メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『南十字星』とは、沖縄県那覇市よりも南側で見られる一番明るい星と三番目に明るい星、二番目に明るい星と四番目に明るい星をそれぞれ線で結んだ時に十字架に見えることから名付けられた、正式名称『南十字座』です

少佐率いる『南十字隊』はそれにちなんで名付けられ、少佐のコードネームである『α』もまた、『星座の中で一番明るい星』という意味でつけられています



「…『α』は、あくまでコードネームであって、本名ではないからな」

「自分の『β』もだ」

「私の『γ』もでありますよ?」

……あの…少佐、大尉、曹長…わたしのモノローグに語りかけないで下さいませんか?







第一話 ようこそ、南十字隊へ



前述の通り『南十字座』は四つの恒星で構成された(シャレじゃないですよ?)星座ですが、少佐率いる『南十字隊』には隊員は三人だけでした

ムルメルティア型でコードネーム『α』の少佐

フォートブラッグ型でコードネーム『β』の大尉

ゼルノグラード型でコードネーム『γ』の曹長



……あ、先程からコードネームやら階級やらでお呼びしていますが、お三方ともちゃんとした本名があるのですよ?(わたしは教えてもらってはおりませんが)

それに階級の方も士官階級ばかり並んでいるのですが、特に深い意味はないらしいです

ただ上下関係をわかりやすくしているだけ…という解釈をわたし個人でしています



……あ、申し遅れました

わたしは新しく『南十字隊』に入隊した飛鳥型で、コードネームは『δ』(「でるた」と呼んで下さい)階級は『一等兵』をいただきました

本名の方は非公開ですので、あしからず



さて、普通は「新入隊員が入ったらまずはその起動シーンから」というのが物語の『お約束』かとは思うのですが、現実はそううまく行かないようです

今回のお話は、そんなわたしが『南十字隊』に入隊するときのお話です

ぶっちゃけ面倒なセットアップのシーンとかはカットして、わたしのログに色濃く残っているところから物語を始めます






わたしは昨日の深夜にセットアップを完了したばかりでして、高城・ミッシェル・千尋さま(皆さんが『総帥』とお呼びしているので、次からはわたしも統一しますね)にマスター登録していただいた後、「後のことは少佐達から聞いてね」とのお言葉をいただいてクレイドルの上に戻されました



わたしのマスターになってくださる方ですから、もう少しお話させていただきたかったのですが…

それに…この『体』の事も詳しく聞かせていただきたかったのですが、他ならぬマスターの命令ですのできかない訳にもいきません

次に目覚めるときに『少佐』という方から詳しく聞かせてもらえるだろうと考えながら、クレイドルに身を預けてスリープモードに入りました





次に目を覚ましたのは、スリープモードに入ってから約五時間後の事でした

クレイドル側からの起動コードを確認していないのに目を覚ました事にわたし自ら不思議がっていたのですが、その疑問は割とすぐに「あぁ、この『体』のせいか…」と自己解決しました

ゆっくりと目を開けると目の前にはマスターではなく、三人の神姫がわたしを見ていました

「…目が覚めたようだな、新兵」

真ん中にいたムルメルティア型さんが、目覚めたばかりのわたしに声をかけました

「あ、いえ、私の名前は『しんぺい』ではなく…」

「本名は非公開だ。貴君も、私もな」

いきなり私の事を登録された名前と違う呼び方で呼んだ事に訂正を入れようとしましたが、言い切る前に言葉を遮られてわたしは二の句を詰まらせてしまいました

「…あの…えっと」

わたしが何を話そうかと困惑していると、ムルメルティア型さんが左にいたフォートブラッグ型さんに一言言ってこの場を離れていきました

右にいたゼルノグラート型さんもそれについて行かれました

残されたわたしはどうしたら良いのかわからず、困惑は増すばかり

そこに差し伸べられたのはわたしと共に残されたフォートブラッグ型さんの手でした

「とりあえず、立て」

「…あ、はい、すみません」

わたしはその手を取って立ち上がり、改めて自分の『体』の状態を確認してしまいました

……わたしは今、『裸』なんです

通常の神姫ならば「通常素体」と呼ばれるボディなので、神姫ならばデフォルトで非武装状態でも『恥』を感じる事はありません

ですが、わたしの体の今の状態は…いわゆる、人間の女性でいう『全裸』と同義でして…

改めて体中を見直すと、MMS素体に見られる関節ジョイントが見あたりません

首のあたりを触っても、肩からなめらかなカーブを描いて首があり、その上に頭があります

これでは、まるっきり……

「『人間』の体と変わらないではありませんかー!」





……わたしの叫びから、たっぷり数秒

「…落ち着いたか?」

フォートブラッグ型さんは待っていてくれたようです

「…あ、はい、すみません」

本日二度目の同じフレーズをフォートブラッグ型さんに返しました

「では、これを着ろ」

フォートブラッグ型さんが出してくれたのは、丁寧に折り畳まれた軍服の上下と……

「神姫サイズの、女性用の下着、ですか…?」

「『その体』では必要だろう」

確かに必要ですが、あまりにもサラリと言われてしまったのでわたしは返す言葉も出ないままにそれらを身につけました

「…なかなか、様になっている」

すべて着終わったわたしを見て、フォートブラッグ型さんが一言感想を言って下さいました

「あ、ありがとうございます。それで、この『体』についてなんですが…」

「それについては少佐から聞くといい。あと、自分の事は大尉と呼べ」

あう…またセリフを途中で遮られてしまいました

聞きたいことを聞けぬままそこは次に向かう大尉について行くと、そこにはテーブルとイス、そして大きなホワイトボードが置いてありました(もちろんすべて神姫サイズです)
そこにはすでに先程のムルメルティア型さんとゼルノグラート型さんがイスに座っていました

「ようやく来たか。私はこの『南十字隊』の隊長、コードネームは『α』。階級は少佐だ」

あ、このムルメルティア型さんが少佐なのですね。しっかり登録します

「あらためて…自分がコードネーム『β』、階級は大尉だ」

登録済みですが、コードネームの件で上書きです

「そして、私がコードネーム『γ』、階級は曹長であります」

こちらのゼルノグラード型さんが、曹長ですね



……はて、わたしは?

「貴君には、コードネーム『δ』、階級は一等兵を与えるように承っている」

それがわたしの名前以外の呼び名なのですね?

しっかりと登録しました

「…では一等兵、貴君の我々『南十字隊』への入隊、心より喜ばしく思う」

「…君の入隊を歓迎する」

「これから一緒に頑張るであります!」



少佐、大尉、曹長の一言ずつと敬礼にわたしの胸はいっぱいなり、わたしも見よう見まねの敬礼を三人に返しました

「はい! 至らないところだらけかと思いますが、精一杯努力して頑張ります!」



こうして、この日からわたしは『南十字隊』のコードネーム『δ』となりました



「……一等兵、敬礼は右手だ」

「…はい、すみません」

前途多難ですけど、頑張ります












| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー