メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キズナのキセキ

ACT1-19「親友だから その1」




 不穏な空気を察したのか、多くのクラスメイトたちが足早に教室を立ち去っていく。
 夕方の色が見え始めた教室に残されたのは、美緒、梨々香、有紀、涼子、そして安藤の五人。
 口火を切ったのは、美緒の肩を押さえた有紀だった。

「最近、何やってんだよ。あたしたちに隠れてコソコソと」

 有紀の言葉遣いは男っぽいし、声も大きい。だから、こういう不機嫌なときの口調には男子顔負けの迫力がある。
 しかし、美緒はその迫力にも気圧されず、果敢にも有紀を睨み返していた。

「言ったでしょう? 用事があるの。大切なことよ」
「今、あたしたちがしてる特訓よりも大事なことかよ」
「そうよ」
「なんだよそれ。チームがバラバラなこのときに、自分たちが強くなるほかに何が大事だってんだよ!」

 美緒をつかんでいる手に力がこもる。
 美緒は一瞬だけ、安藤と梨々香に視線を送った。二人とも真剣な顔で頷く。
 この場は美緒に託された。緊張で心臓が大きく鳴り、いまにも口から飛び出してしまいそうだ。
 しかし、美緒の声はひるむことなく、しっかりとした口調で応える。

「遠野さんの仕事を手伝っているの」
「遠野さん!?」

 血相を変えたのは涼子である。彼女の師匠たる男は、病院から忽然と姿を消して以来、ゲーセンにも現れないし、連絡も取れない。

「美緒、遠野さんはどこにいるの!?」
「今、遠野さんは、菜々子さんの側にいる」
「な……」

 涼子は絶句する。目を見開き、驚きの表情で。
 けれど、その表情も一瞬。次の瞬間には、憤怒をあらわにした顔で、怒声を発していた。

「そんなことあるわけないでしょ!? 自分に重傷を負わせた女の側に、なんでいるのよ!」
「……『エトランゼ』を『狂乱の聖女』に勝たせるためよ」
「……はあ!?」
「ミスティの新しい装備を試しているの。その作業で忙殺されてるわ。わたしたちはそれを手伝ってる」
「そんなの信じられない! 遠野さんは、あの女にだまされてるのよ!!」
「そんなこと、あるわけないでしょう。そもそも、『エトランゼ』を勝たせるって言い出したのは、遠野さんなんだから」
「あんたに、遠野さんの何が分かるのよ!」
「……涼子、あなたこそあの人の何が分かってるって言うの?」

 美緒の静かな問い。
 涼子は怯んだ。美緒の真っ直ぐで冷静な視線に気圧される。その瞳には憐れみの色さえ浮かんでいるようだ。
 そして思い知らされる。今の涼子は、遠野のことを何一つ理解できていない。それでも、小さく言い返したのは彼女の意地だった。

「……わたしは、あの人の弟子よ。涼姫の装備も戦い方も、あの人から教わった」
「それを言うなら、わたしだって、あの人の弟子だわ。遠野さんから、バトルロンドの戦術や作戦を教わってる。今も、遠野さんに作戦の一部を任されているんだから」

 そう言われては、ぐうの音も出ない。
 しかし、涼子は納得できない。遠野が菜々子に手を貸していることも、そして美緒たち三人がそれを手伝っていることにも。その原因は明らかだ。久住菜々子への不信である。

「だいたい、あんたたちは……あの女を許せるの!? 神姫を使って、遠野さんを傷つけたのよ!?」
「それは菜々子さんのせいじゃないわ」
「……何言ってんの!? あの女のせいに決まってるじゃない!」
「遠野さんがそう言ってるのよ」
「は!?」
「だから、遠野さん自身が、菜々子さんのせいじゃないって、はっきり言ってるの。だから菜々子さんを許す、許さないの問題じゃないのよ」
「うそよ!!」
「嘘じゃない。退院するとき、俺と大城さんにも、はっきりそう言った」

 安藤がきっぱりと言いきった。
 涼子が驚きに目を見開いたまま、安藤を睨みつける。
 被害者である遠野自身が、菜々子の罪を赦すというのか。いや、それどころか、菜々子は無実だという。
 とうてい受け入れがたい話だ。
 だが、友人たちの言葉に嘘は感じられなかった。
 心の中で感情が激しく渦巻き、結局涼子は、ただただ彼らを睨みつけることしかできないでいる。
 すると、今度は美緒が眉根を寄せ、目を細くして涼子を見た。普段は決して聞くことのできない、美緒の不信を宿した低い声。

「嘘だと思っていてもいいわ。でもそれじゃあ、遠野さんの心に近づくなんて、一生かかってもできない」
「美緒……あんた……」

 応えた涼子の声は震えている。美緒は厳しい表情を崩さずに、告げた。

「菜々子さんがあんな風に落ち込んでいなくなれば、遠野さんは自分のものになるって思ってた?」

 その一言は涼子の心をえぐるナイフだった。
 涼子の右手が反射的に動く。
 教室に響く乾いた音。
 目の前にいたリーダーの頬を平手で張っていた。
 梨々香と安藤が、肩をすくめるのが見えた。
 次の瞬間、涼子の左頬が音を立て、二人が視界から消えた。視線が横にずれたのだ。鳴った頬が少し痛む。
 叩き返された。
 そう理解した瞬間、涼子の頭は沸騰した。

「美緒っ!」
「厳しいことだって言うわよ! 親友なんだから!!」

 般若のごとき表情で振り向いた涼子は、はっとなって息を止めた。
 なんで美緒の方が……ひどいこと言って、叩き返したあんたの方が、痛そうな顔してるのよ……。
 美緒はさらに声を張り上げた。

「今の涼子は間違ってる! 女の子の気持ちとしては正しいかもしれないけど、自分の気持ちだけしか考えてない!
 あの人は……遠野さんは、もっとずっと違う、遠くの方を見ているのに!!」
「……」
「菜々子さんだって、そう。恋人を傷つけたりもしたけど、それでも立ち上がろうとしてる。前を向こうとしてる。
 わたしだって、菜々子さんにわだかまりがないわけじゃないけど……でも、あの人は半端じゃない。本当に心の底から、命を懸けても大切な人を取り戻したいって、思ってる。
 だから、応援したいって思うの。わたしだけじゃない。安藤くんも梨々香も大城さんも……あそこに集まってくる人は、みんなそう。
 あなたたちのように、自分の感情だけ抱えてちゃ、前に進めないのよ……!」

 美緒は瞳に涙をため、はあはあと荒い息をつきながら、言い切った。
 美緒には、涼子と有紀の気持ちも痛いほどよくわかっていた。大切な人が憧れた人に傷つけられた理不尽さ、憧れの人に裏切られた悔しさ、やるせなさ。それは美緒も少なからず感じている。
 だから、涼子たちに厳しい言葉をぶつけるのは、つらかった。
 でも、自分が言わなければ、二人とも、そしてチームのみんなも、美緒自身も、暗い気持ちに捕らわれたまま、前に進むことはできない。
 だから心を鬼にしても、二人に伝えなければならなかった。それが美緒にしかできない……親友にしかできない、役目だから。

 教室に沈黙が降りた。
 涼子も有紀も、言葉もなく俯いている。
 やがて、有紀の手が美緒の肩からはずれ、ぶらりと力なく垂れ下がった。

「……あたしは納得いかねー」
「有紀……」
「だから、美緒。遠野さんたちのところに連れてってくれよ。何をしようとしてるのか、自分の目で見て、耳で聞いて……あたしゃバカだから、そうしなくちゃわかんねー」
「……そうね」

 有紀に続き、涼子は顔を上げた。

「わたしも行く。遠野さんに、どうしてあの人に力を貸すのか……理由をちゃんと確かめたい」
「有紀……涼子……」

 美緒はため息をつくように二人の名を呼ぶ。
 わかってくれた。
 完全に理解してくれるにはほど遠いけれど、少なくとも、遠野さんに会ってくれるところまでは。
 いまさらのように手が震え出す。
 このままチームが解散し、親友とも別れてしまうのではないか。
 話している間中、恐怖に駆られていたのは美緒の方だったのだ。



 美緒たちは連れだって、F駅前を抜け、住宅街へと歩みを進める。
 涼子と有紀は、久住邸に行くのは初めてだ。
 安藤が先頭に立ち、勝手知ったる様子で先導していく。それが涼子には少々気にくわなかった。一番後にチームに入った初心者のくせに、どうして一番先に遠野に呼ばれたのだろうか。
 ただ、安藤が一番感情的でなかったことが、その要因の一つであることは、涼子も理解していた。
 五人は会話もなく静かに歩く。人気の少ない住宅街に五人の足音だけが響いていた。

 しばらくして、久住邸の近くに来たとき、人影が現れた。

「あ、あの人たち、神姫連れてる!」
「よし、聞いてみよう」

 中学生だろうか、かわいいカップルが安藤の方に寄ってくる。

「あの、すみません」
「どうしたの?」

 男の子の方が話しかけてきたので、安藤はほほえみながら答える。
 隣の女の子も神妙な顔をして安藤を見つめている。

「ええと……久住さん……だっけ?」
「そうそう。久住菜々子さん」
「その久住さんという人のお宅を捜しているんです。神姫のマスターなんですけど……知ってますか?」

 安藤たちは顔を見合わせた。
 美緒が一歩前に出て、年下らしい二人に話しかける。

「あなたたちも、菜々子さんに呼ばれたの?」
「はい!……っていうことはご存じなんですね!?」
「もちろん。わたしたち、菜々子さんと同じチームだもの」

 涼子と有紀が微妙な表情をしたような気がしたが、美緒はあえて無視した。
 女の子はなぜか、

「ええ!? 菜々子さんがチーム!?」

 と驚くことしきりである。そんなに驚くことだろうか。美緒は内心首を傾げる。
 すると、今度は女の子の肩のあたりから声が聞こえてきた。
 見れば、声の主はフォートブラッグ型の神姫である。特徴的なバイザーを跳ね上げ、女の子に視線を送っていた。

「ほらハルナ。あなたが間抜け面さらしてるから、みなさん困っているではありませんか」
「今、さらっとひどいこと言わなかった!?」
「いいえ、気のせいです。ハルナこそ、「サラがさらっと言った」という低レベルなシャレに「あたしうまいこと言った!」なんて自画自賛しているのでは」
「思ってない!」
「それよりもハルナ、あなたが話を飛ばすから、みなさんが困っているではありませんか」
「話飛ばしたの、あんたでしょうが!」
「すみません、みなさん。わたしのマスターの躾がなっておらず、ご迷惑をかけてしまい、このわたくし、マスターに成り代わり、謹んでお詫び申し上げます」
「ちょっとこら、話聞けーーー!?」

などと、延々と漫才が続く。

「いつものことなので……案内お願いします」

 男の子が苦笑しながら促したので、みんなやっと動き出すことができた。
 それにしても、と美緒は思う。
 この可愛らしい二人はどれほどの実力だというのだろう? 久住邸に呼ばれるくらいだから、見かけに寄らず、相当な実力の持ち主なのだろうか。
 一行が久住邸に着くと、

「あらぁ、可愛いカップルね♪」

と言いながら、頼子さんが出迎えてくれた。
 照れくさそうにしている二人がまた可愛らしい。
 家に上がると、ハルナと呼ばれた女の子は、一気に緊張したように見えた。
 美緒も緊張する。この後、どんな展開が待ち受けているのか、気が気でならない。
 いつものように頼子が襖を開く。

「うわぁ……」

 カップルの二人が、部屋の様子に感嘆の声を上げる。
 美緒が隣を見れば、涼子も有紀も、呆気にとられた様子だ。
 特訓場の広間はすでに対戦の熱気にあふれていた。

「ん? ……誰か来たな」

 広間の一番奥、いつものようにデスクトップPCの前に陣取っていた遠野が顔を上げる。
 菜々子もちょうど対戦を終えたところで、遠野の声に釣られてこちらを見た。

「あっ……」

 途端に気まずそうな顔になる。
 それでも、遠野が菜々子を促すから、菜々子は立ち上がって来客を出迎えた。
 菜々子の手に乗ったミスティが、女の子の肩にいる神姫に気がつく。

「あら? サラじゃない」
「ミスティ、お久しぶりです。このたびはお招きに預かりまして」
「まあ、呼んだのはタカキだけど」

 ミスティは肩をすくめて苦笑する。
 遠野はミスティの言葉に続けた。

「ようこそ」
「来てくれて、ありがとう。ハルナちゃん、八谷くん……それと、有紀ちゃんと涼子ちゃんも」

 菜々子の弱々しい微笑から、涼子は目を逸らした。
 そんな後ろのお姉さんたちの態度に気づかず、もういっぱいいっぱいの顔をした女の子は、ロボットのような動きでお辞儀をした。

「お、お、お、おひさしぶりですっ、菜々子さんっ」
「……そんなに緊張しなくても」
「いいえっ! 菜々子さんは憧れの神姫マスターですから!」

 緊張しながらも、菜々子との再会に嬉しそうな春奈。
 その明るい顔を、菜々子は見ていられず、そっと視線を逸らす。

「わたし、憧れてもらうほど、上等な人間じゃないわ……」
「え?」
「ううん、なんでもない」

 菜々子が微笑んでみせると、春奈はまだクエスチョンマークを頭上に浮かべていたが、とりあえずそれ以上は突っ込まなかった。
 その微笑みはあまりにも弱々しくて、有紀は見ていられない。いつも自信と活力にあふれた師はここにはいない。そして、師をそうしてしまったのは、自分たちにも原因がある。そのことに有紀の胸は鈍く痛んだ。
 そんなことを考えている有紀の隣に、大きな人影がたった。
 チームメイトの大城だ。

「なんだなんだ。また新しいメンツか?」
「お邪魔します。ぼくは八谷良平です。こっちはぼくの神姫で、マイ」
「よろしくだなん!」
「あ、七瀬春奈です。ほら、あんたも挨拶なさい」
「わたしはサラ。見ての通り、フォートブラッグ型です」

 大城が眉間にしわを寄せ、凶悪な面構えになる。八谷は一瞬ビビってしまった。
 やがて、記憶をたぐり寄せるように、大城が呟いた。

「フォートブラッグのサラって……もしかして、『デザート・スコーピオン』か?」
「……そのあだ名、好きじゃないんですけどねぇ」

 サラがそう言うと、大城は強面を解いて、目をまん丸くしていた。

「なんだ、有名なのか?」
「遠野、お前な……『デザート・スコーピオン』と呼ばれるフォートブラッグっていやぁ、知る人ぞ知る神姫だぜ。
 ウソかホントか、砂漠ステージの勝率がまさかの十割……つまり、負けたことがないってんだからな」
「……まさか」
「本当よ」

 遠野が苦笑いしそうになったその時、ミスティがはっきりと肯定した。

「わたしと菜々子も、その噂を聞いてサラと対戦しに行ったけれど……砂漠じゃボロ負けだったんだから」
「ほう……」
「もっとも、砂漠以外じゃボロボロだけど」

 マスターの春奈が肩をすくめて苦笑する。
 遠野は頷くと、新たに来たメンバーを見回し、こう言った。

「ここでの決まり事は必ず守ってもらう。
 ……なに、難しいことじゃない。
 一つは、俺の指示は最優先にしてもらう。といっても、大方はミスティとの対戦順についてだから、気をつけてもらえれば問題ないはずだ。
 次に、ここでのことは他言無用だ。ネットへの書き込みや、ゲームセンターで話題にすることも禁止。必ず守ってもらう。
 それから、神姫に記録されたバトルログも持ち出し禁止だ。ここのVRマシンを使っても、バトルログは神姫側に記録されない。だが念のため、データのバックアップは、あくまで自宅のPCで行ってくれ。帰りがけにゲーセンや神姫センターに行くのは禁止だ。もし、バトルログが必要であれば、この特訓が終わった後に、メディアで提供する。それまで待ってほしい」

 これは遠野が新しいメンバーが来るたびに説明していることだ。美緒も梨々香も、ここに来たとき最初に説明された。
 多少窮屈に感じるかも知れないが、対戦は『エトランゼ』優先、ここでのことは他言無用、と考えれば問題ない。
 飲み込みが早かったようで、春奈と八谷はすぐに揃って頷いた。
 遠野は微かに笑みを浮かべて頷く。

「それじゃあ早速だけど、実力を見せてもらえるか? 奥の対戦台で、菜々子さんと対戦してくれ」
「じゃあ、早速対戦しましょうか」
「はい!」

 春奈は菜々子に促されるままに、部屋の奥へと歩いていく。
 そんな彼女の姿を、八谷はあたたかい微笑みで見守っていた。

「春奈はずっと久住菜々子さんに憧れていましたからね。「菜々子さんこそ、神姫マスターの理想よ!」なんて言って」
「言葉遣いとかしぐさを真似してたりしたけど、結局すぐにボロが出て、身につかなかったんだなん」

 八谷とマイはそう言って苦笑する。
 側にいた遠野たちは皆笑っていたが、涼子と有紀はどうしても笑う気になれなくて俯いた。
 あの子も、あの人の正体を知ったら、憧れてるなんて言えなくなるに違いない。自分たちのように。彼女の小さな後ろ姿は、かつての自分たちの姿に重なって見えた。あの頃のまま、無邪気に憧れさせてくれればよかったのに。

 八谷にもとりあえず座るように促し、遠野は改めて今日やっとここへ来たチームメイトたちを見た。
 菜々子を除くチームメイト全員が顔を見合わせる。
 まず、大城が相好を崩した。

「涼子ちゃんも有紀ちゃんも、やっと来たなぁ」

 大城はのんきすぎる。涼子は少しいらだちながら、遠野を見た。
 久しぶりに見る遠野は、腕と肩に巻かれた包帯が痛々しい。顔色もまだいいとは言えなかった。相当無理をしているようだ。
 自分のけがを押してまで、何をしているのか。涼子のいらだちはさらに募る。そう、それを問いただしに、わたしはここまできたのではないか。

「遠野さん……これはどういうことなんですか」
「……もう八重樫さんから、ある程度聞いていると思ってたんだが?」
「そ、それはそうですけど……」

 涼子が尋ねたのはそう言う意味ではなかった。
 なぜ遠野が菜々子に肩入れするのか。
 そういう意味で尋ねたのに、あまりにもあっさりとスルーされてしまい、涼子は言葉の矛先を見失う。
 今度は有紀が言った。

「遠野さんは平気なんですか?」
「何が?」
「だって、神姫をけしかけられて、大けがしたのは遠野さんでしょう!?」
「それは君らの認識が違う。このけがに、菜々子さんは何の責任もない」
「そんなはず……!」
「ないんだよ。半分は俺のせいだし、もう半分に菜々子さんの責任はない。その確証がある」
「……それって、なんですか?」
「言えない」
「なんで!?」
「言えない理由があるんだ。すまんな」

 それだけ言って、遠野は話を切り上げた。
 遠野は多くのことを余りにも秘密にしすぎていて、とりつく島がない。
 だから、涼子と有紀が途方に暮れるのも無理はない、と美緒は思う。
 二人よりも先に出入りしている美緒だって、最初から呼ばれた安藤や大城でさえ、遠野の考えを伺い知ることができないほどなのだから。



 翌日の放課後。
 立ち上がった美緒は、有紀と涼子に声をかけた。

「今日は……どうするの?」
「行くよ」

 有紀の答えは意外にも即答だった。

「納得は行ってねーけど、ゲーセンでくすぶっているよりは、ずっとマシだからな」

 涼子は無言で頷いている。
 美緒は心の中でほっとした。ようやく久住邸に連れて行くことができたのに、通わないのでは意味がない。
 あとは、早く納得してくれて、対戦を楽しんだり、遠野さんを手伝ってくれたりすればでいいんだけど。
 美緒の心配はまだ終わりそうもない。









| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー