メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




 夢現で思うのは幼馴染の少年の事。
 何故だろうか、食い違ってしまったのは。

 (こんな筈じゃ無かったのにな)

 多分、“私”はあの悪魔と契約をしたのだ。
 覚めて行くまどろみの中で飛鳥はそう思う。
 バッテリーの充填率は3割。
 充分だ。
 飛鳥の巡航速度は人が走るより速い。
 今から出てもまだ間に合う。
 まだ、北斗を守れる。

「きっとその為に、私が此処に居るんだ」

 本来ならばバッテリーのチャージが終わるまで、決して起きるはずの無い武装神姫が目を覚ます。
 それは別段超常的な事ではなく、万に一で起こりうるただのバグ。
 ただ、それがココで起きた事はほんの微かな奇跡。
 飛鳥は未修復の千切れた右腕を押さえながら、夜の空に翼を広げる。

「行かなくちゃ!!」

 私が待ってる。



アスカ・シンカロン12

~賑禍~




「……はぁはぁ、間に合ったぜ」

 家から走って校門を乗り越え、窓を割って校舎の中へ。
 そして屋上まで階段を駆け上り、ジャスト15分。

「……やっぱり来てくれた。北斗ちゃんは私の事が大切なんだよね?」

 北斗ちゃん。
 その呼び方は……。

「……お前、やっぱり明日香なのか……?」
「どっちだったら良かったの?」
「え?」
「北斗は、夜宵ちゃんと明日香。どっちが良かったの……?」
「それは……」
「私は。どっちになればいいの……?」
「お前、何言ってるんだ!! そんなの、元もままで良いに決まってるだろ!!」
「……」
「だ、そうですヨ」

 明日香か夜宵かも定かではない少女の背後から、白い悪魔型が姿を見せる。

「やはり、貴女達は同じでなければ受け入れられなイ」
「……テメェ」
「さあ、考えましょウ。二人が同じになる方法ヲ。……そうでないト。……彼に受け入れてもらえなイ」
「テメェが元凶か!!」
「まさカ。私はただ提案しただけでス。同じだからいけないのかも知れないッテ」

 違えば。
 何かが変わるのだと。

「そしテ、それが誤りだったのではないカ、と。提案しているだけですヨ?」

 それを実行に移したのはカノジョ。
 実行に移させたのは。

「他ならヌ、貴方でス。神凪北斗」
「テメェをぶっ壊す!!」
「どうぞご自由ニ。でも良いんですカ? 私にかまけているト―――」
「…………」

 屋上のフェンスを、少女は昇り始める。

「……っ」

 どちらの名前を呼べば良いのか。
 その間に白い悪魔型が迫る。

「如何しましタ? ワタシを壊すならお早めニ。……でないト、でないト。……カノジョ死んでしまいますヨ?」
「……クッ!!」

 フェンスはそれほど高くない。
 あっという間に彼女の手がその縁に掛かる。

「待て!!」

 駆け寄ろうとする北斗の眼前に踊り出る白い悪魔。
 その爪が正確に北斗の眼を狙う。

「……チッ!!」

 腕で叩くが、さほどのダメージでもないらしく、すぐに次が来る。

「邪魔するな!!」

 彼女の片足がフェンスを越えた。
 白影は正確に眼を狙ってくる。
 払っていては、間に合わない。

「……!!」

 覚悟を決めた。
 目の一つ二つ奪われても、彼女の所まで辿り着く。
 それが先だ。

「無駄でス。彼女は死ニ、貴方も死ヌ。ソレがワタシの食事なのですかラ。邪魔をしないで下さイ!!」

 視界に飛び込んでくる爪が迫る。
 だが、足は止めない。
 払う暇も無い。
 彼女は既に重心をフェンスの向こうに。

「         ーーーッ!!」

 自分で。
 どちらの名前を呼んだのか。
 神凪北斗には自覚が無かった。

  爪が。

   フェンスを。

  迫る。

   乗り越えて。

  突き刺さる。

   落ちる。

 ―――直前。

「北斗!!」
「―――っく!!」
「!?」

 “吹き飛んだ”悪魔型の横を抜け、フェンスに駆け上がった北斗の手は確かに落ちる少女の腕を掴んでいた。




























































-




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー