メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




 さて、そろそろ名探偵に登場願おう。

アスカ・シンカロン09

~信迦~


「―――って、言ったらどうする?」
「別にどうもしないよ」

 静かに答えたのは、北斗の悪友。
 悪知恵がよく働くタイプで、近隣地区でも十指に入る神姫を保有する策士型の神姫オーナーでもある。
 北斗と双子に彼を加えて、学校では割とやりたい放題やっていた仲だ。

「…………」

 引き合わせて以来、黙ったままの戦闘機型神姫を眺め、軽く息を吐く。

「取りあえず、北斗の話を要約すれば。変な奴から手に入れた神姫が、死んだ弥涼姉と同じ記憶と人格を持っていたと言う事だろう?」
「そうなんだよ、そういうのってあり得るのか?」
「無いよ」

 キッパリと、一言で斬って捨てる悪友。

「人格に関してはゼロじゃないと思うが、記憶は絶対に有り得ない」

 コイツ等、と言い掛け。彼は自分の肩を指差そうとした所で、そこに神姫が居ない事に気づくと、その指をテーブルの上の明日香に向ける。

「神姫の記憶は起動時にはゼロだ。出荷段階でプリインストールされているデータは記憶じゃなくて知識だからね」

 AIとCSCが組み合わさって稼動する事で、初めて記憶するという行為が可能になるのだと彼は言った。

「仮に、弥涼姉の記憶をデジタル抽出できたとして、それを神姫にインストールした所で、その神姫はその記憶を知識として持つだけだ。自分の記憶と思う事なんて無いよ。
 人間の記憶じゃなくて、他の神姫の記憶でも同じ。……一端リセットされた神姫は、同一素体、同一CSCの組み合わせでも、以前の記憶を持っていたとしても、それを記録としてしか認識出来なくなる」
「要するに、神姫に人間の人格や記憶が宿る事は無い、と?」
「うん」

 頷く少年。

「普通なら、ね」
「普通なら?」

 それ以外の可能性を含んでいるような声に、思わず聞き返す北斗。

「話を変えるけど、弥涼妹はどうしてるの?」
「んあ? 夜宵か?」
「そう」

 質問の意図が分らない。

「本当はさ。弥涼姉が死んだ時点で、妹も死ぬと思ってたんだよね、僕は」
「?」
「少なくとも、妹(カタホウ)だけ無事に残る可能性は、ゼロだと思ってた」
「???」
「でも、現に姉だけ死んで妹が生きてる。そのバランスを取る為に神姫を受け皿にした……。ってのは、ちょっとファンタジー過ぎるかな?」
「何言ってるんだかわからねぇよ。分るように言ってくれ!!」
「そうだね、北斗に情報を与えすぎても混乱するだけか」

 付き合いの長い友人だ。
 北斗の性質を熟知している少年は全てを一言に纏めて言った。

「明日香は夜宵で、夜宵は明日香だよ」
「?」

 疑問符を浮かべながら思い出す。
 そういえばこの悪友、明日香と夜宵を区別する事を放棄している節がある。
 弥涼、弥涼とそう呼び、使い分けの時も姉、妹、だった。
 不思議と双子の方もその呼び方を気に入っているようで、双子にとっても友人といえる数少ない存在になったのは、彼のそんな部分が所以だったようにも思う。
 それはつまり、双子であるが故の近似。
 正反対の性格を持ちながら、入れ替われるほどに互いを理解しているという事だろうか?


(つまり、死んだのは夜宵の方、なのか……?)

 彼が去ったテーブルで、北斗は一人考える。

(二人の容姿が同じで、DNA鑑定とかも同じなら、肉体的には明日香と夜宵は入れ替われる)

 だから、時間的に明日香が学校まで行って自殺する事がが不可能でも構わないのだ。

(明日香がテレビを見ているとき、夜宵は学校まで歩いていって、そこで自殺した……?)

 だったら。

「だったら。オマエはどっちなんだ?」
「…………」

 飛鳥は答えない。

「…………」
「…………」

 うつむいたまま、決して喋ろうとはしなかった。


 頭がおかしくなりそうだった。
 キモチワルイ、キモチワルイ、キモチワルイ。

「何あれ、気持ち悪い」

 夜宵は家に帰り着くなり玄関で吐いた。
 生まれて初めて買ったお揃いでない服。
 それが汚れるのも構わずに胃の中身をぶちまける。

「何なの、あの神姫」

 理解できない。
 頭痛がする。
 眩暈がする。
 吐き気がする。

「何で。何で……」

 北斗か誰かに仕込まれた?
 まさか。
 そんな事はありえない。
 そう言う次元の話ではない。

「あれじゃあまるで」

 不快だった。
 気づくまでは、ただ不快だった。
 明日香を名乗るからか、酷く気に障る。
 そう思うだけだった。

「あれじゃ、あれじゃぁ…」

 でも気付いてしまった。
 そしたらもうダメだった。
 名前なんかが理由ではなかった。
 あの神姫の所作の全てに、覚えがありすぎる。
 忘れもしない。忘れるわけが無い。
 今までの人生の全てに刻まれている。

「あれじゃあまるで、本当に“私”みたいじゃない…!!」

 酷く。
 気持ちが悪かった。

「……ふふフ」

 そんな彼女を、白い悪魔だけが見つめている。
 傍に居るのは北斗でも血を分けた片割れでもない。
 ただ、悪魔だけが傍に居た。






トップページの縦長化に打開策を。
携帯とかだと如何見えるんですかね、コレ?

↑浅知恵終了のお知らせorz































-




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー