メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウサギのナミダ・番外編

黒兎と塔の騎士

中編



 ランティスの瞬発力に、俺は目を見張る。
 一瞬とはいえ、ティアが反応できていなかった。
 初撃はからくもかわしたが、油断はできない。
 あの瞬発力を持ってすれば、たとえティアの高速機動を持ってしても、打ち込むチャンスは何度も作れるだろう。
 ランティスは今、油断なく構えている。隙は見えない。
 俺からティアへの指示はない。今はまだ。
 ゲームは始まったばかりなのだ。



 一方、鳴滝もまた、ティアの機動力に舌を巻いていた。
 ランティスの踏み込みをかわした神姫はそういない。あのクイーン・雪華でさえ、ランティスの攻撃を捌くのがやっとだったのだ。

「あれをかわすか……」
『我が女王が推挙するだけのことはある、ということでしょう』

 ランティスの言葉に、鳴滝は頷き、そして笑みを浮かべた。
 そう、こういう相手を求めていた。
 ランティスと同じ土俵で戦ってなお、互角に戦える好敵手。
 鳴滝はディスプレイに目を移す。
 構えているランティス。
 対してティアは、腰を落とした体勢から加速しようとしていた。



 わたしはランドスピナーをフル回転させ、一瞬にして加速する。
 塔の壁の輪郭が崩れ、流れていく。
 わたしはトップスピードに乗り、ランティスさんの周囲を走り回る。
 ランティスさんは動かない。
 わたしの動きにあわせ、身体の向きを変えるだけ。
 わたしは、ランティスさんの左右に飛び違うように走ったり、大きくジグザグに走ったりして揺さぶりをかける。
 やりにくい。
 塔の最下層は、ただ何もない円形の平面だ。
 廃墟ステージと違って、身を隠す場所もウォールライドできる壁もない。
 だから、自分の走りだけで、ランティスさんに隙を作らなければならない。
 だけど、ランティスさんに油断はない。
 常にわたしに意識を集中している。
 この状況で、相手に隙を作るのは、とても難しい。
 わたしはさらに加速する。
 とにかく動き、ランティスさんの背後をとろうと揺さぶりをかける。
 その速度は彼女が振り向くよりも速くなる。

「くっ……」

 そしてついに、ランティスさんがわたしの動きを追いきれなくなる。
 今!
 彼女はまだ、肩越しにわたしを見ているだけ。
 振り向きはじめたばかり。
 わたしはランティスさんに向けてダッシュする。
 右手のコンバットナイフを閃かす。
 でもさすが、近接格闘最強の神姫。
 振り向きざまの籠手で、わたしのナイフを受け止めた。
 さらにわたしの機動。
 さっきのお返しとばかり、ナイフを振った勢いを殺さず、そのまま身体を回転させる。
 右足を振り上げ、回し蹴り。

「くうぅっ!」

 わたしのレッグパーツがランティスさんを襲う。
 でも、ランティスさんは、両腕の手甲を揃えて構え、わたしの蹴りを受けた。
 いくらライトアーマー並とはいえ、レッグパーツは神姫の通常素体以上のパワーがある。
 受けたランティスさんは後ろに大きく弾かれた。



 だが、ランティスの弾かれ方は、俺の想定と明らかに違っていた。
 ランティスは予想よりも大きく後方に弾かれている。
 衝撃を吸収するために、自ら後方に跳んだのか。
 その証拠に、ランティスは体勢を崩さず着地した。
 すぐに両腕をおろすと、構えをとり、臨戦態勢を整える。
 ダメージは見られない。
 さすがは近接格闘戦で秋葉原最強クラスというだけのことはある。

 それにしても。
 ランティスの動きは不思議だ。
 ランティスはサイフォス・タイプをベースにしたカスタム機であることは疑いない。
 サイフォスは確かに近接戦闘が得意な神姫だが、ソードやランスで戦うのが一般的だ。
 徒手空拳で戦うサイフォスなんて、聞いたこともない。
 それに、先ほど見せたランティスの踏み込みは、普通のサイフォス・タイプの機動と明らかに違っている。
 どちらかといえば、ランティスの動きはキックボクシングのように見えた。
 いまもまた、構えるその姿は立ち技を得意とした格闘家のようだ。

「なるほど……だから、ナイト・オブ・グラップル……格闘騎士というわけか」

 俺は思わずつぶやいていた。



「なんていうか……地味な戦いだなあ」

 安藤が何気なくつぶやいたその言葉に、涼子は額を押さえてため息を付いた。

「これだから素人は……」
「なんだよ」
「ランティスの動きは、標準のサイフォス・タイプの動きじゃないわ。ということは、マスターが神姫に教え込ませた技ってこと。それをあそこまで練り上げているなんて、どれほどの修練だったのか……想像を絶するわ」

 涼子は合気道をたしなむ武道家である。
 だからこそ、ランティスの動きが尋常でないことが分かる。
 それに、涼子の神姫・涼姫は、オリジナル装備を使う。だから、技の修練については人一倍思うところがあるのだった。
 ティアとランティスのバトルは、弾丸やレーザーが飛び交うバトルに比べれば、確かに派手さにはかけるだろう。
 だが、あの至近距離での攻防は、まるで薄氷を踏むがごとき緊張感と危うさをはらんでいる。

「しかも、まだ両マスターとも、指示らしい指示は出していない……神姫が思うままに戦ってるってことは、純粋に、練り上げた技同士の応酬ってことだわ」
「はあ……」

 安藤はアルトレーネ・タイプのマスターで、現在自分のバトルスタイルを見つけようと研究中である。
 涼子ほどにはまだ、バトルロンドを見る経験を積んではいない。
 だから、このシンプルな戦いを、なぜ涼子たちが真剣に観戦しているのか、わからないのだ。

「安藤くん。このバトルはしっかり見て。きっとティアがすごいってことがわかるはずだから」

 美緒にそう言われてしまっては、大人しく観戦するほかない。
 自分たちの窮地を救ってくれた男はどんなバトルをするのか?
 それにはとても興味がある。
 安藤が大型ディスプレイに視線を戻す。

「えっ……?」

 画面の中。
 ランティスが構えていた両腕を降ろすところだった。
 腕の力を抜き、だらりと下げる。
 顎を引き、肩幅に両脚を開いたまま、直立している。
 そして、ランティスは目を閉じた。

「心眼……?」
「そんなこと、できるわけないでしょ!?」

 安藤の言葉を即座に打ち消したのは涼子だった。
 目を閉じ、視覚以外の感覚を研ぎ澄ませる、という手法は確かにある。
 しかし、実戦において視覚を閉ざすということは、自らハンデを背負うことに他ならない。

「武道の達人だって、戦闘中に目を閉じてガードを解くなんて真似……できるはずない」

 そもそも、神姫が感覚や勘に頼ってバトルするということが、涼子には納得が行かない。
 ならばなぜ、ランティスは目を閉じた?
 ティアは動かない。
 ランティスは明らかに、ティアを迎え撃とうとしている。
 あえて隙を作って誘っているのだろうか。
 ギャラリーもざわめく中、状況はしばし膠着していた。



 わたしには、ランティスさんの意図が読めなかった。
 構えを解き、目を閉ざすなんて。
 自ら不利な状況に追い込んでいるだけなのではないか。
 だけど、油断はできない。
 動かないランティスさんを前に、わたしも動けずにいる。
 わたしのAIがマスターの言葉を反芻する。

『いつも考えながら戦え』

 わたしは考える。
 彼女は今まで出会ったどんな神姫とも違っている。
 ランティスさんの今の状態は「隙」ではない。
 おそらくは、「誘い」であり、「待ち」の状態。
 わたしの動きに対応しようとしている、と思われる。
 つまり、わたしの出方次第。
 なおさら迂闊には動けない。
 だけど、このままでは二人とも動けずに終わってしまう。
 やはり、銃火器を装備するべきだったんじゃ……。
 そう思いながら、手にしたナイフを見る。
 ここぞという時に、わたしの力になってくれた武器は、ナイフだった。
 初勝利の時も、雪華さんとの対戦でも。
 だから、銃火器がないことに納得は行かないけど、弱音は吐かない。
 きっとマスターには考えあってのことだから。
 ナイフでできることを考えて……わたしはつぶやいた。

「……マスター」
『なんだ?』
「正攻法で行きますけど……いいですか?」
『それでいい』
「はい!」

 マスターが同じ考えでいてくれたことに嬉しくなる。
 わたしは腰を低くして、再び全力で走り出す。



 ティアは先ほどと同様、ランティスのまわりを縦横無尽に走り抜ける。
 その動きは鋭さを増しているが、ランティスは微動だにしない。
 表情さえもかわらない。
 ティアはフェイントを混ぜ、左右に飛びちがい、ランティスを混乱させて隙を作ろうと動き回る。
 だが動かない。
 ランティスは彫像のように動かないままだ。
 静と動の膠着。
 それを破ったのはティアだ。
 左から右へ、流れていくかと思った瞬間、一瞬にして方向を変える。
 ティアならば刹那で届く距離。
 ランティスのほぼ真後ろから、コンバットナイフを振り上げる。
 そして、一歩。
 跳ねるように刹那の距離を駆け、銀色の刃が閃めいた。
 その刹那をついて、ランティスが動く。
 振り向きざまに、右拳を振り上げつつ、バックナックル。
 それは頭上へと伸び、ティアのナイフを根本から引っかけて、跳ね上げる。
 しかし、ティアも止まらない。
 腕ごと上体を跳ね上げられながらも、身体の勢いを利用して、右膝蹴りを送り込む。
 ランティスは身体を回転させ、左の手でティアの膝を捌いた。
 一瞬、空中で無防備になる。
 ランティスの回転は止まらない。
 膝を畳んでミドルに構えた脚を振るう。
 狙いは、ティアのわき腹。

「あぐっ!」

 バニーガール型神姫の小さな悲鳴。
 意に関せず、彼女は動く。
 畳んでいた膝を鋭い動きで伸ばす。
 脚に乗っていたティアの身体を、思い切り弾き飛ばした。

「うああああぁっ!!」

 ティアの身体は、宙を舞って地面に激突、横転する。
 しかし、三回転もすると、回転力を起きあがる力に変え、あっという間に前屈みの姿勢で立ち上がった。
 再びランティスと対峙する。
 ランティスはゆっくりと構えをとりながら、冷たい目でティアを見据えていた。



「なんで……ランティスは何であんな正確に、ティアの攻撃を捉えられるの!?」

 涼子は驚愕していた。
 あのティアの動きを、聴覚と勘で捉えるなんて、達人でも不可能だ。
 だが、優しげで、いっそ暢気な口調が、彼女にあっさりと答えをもたらす。

「ああ……ランティスは聴覚でティアの動きを測定していたのですよ」
「高村さん……測定、ですか?」
「蓼科さん、でしたか……そう、彼女は視覚を閉ざした、のではなく、聴覚を最大限に利用して、ティアの動きを捉えようとしたのです。
 つまり、ソナーです」
「ソナー……ですか?」

 狐に摘まれたような顔の涼子に、高村は頷いた。

「ネット上で公開されている、武装神姫の運用プログラムには、耳をパッシブソナーのように運用するためのプログラムがあります。それを使ったのです。
 さらに、電子頭脳の働きを聴覚に集中するために、視覚を閉ざして、十分なリソースを確保したのです。
 もちろん、ランティスのように、ソナー化した聴覚に連動した動きをさせるには、熟練というデータの蓄積が必要ですけど」

 フル装備の武装神姫であれば、わざわざそんな技を使うまでもない。
 ソナーを装備すれば、素体の耳よりもよほど正確な測定結果が得られるし、装備の動作も簡単に連動させられる。
 レーダーを積めば、全方位の視界を得ることも可能だ。
 だから、ランティスのような素体運用は異端だし、まわりくどいやり方だった。
 雪華は言う。

「マスター蓼科、神姫は人ではありません。人には不可能と思えることでも、神姫には工夫次第で可能となるのです。
 人の常識にとらわれてはいけません。柔軟な思考こそが新たな可能性を切り開くのです」

 涼子は改めて、大型ディスプレイに目を移す。
 今バトルをしている二人の神姫は、そうした工夫を重ね、新たな可能性を突き詰めた神姫たちだ。
 その結果、特別な装備がなくても、フル装備の武装神姫と渡り合える。
 それは涼子が神姫マスターとして目指す境地であった。



 苦しそうに身体を折り曲げていたティアが、なんとか立ち上がる。
 その様子を、ランティスは冷たい視線で見つめていた。

「所詮、貴様もその程度か……」

 たとえクイーンの推挙であったとしても。
 結局はこの塔で自分にかなう神姫などいないのだ。

「わたしは師匠の夢を託されている。その想いを背負って戦っている。
 貴様のように、身体を売り、快楽を求めた神姫なぞに、負けるはずもない」

 対峙するティアは、ひどく悲しそうな顔をしていた。
 何が悲しい。
 身体を売ることをよしとした、汚れた神姫のくせに。
 走り回ることしか能のない神姫のくせに。
 いや、彼女に限らない。
 わたしと対戦する神姫は皆、ティアと変わらない。
 ランティスの装備を見ては侮り、安易な武装で挑んでくる。
 高火力によるエリア攻撃、高高度からのレーザー攻撃、手数とパワーに頼った格闘戦……。
 うんざりだ。
 どいつもこいつも、武装にばかり頼った、惰弱な神姫だ。
 マスターとの絆を技に変えて挑んでくる神姫などいない。
 ただ一人、『アーンヴァル・クイーン』雪華を除いては。
 だからこそランティスは、雪華を敬愛する。
 しかし、雪華は言う。
 ランティスのバトルは卑しい、と。
 そして、ティアの戦いこそ、自分が学ぶべきものだと。
 だが、結局はこの程度。
 塔の中では自分にかなう神姫などいようはずもない。
 学ぶところなど、ありはしない。
 今回ばかりは女王の見込み違いだろう。

「だが、我が女王の推挙なれば、せめて我が奥義を持って、終わりにしてやろう」

 そう言うと、ランティスは両腕を軽く身体から離し、叫んだ。

「師匠、サイドボード展開! 装着、雷神甲!!」

 ランティスの両腕が光に包まれる。
 一瞬の後、ランティスの両腕は新たな手甲が装備されていた。
 形は前のものとそう変わらない、無骨なデザイン。
 その装甲の外側を青白い火花が走っている。
 そして、ランティスの右手には、銀色の金属球が握られていた。

「受けるがいい……我が奥義……!」

 金属球を両手で掴み、そのまま腰だめに構える。
 ランティスの手甲が、青白い光を放ちはじめた。



「遠野くん、君はレールガンを知っているか?」

 唐突な鳴滝の問い。
 戸惑いながらも俺は頷いた。
 レールガンは、砲身となる二本のレールの間に、伝導体の砲弾を挟んで電流を流し、磁場を発生させて砲弾を加速、発射する武器である。
 火薬を炸裂させて弾丸を発射する火器に比べ、弾丸が撃ち出される速度が高いという特徴がある。

「ランティスのあの籠手……雷神甲は強力な電力を発生する。
 ランティスはあの籠手を使って、金属球をレールガンのごとく撃ち出す技を修得してる。
 どの方向にも、意のままに撃てる。
 破壊力は折り紙付きだ。なにしろ、重装甲で身を固めたムルメルティア・タイプを、サブアームごと破壊したほどだからな」

 鳴滝の言葉に、ギャラリーがどよめく。
 なるほど、塔で最強というのも合点がいった。
 それほどの破壊力の飛び道具があれば、飛行タイプでも重装甲タイプでも相手にできるだろう。
 これはランティスの要の技と言える。

 俺は改めてディスプレイのランティスを見つめる。
 雷神甲の表面に、青白い火花が走っている。
 上下に合わせていた掌の間に金属球がのぞき、そこからも紫電が散っていた。

「いいのか、手の内を見せるようなことを言って」
「知っていたところで、ランティスのあれはかわせない。初速は通常の射撃武器の数倍だ。あれより速いのはレーザーくらいだろう」

 不適に笑う鳴滝。
 彼がそう言うなら、遠慮することもあるまい。
 俺は耳にかかったワイヤレスヘッドセットを摘む。

「ティア、まだ走れるか?」
『はい、大丈夫、です』
「よし。それなら……」

 俺はただ一言、指示を出す。
 いつものように素直な返事が短く返ってきた。


◆ 

 金属球を挟んだ両手に、電流が流れていく。
 腰の位置においた両手の隙間からは、溢れ出た電流が、バチバチと音を立て放電している。
 力が両手に溜まってくるのを感じる。
 頃合いだ。

「くらえ、一撃必倒……」

 ティアが動く様子はない。
 バカにしてるのか。
 だが、動いたところで、この技はかわせない。
 ランティスが動いた。
 大きく一歩踏み込む。
 その動きに連動させて、身体の後ろから前へと、金属球を挟んだ両手をなめらかに伸ばす。

「雷迅弾! ハアアアアアァァァッ!!」

 裂帛の気合い。
 同時に両手が開かれ、必殺の金属球が射出された。
 それはまさに雷光のごとき迅さ。
 超速度の弾丸は、塔内部を一直線に駆け抜けた。
 正面の壁に着弾。
 そして爆発。
 大音響と共に塔の壁が崩れ、爆煙が膨れ上がった。
 雷迅弾の翔けた痕が地面に一直線に残り、その尋常ではない速度を物語る。
 その直線上には何もない。
 はずだった。

「な……! んだとぉ……っ!?」

 腰を浮かせたのは鳴滝の方だった。
 彼が見つめるプレイヤー用ディスプレイ。
 雷迅弾の軌跡の上に影が見える。

「……なにをした……遠野!」

 鳴滝は正面に座る対戦相手を見る。
 そこに、表情を変えずに戦況を見つめる遠野を発見した。
 ばかな。
 これは奴の想定の範囲内なのか。
 ランティスの正面。
 雷迅弾の爆煙を背景に。
 ティアは困ったような顔をして、立っていた。









| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー