんで今ここで? 店員なんだから、目立つ行為は控えて――。


「――お呼びでござりますか、主殿?」


「うわっ!!」

 びっくりした。な、なんだ、どっから来たんだ?
 カウンター上に突然、人形、武装神姫が現れた。
 片膝をつき、頭を垂れている姿。……これは確か忍者型神姫の『フブキ』だ。
 真っ黒の忍び装束に身を包み、口元を黒布で隠している。

「はっはっは、いい反応だ。仕込んできて正解だったな、リンレイ」
「はっはっは、そうでござりますな、主殿」

 イェーイ、とリンレイという神姫が手の平で、君島さんが指で疑似ハイタッチをする。

「どういう仕掛けですか!?」
「まあ、落ち着きたまえ。まずは紹介しよう。ちょっと、武装神姫に興味が出てきてしまってな、この前買ってみたフブキ型のリンレイだ。忍者ならこんなのができて当たり前なのだよ」
「リンレイでござります。以後、お見知りおきを」

 再び頭を垂れて、挨拶をするリンレイ。
 僕は君島さんを訝しげに見る。
 腕を組んでフフンとなんか自慢げだ。

(間違った方向に忍者っぽいな~)

 いや、神姫もそれぞれ。これも一つの神姫としての姿なのだろう。
 はっきり言って普通ではない。……でも、こちらが言えた義理でもない。
 これほど、変ではないけど。

「それでは、話を戻すことにしよう。今度はどうしたのだね?」
「どうやって来たのかまだ聞いて――……はぁ、別にもういいです……」

 聞いてもしょうがない気がした。
 手品みたいなものだろうと割り切ることにする。

「いつも話してますけど、僕の神姫のシオンがですね、なかなかバトルがうまくいかなくて」
「件のバトル恐怖症の神姫かね? 苦労しているのだな」
「武装神姫は普通、バトルはスポーツみたいに楽しめるよう設定されているのでござりますが、シオン殿という方は戦えないという。不可思議でござりますな」
「……そうだよ、ね」

 誰に言っても、見せたとしても、そう言うんだよな。もう慣れたよ。

「……キミは、以前に私が言ったことを覚えているかね?」
「えっと、なんでしたっけ?」
「ほれ、『神姫には心がある』と言った事だ」
「ああ……」

 神姫が空虚な機械みたいにプログラムだけで動いてたら、こんな風に悩む必要はない。感情があるから、笑ってくれたり、喜んでくれたり――逆にバトルができなくて苦しむ――する訳だから、必死にこんな悩んでいるんだ。 
 悩むか悩まないか……あれ、なんか堂々巡りだな。

「キミが思っている通り、現実的に、神姫のカテゴリは機械だ。データを元にして、オーナーがプログラムを神姫にインストールさせて様々なスキルを手に入れることもできる。言語機能や身体機能もデータは……まあ、あることはあるのでな。
 しかしだ。それでも手に入らないものはあったりもするのだ……長倉君は世界クラスの神姫バトルは見たことはあるかね?」
「いいえ……ありませんけど……」

 シオンが来るまで、武装神姫なんて友達のでしか見たことなかった。武装神姫のバトルを直接見たのも、あのゲームセンターでのが初めてだったし。一応、知識はあったぐらいのレベルだ。

「インターネットの動画サイトで探せば、そういう大会の動画などゴロゴロあるのだが、あれはリアルファイトの真剣勝負。神姫が物理的に機能停止。故障、なんていうトラブルも少なからずある。命がけの試合。失敗は許されない。そんな神経を使うバトルだ。……神姫も怖いと思うのだよ」

「……怖い……か」

 その言葉を噛みしめる。それだと、シオンはバーチャルでもバトルを怖いということだ。表現できないほどに。腰を抜かして動けなくなるほどに。

「それでも、世界レベルの神姫は戦うことができる。それも人が知覚できない程の戦闘技術でだ。なんでだと思う?」
「……多分、自分のオーナーを信頼して一緒に戦っているからじゃないですか? よくは、まだ、わからないですけど……」
「ふむ、それも一つの答えでもある。神姫オーナーそれぞれに無数に正解はあるのだよ。わたしもキミも持っている。だが、私が、仮に、あえて言うなら人と同じ“成長する”ということかな」
「んん?……」

 口を紡いでしまう僕。
 君島さんはこういう焦れったい説明が好きならしい。

「つまりはだ、プロのスポーツ選手と同じだ。血の滲むような練習をして、強豪から勝利を勝ち取る。……そして勝てない神姫も成長して勝てるようになる」
「それは正論ですけど……うーん……」

 数年の時間をかければ、いずれはバトルで勝てるようになると思う。だけど、そんなにかけられない。僕は――いや、僕たちは、宮本さんとイスカが目標なのだ。日本を離れる前に、なんとかしたい。悠長にしてられないよ。

「おやおや、長倉君は早急に答えが欲しいらしいな。それで、参っているようだね。しかたない、な。ここはいっそのこと私が手ほどきをしてみようか?」
「えっ!?」

 この人、君島さんならなんかやってくれそうな予感が……だけど……。

「ふ、神姫オーナーになって日は浅いが、キミよりかは幾分、私は大人なのだぞ? 生き方をキミのような子どもたち、色々と抱えている神姫たちを導くことなど容易いのだよ」
「……君島さん」

 この人なら、どうにかすることもできるのではないか? シオンを拾った時も君島さんのアドバイスで進展したんだ。だったら、君島さんに任してみるのもいいと思う。……そんな気がする。

「ただし、私のやり方はスパルタだぞ? ついて来れるかはキミたち次第だ」
「……はい、お願いします!」

 君島さんの手を両手でガシッと握る。
 シオンが普通になるまで、どんなことでもやってやる。そう意気込むと、僕はやる気で満ち満ちてきた。
 ――よぅし、やってやるぞ!


「こちらのお弁当は温めしてよろしいでござりますか?」
「きゃー、忍者っぽいお人形が店員やってるー! かわいいー!」

 いけない。アルバイトの最中だった。
 しかし、優秀すぎるなリンレイは。
 僕たちが話をしている間、一人でいつの間にか店番をやっていた。


――――


 次の週末に、君島さんは僕たちがいつも行くゲームセンターで、『授業』をしてくれると約束してくれた。
 それで、今日は、ちょっと用事ができてシオンとお出かけしている。

「本当に、これ、いらないの?」
「私は、あのクレイドルを使っていたいですし、別の人が使ってくれたほうがいいと思います」

 僕が持つ紙袋にはクレイドルが一つ入っている。
 キズのある方ではなく、宮本さんから預かった方にあった、もともとシオンの、あまり使われていない方のクレイドルだ。
 前に使っていたのより、今は貰ったキズのあるこっちを使いたいらしい。
 武装を本格的に譲り受ける決意をして、クレイドルの使い道がなかったから、これはどうしようかと考えていたら、

「アリエさんが言ってたんですけど、オーナーの霧静さんの伯父さんがショップを経営してるらしいですので、そこで、相談したらどうですか」と言ったのだ。

「あと……『ゲルリン☆ヂェリー』も、あれば欲しいのですけど」とも言った。

 二人を強制シャットアウトさせたあの飲み物。シオンにとってクレイドルはついでで、どうやらそっちが本命らしい。 
 いや、まあ、シオンが自分から欲しがるのは別にいいんだよ。
 ……いいんだけど、なんでよりによってアレを欲しがるんだよ。 


 目的地は霧静さんから聞いている。
 僕が住んでいる町の駅から少し離れて、線路の向こう側、そこの商店街になっている地域だ。
 夕方なので、買い物帰りであったりする主婦さんたちが多い。他には僕と同じ学生の人だったり、会社帰りのサラリーマンが見える。
 霧静さんの伯父さんが経営してる神姫ショップがこの商店街の端の方にあるらしいのだ。
 大型のチェーン店とかじゃなく、自営業でやっているらしい。
 武装神姫は年々流行ってきているので、商売ならそういうのに乗り出すのも悪くはないのかもしれないなと思った。ただの素人の考えだけど。

「えーと……これか」
「これってなんて読むんですか?」

 目的のお店についた。
 見上げれば店の看板。「MMSショップ『Blacksmith』」と大きく書かれている。
 店の前には大型ガラス内に武装パーツが展示されていて、向こう側の中の様子が少し見える。

「……ブラックスミス。大体は鍛冶屋とか鍛冶職人を意味してるね。ファンタジーの小説でも時々出てきたりするけど」
「ああ、そういえば」

 ファンタジー色を強く感じる。エレメンティアなんて名称が付く武器を作るくらいだ。そういうのが好きなんだろうな、なんて一発でわかる。
 そう思いながら僕は店のガラス戸を開ける。

「いらっしゃやせー!……ってあら? ケートん、シーちゃんじゃない」
「あ、アリエさん。こんばんわ」

 店のカウンター、台上にはなぜか見覚えのある神姫、アリエがいた。
 最近は神姫でも店番できるような設定になっているのか。

「……なに、その挨拶の仕方……」
「ゲンさんのマネだよー。……あ、ゲンさんっていうのは3軒隣の八百屋の源内さんね。言いやすいからからマネしてるんだー。いらっしゃやせー」
「まあ、アリエがいいなら、それでいいんじゃないかな。ちなみに、なんで店番してるの?」
「あの後、リミちんに店からヂェリカンをパクっ……拝借したのばれててさー。労働で返しなさいってさー。まったく、リミちんは真面目なんだからー」
「倒れてれば、そりゃばれるって」

 嫌な事件だったよ。
 シオンは会話にも入らずキョロキョロと店内を見渡している。
 ああ、事件を引き起こしたアレを探してるみたいだ。

「『ゲルリン☆ヂェリー』ってどこにあるんですか?」
「えぇ!? あれは、そっちだよー。あははー」

 さすがにアリエも、あれはもう勘弁したいらしい。
 店内の奥の方を指差してながらも、目が泳いでいる。

「螢斗さん、見てきてもいいですか?」
「……いいと思うよ」

 僕の肩に座っていたシオンを床に降り立たせる。
 ちゃんと神姫だけでも選べられるように、神姫の目線で、棚の商品の一部が床の台に置かれている。
 工夫されている店内だ。
 それにMMSショップ・ブラックスミスは、品揃えが豊富そうである。
 シオンがいる方は、パーツやら武装やらが綺麗に箱詰めだったり、袋詰めで置かれてたりする。ついでにヂェリカンも並んでいる。
 反対方向、僕から見て右側は、武装神姫の、CSCのない素体がガラスのケースで見本に置かれているみたい。
 大型店じゃないから神姫の種類はそんなにないみたいだけど。
 でも『鍛冶屋』っていうくらいだから、もしかしたら武器に趣を置いているのかもな。
 だからって、変なヂェリカンも置かないでほしいな……。

「あちゃー、シーちゃん。アレを気にいっちゃったか。ますます変な神姫だねー」「……アリエもね。それより、これを引き取ってほしくて、来たのだけど」

 紙袋から真新しくもあるクレイドルを取り出す。それをアリエの前に置く。

「ふーん、クレイドルかー。こういうのは店長だねー。ちょっと待ってて……テンチョー!!」 
 アリエがカウンターから降り立って、奥の方に声を掛けながら消えていった。
 霧静さんの伯父さんらしいけど、どんな人かな?
 優しい人だといいな。

 お、奥から大きそうな人影が、


「おう。おめぇさんかい! クレイドル引き取ってほしいってぇのは」


 まず、シャツを腕捲りしていて、筋骨隆々の体格が目についた。
 黒いエプロンをしていて、胸元に「Blacksmith」と白い文字でプリントされている
 でも、頬に切られたような傷があるのはどうしてなんだろうな~。
 滅茶苦茶、怖いな~。

「ええ、そ、そうです。……でも、お金とかにしたい訳では、なくてですね、あの、その、いらなくなったから、別のオーナーさんに役立ててほしくて、ですね……」
「なんだとぉ!?」
「ひぇっ! あああ、あの……」
「偉ぇな!!」

 間近、しかも怖い形相の顔で両肩を力強く掴まれる。正直言うと痛いのだけど、なにも言えない。
 ……正直、すごく怖いです。

「そうかぁ!! いやー、クレイドルだけ欲しがる奴なんて、そこらじゅういやがるから、そういうのは正直ありがてぇ。それに、金はいらねぇってかい。今時の子にしては偉ぇ!!」
「テンチョー、ケートん、怯えてますよー。怖がらせないでくださいねー。一応、リミちんのお友達なんだからねー」
「おぉい!! それを早く言えよ!! 璃美香の友達ならサービスするぜ。ゆっくりしてくれぇや。だけど、璃美香はアリエ預けただけで、まだ学校だけどな。ガッハッハ!!」

 バンバンと肩を叩かれる。ものすごく痛い。
 2メートルはあろうかとおもわれる巨体、それでいて、声もものすごく大きい。
 元、ヤのつく職業の人か? 
 でもなんでこんな人が武装神姫のショップなんかやっているんだろうか。こんな人が神姫を愛でてるとか……ありえないです。

「はいはい、ちゃんと傷とかは隠してねー。初めてのお客さんは大抵テンチョー見ると怯えて逃げちゃうんだからさー。……はいこれ、絆創膏っすよー」
「お! すまねぇな」

 慣れた手つきで、引き出しから絆創膏を取り出すアリエ。
 それを受け取って店長さんは自分の頬に貼る。
 なんとか傷は絆創膏で隠れてくれたけど、脳裏から離れない。

「あはは、怖かったっしょー。でも、この傷はただ単に事故ってできたのだから心配しないでー。図体の割に、この人ただのゲーオタだから。極道関係者とかでもないよー」
「……ああ、そうなんだ」

 ゲーム好きなカタギか。なんだ、よかった。胸を撫で下ろす気分だ。本当によかった。

「ゲーオタは余計でい!!……あっちにいるのがボウズの神姫かい?」

 親指でシオンを指差す。
 三つぐらいヂェリカンを持って来るシオンの姿が。……おいおい。

「そうです……シオン、そんなに買うの?」
「螢斗さん、いいですか?」
「――うん、いいよ」

 上目遣いで言われたら拒否できない僕がいる。例え間違った買い物でも即答してしまう。

「おお!! それを欲しやがる神姫がいるとは。おめえさん気に入ったぜ」
「テンチョー。あんな危険物置くの止めましょうよー」
「そりゃ、できんぜ」
「なんでですかー?」
「武器は好きだ!! が、ヂェリカンも好きだ!! いずれは全国、果ては全世界のヂェリカン・シリーズを網羅して店内に置くのがオレの夢なんだぜ!!」
「武装を念頭に置いてくださいよー、武装を」

 アリエがツッコミに専念している。それがなんか珍しい。

「ふん、とりあえず、ボウズはこのクレイドルを善意で金もなしに売りたいってわけかい?」
「まあ、はい」
「そっかい、そっかい。……ちょっと待ってろい」

 言うと店長さんは奥に行って、すぐ戻ってきた。

「――礼に、コイツをやんぜ」
「いいんですか?」
「こちらも商売なんでな。等価交換ってやつさぁ」

 カウンターにコロンと何かを置いた。両手にそれぞれ持つような、二つのナックル状の武器。

「ありがとうございます。……でも、これって」

 神姫用の武器だろうけど。えっと、どこかで見たことあるような……?

「ボウズの神姫、アーティル型なんだろ。こいつはアーティルのアレだ、アレ。……なんだっけっか?」
「テンチョー、これは『ぺネトレートクロー』っすよ……形状がどことなく違いますけどねー」
「そうだった、そうだった。突然アイデアが降ってきてな、こいつは俺が暇で作った公式風味のオリジナル武装『ぺネトレートクロー・烈』だぜ。最新作だ。俺は暇つぶしでも、本気を尽くす男だからな。ガっハッハ!!」
「だったら、こういうオリジナル武装、いっぱい作ってひと儲けしましょうよー」
「ソイツはもう正式な申請とっといたが、いちいち神姫会社に申請するのが、時間が掛かるし……なにより面倒だぜ!!」
「もう、永久閉店しちまえー」

 とりあえず、変なやり取りが展開されているが横に置いておく。
 そうか、これって。アーティル型装備の一つか。
 いずれは揃えようかなと思っていたけど、こんなところで手に入るなんて。
 それも特別製らしい。

「……どんな感じ?」
「何か、しっくりくる気がします。すごく、使いやすそうなんですけど……でも、バトルで、私なんかがちゃんと使いこなせるかどうか、心配です」

 手に持って、ブンブンっと素振りをしている。
 シオンは武装だけが立派になるのを引け目に感じているみたい。

「大丈夫、大丈夫。次、やる時は秘密兵器の先生が来てくれるから。その人ならなんとかしてくれる……はず」
「……できるでしょうか」

 期待はしているんだよ……しているんだけど不安。
 そんな感情に雁字搦めになっていく僕。
 成せばなるのか……なぁ。

「なんども言うっすけどねー。店の名前『ブラックスミス』なんだからさー、ヂェリカンはいらないでしょー」
「バカたれぇ!! RPGには、回復アイテムが必要だろうが。神姫ショップに武器屋も道具屋もないだろうからなぁ!!」
「ここはリアルっすよ。ゲーム内じゃないです。それに私は、そのアイテムで死にかけたんですけどねー。このゲームオタク店長めー。毒物は店に置いちゃいけないでしょー!」
「好きになった神姫が目の前にいるだろうが!! ゆえに毒物じゃねぇ。俺は置き続けるぜ!!」
「もう、店畳んじまえー」

 呆れる神姫店員アリエと、巨体&大声の店長さんがどっちも止まる様子がない。 とりあえず、一番に声がでかすぎる。
 会話がうるさくて、近所迷惑になりそうだから、帰る前に止めていかないとな。
 不本意だけど、このヂェリカンの会計もしたいし。
 ……これからブラックスミスは行きつけのお店になりそうだなーと思った。
 店長が怖いけど、悪い人ではない。

「ぐだぐだうっせぇ神姫だぜ。スクラップにしてやろうか!? あぁん!!」
「へぇー、そんなこと言うんだー。それしたら、リミちん一生テンチョーに口利かなくなりますよー。それでもいいんですか、チクりますよー?」
「すまん!!!!」

 アリエに潔く土下座する店長さん。
 うん、いい人だ。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー