メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウサギのナミダ

ACT 1-21



 ……これは、どういうことなのだろうか。
 マスターは映し出された朝のニュースを、チャンネルを変えては見直している。
 同時に、PCを立ち上げて、ネットのニュースサイトも激しくチェックしていた。
 いずれも、同じ出来事を伝えている。

『金曜日の夜、全国の盛り場などで、いわゆる神姫風俗の摘発が一斉に行われました。
 これは警視庁主導による、初の大規模摘発となります。
 警察によると、今回の摘発により、神姫風俗の経営者、その時風俗店を利用していた客など、検挙者は約四百人。
 これは深夜の発表時の集計で、最終的には千人を超えると見込まれています』

『最近、ネットを中心に、神姫を虐待する映像が多数出回っており、社会問題となっていました。
 こうした世論の声の高まりにより、今回の一斉摘発が行われたと見られています。
 神姫の虐待は、MMS保護法違反にあたり、実刑が課せられる場合もあります』

『T県の神姫風俗店『LOVEマスィーン』では、経営者を含む六名が、風俗営業法違反およびMMS保護法違反で検挙。
 店で働かされていた、約20体の神姫が保護されました。
 また、店に来ていた9人の客についても、MMS保護法違反の疑いで取り調べを受けています』

『今回の一斉摘発は、東京、大阪、名古屋、札幌、福岡など、大都市圏を中心に行われました。
 専門家は、警察は今回の摘発によって神姫風俗の一掃を狙った、と見ています』

 はじめ見ていたストレートニュースの番組が終わると、すぐにワイドショー形式のニュースを見る。
 こちらも、同じニュースを大々的に報じていた。
 別のチャンネルも、その次の番組も。
 ニュースの内容は理解できたけど、信じられなかった。
 いったい何が起こっているのだろうか。



 いったい何が起こっているのだろうか。

「おい、遠野! 何をした? いったい何が起こってる!?」
「俺が知りたい」

 大城の問いに、俺は素直に答えた。
 俺が何かしたというのなら。
 それは先日、日暮店長に相談したことだ。
 しかしそれは五日前の話で、それがこんなに大規模な動きにつながるものなのか?
 いくらなんでも早すぎる。
 だが、ニュースでは、他の神姫風俗店の名前は出していないのに、『LOVEマスィーン』の名前だけはどの番組でも伝えていた。
 それは、日暮店長が動いたことの証ではないのか?

「すまん、大城。用事ができた。後でかけ直す」
「な……ちょっと……!?」

 大城には悪かったが、俺は一方的に電話を切った。
 そして、テレビとネットから情報を集める。
 概要は分かった。
 約束通り、日暮店長は動いてくれた。
 しかし、警察の動きは俺の想像を遙かに超えている。
 神姫風俗を一掃……?
 いったい、何がどう動いてこんなことになっているのか、俺には理解できない。
 時計を見る。
 時間は八時半。

「ティア、出かけるぞ」
「え、ど、どこへ……?」
「エルゴだ!」

 俺は手早く着替えをすませ、最低限の持ち物だけ持って、ティアを胸ポケットに収めると、アパートを飛び出した。
 何が起きたのか、確かめなくてはなるまい。



 ホビーショップ・エルゴまでは二時間もかかるというのに、マスターは突然家を飛び出した。
 今日報じられている出来事は、エルゴと関係があるのだろうか。
 マスターが何かしたのだろうか。
 それにしたって、信じられない。
 突然、神姫風俗がなくなってしまうなんて。
 わたしがいたお店『LOVEマスィーン』のことも放送されていた。あれは、お店がなくなってしまった、ということなのだろうか。
 エルゴに向かう途中の電車の中、マスターは携帯端末を使って情報をチェックしている。
 携帯端末用のテレビ放送を見て、ネットの情報をチェックして……わたしが見た大型掲示板の書き込みも読んでいる。
 マスターは無言だった。
 携帯端末を見る表情は、真剣そのものだ。


□ 

 俺は駅に着くと、エルゴまでの道のりを走った。
 時間はすでに十時半になろうとしている。
 店は開店しているはずだ。
 今回の事件について、一刻も早く確認しなくてはならない。
 後で思えば急ぐことでもないはずなのに、気ばかりが焦っていた。

 ほどなく、エルゴに到着した。
 俺は躊躇せずに、店に入る。

「……日暮店長!」

 カウンターから少しはずれた位置にいる、エプロン姿の青年を見つけて、俺は思わず叫んでいた。
 店長はそばにいた男性から目を離すと、

「おお、遠野くん。早かったな」

 と言った。
 やはり。俺の出現を予期していたということは、今回の件は俺の依頼が大本ということに他ならない。

「たっちゃん、彼が例の……情報提供者だ」

 そう声をかけられた、店長の傍らにいた男性が俺を見た。
 鋭い視線。厳しい表情。
 スーツ姿のその男性は、全身に緊張感をまとっているように見えた。
 ところが、意外にも、俺に左手をさしのべてきた。

「警視庁MMS犯罪担当三課の地走達人だ」

 俺は地走刑事と握手をした。
 日暮店長と同じ、固い握手だった。

「遠野貴樹です」

 名乗った声は緊張に震えていた。
 警視庁の刑事である。俺の今の状況を考えれば、疑り深く地走刑事を見てしまうのも仕方がないことだろう。
 それを悟ったのか、地走刑事は幾分柔らかな表情になり、緊張を解いた。

「君が証拠品を提供してくれたおかげで、今回の捜査は大成功だった。礼を言うよ」
「いえ……」

 刑事さんに礼を言われるのはとても面映ゆかった。
 なぜなら……

「俺は……何も、していませんから……」

 そう。
 俺は何もしていなかった。
 こんな、全国レベルの大事に関わっただなんて、どの口で言えるのか。
 俺はただ、自分の神姫が大切で、守りたくて、警察にわがままな条件を願い出るようにし向けただけだった。
 だが、うつむいた俺に、地走刑事は言った。

「それは違う」
「……え?」
「何もしなかっただなんて、そんなことはない。君は誰よりも大切な役割を果たしたんだ」
「やくわり……?」
「そう。
 君は、覚悟をした。
 神姫のために、すべてを賭ける覚悟をした。
 それは誰も考えもしなかった、大切なことだ」
「そんな……」

 そんなことは、ただ俺がそう思いこんだだけに過ぎないのではないか。

「なあ、遠野くん。人を動かすには、何が必要だと思う?」

 日暮店長は唐突にそんな質問をしてきた。
 俺が戸惑って、何も言えずにいると、彼は笑ってこう言った。

「それはな……想いだ。
 想いによって人は動く。
 君は、神姫のためにすべてを賭けてもいい、と言った。
 俺たちはその想いを受け取った。
 だから、俺たちにできることをした。
 ……それだけさ」

 地走刑事も頷いていた。
 俺は……何と言っていいかわからず、黙ってしまった。
 日暮店長は軽く吐息をついた。

「まあ……これで君の依頼は成し遂げられた。
 もう、君の神姫が、風俗店から追われることもない。
 あの店は情報源だったから、特に厳しい検挙が行われたからな。復活することもないだろう」



 その店長さんの言葉に、わたしははっとなった。
 詳しいことはよく分からなかったが、マスターが店長さんに何かお願いをして、今回の事件に至ったようだ。
 全国の神姫風俗が一夜にしてなくなった。
 どんなことがあったのかは、想像がつかない。
 また、マスターが「自分の神姫」のために、すべてを賭ける覚悟を決めた、という。
 ……それはわたしのことなのだろうか?
 そんな決意を本当にしたというなら、マスターの気持ちも、わたしの考えうる範囲からかけ離れていて、さっぱり現実味がなかった。

 だけど、さきほどニュースで流されていたとおり、わたしがいた店『LOVEマスィーン』がなくなったことは事実みたいだった。
 わたしはどうしても一つだけ、聞きたい、聞かなくてはならないことがあった。

「あ、あのっ……!」

 思わず口をついた。
 三人の男性が、わたしに注目する。
 怖い。
 でも、その恐怖以上に、聞かなくてはならないという義務感が勝った。

「あの……『LOVEマスィーン』にいた神姫のみんなは……ど、どうなるんですか……?」

 かつての仲間たち。
 自分の存在を番号で決められた、名もない神姫たち。
 彼女たちの行く末が、わたしはどうしても心配だった。
 すると、刑事さんが少し姿勢を低くして、マスターの胸ポケットを……わたしの顔をのぞき込んだ。
 わたしは思わず、ポケットの縁で顔を隠してしまう。
 でも、刑事さんは微笑していた。

「君がティアだね?」
「は、はい……」
「あの店にいた神姫は、いったん警察に預けられて、メモリーのバックアップを受ける。今回の事件の証拠としてね。
 それから、神姫保護の活動をしているNPO法人に預けられる。
 そこで、素体を換装され、メンテナンスを受け、メモリーを……記憶を消去されて、次のオーナーを捜すことになる、予定だ。
 そんなに心配することはない」
「そ、それじゃあ……」
「そう。店の神姫は新しいマスターのもとで、新しい生活を送ることになる」

 ああ……。
 あの店で、共に苦しい日々を過ごした仲間たちは、救われた。
 たとえ、過去の記憶が……仲間たちの記憶も失ってしまうとしても。
 わたしと偶然出会ったときに、覚えていないのだとしても。
 彼女たちは人間のパートナーとして歩み出すことができる。
 神姫としての幸せを、ようやく掴むことができるんだ……。

 そう思うと胸がいっぱいになった。
 涙が。
 もう、止められなかった。
 嬉しくて。
 そう、涙は嬉しくても流れるのだと。
 わたしははじめて分かった。

「ありがとうございます……ありがとうございます……」

 マスターの胸ポケットの縁で涙を拭く。でも、止まらなくて、瞼にポケットの縁を押しつけ続けなくてはならなかった。  
 刑事さんは優しい声で言ってくれた。

「そのお礼は、君のマスターに言いなさい。
 彼の想いが、君だけでなく、多くの神姫を救うことになった。
 そんな素晴らしいマスターの神姫であることを忘れてはいけない」

 わたしは頷いた。
 何度も何度も頷いた。
 そしてこのときわたしは覚悟を決めた。
 マスターがわたしにしてくれたように。
 わたしも、マスターのためにすべてを賭ける、その覚悟を。



「それじゃあな、夏彦。俺は仕事に戻る」

 地走刑事はそう言って、俺たちに背を向けた。
 だが。

「ま、待ってください!」

 俺はその背中を引き留めた。
 地走刑事が、出口のところで振り向いた。

「俺は……俺は罪に問われないんですか?」
「罪?」
「俺は、風俗店の神姫を無理矢理自分の神姫にしました。
 ボディは違法製造のボディで、今までそれを所有していました。
 それは、犯罪ではないんですか」

 地走刑事は日暮店長と顔を見合わせた。
 そして二人は笑い出した。

「生真面目だな、君は。
 ……ゴミ捨て場に捨てられていたゴミを拾って、何か罪に問われるのかね?」

 俺はその答えに唖然とした。
 地走刑事は頷くと、今度こそ背中を見せて、店を出ていった。
 地走刑事は知っていた。俺が言ったことを、日暮店長が伝えたのだろう。
 それでもなお、俺に罪を問わないと、そう言ってくれたのだ。

「……なぜ……」

 見ず知らずの学生のために、なぜそこまでしてくれるというのか。
 すると、日暮店長が小さなため息をついた。

「遠野くん……君は分かっちゃいねぇなぁ」

 俺が振り向くと、店長は苦笑しながら俺を見ていた。

「……なにを……?」
「いいか?
 すべてを賭けて神姫を守る。それは立派だ。俺も感動しちまった。
 けどな、もし君に何かあったら……君が警察に連れて行かれて、神姫と離ればなれになるようなことがあったら……
 それが自分を守るためだと知ったら……
 君の神姫は、ティアちゃんは、笑えるか?」
「……!」

 そんなことは、考えもしなかった。
 俺は、ティアが安心して暮らせるようにすることだけを考えていた。
 だから、俺がいなくなったりして、ティアがどう思うかなんて、思い至ることもなかった。
 確かに、俺が警察に捕まったりすれば、ティアは自分のせいだと気に病むことだろう。笑顔をなくしてしまうかも知れない。
 だが。

「そんなことのために……警察と連携して、全国の神姫風俗を摘発した……って言うんですか!?」
「そうさ」

 日暮店長の返事に、俺は唖然とする。

「言っただろ。俺は神姫とマスターが笑い合う姿が好きなんだ。
 だが、君の希望そのままだと、君とティアちゃんが一緒に笑えねぇ。
 だから……俺たちがちょっと苦労して、二人で笑えるようにしてみた。
 ただ、それだけのことなんだよ。
 しかも、それで、たくさんの神姫が虐待から助けられるんだ。一石二鳥じゃないか。なぁ?」

 日暮店長は、事も無げにそう言った。
 途方もない話だった。
 『LOVEマスィーン』だけを摘発したら、俺は証人として呼ばれるかも知れないし、違法ボディの所有者としてあるいは罰せられたかも知れない。
 だが、神姫風俗店全部が摘発されれば、店も客もすべて警察の手中となる。
 神姫風俗自体が下火となり、『LOVEマスィーン』が復活することもないだろう。
 俺が提供した証拠資料は、一斉摘発後には同様の資料が大量に手にはいるのだから、些末なものになってしまう。
 警察が俺に目を付ける理由がなくなるのだ。
 確かに筋は通っている。
 しかし、全国の神姫風俗を一斉捜査なんて、いったいどれほどの労力が費やされただろう。
 想像もつかない。
 それを、さも当たり前のことのように言ってみせるのだ、目の前の男性は。
 久住さんは、頼りになるなんて言っていたが、そんな言葉じゃ追いつかない。
 俺は感謝してもしきれなかった。

「日暮店長……ありがとうございました。
 感謝してもしきれません。
 地走刑事にお礼が言えなかったんで……よろしく伝えてください」

 俺は日暮店長に頭を下げた。
 気持ちが入ったお辞儀は、自然と深いものになった。
 店長は照れくさそうに微笑んだ。

「実のところ、結構大変だったんだ。おかげでここ数日寝不足よ。恩に着てくれ」
「はい……何かお礼をさせてください。俺にできることなんて、たかが知れてますけど……」
「そうか? 頼んでもいいか、君に?」
「俺にできることなら、なんでも」
「なら、俺から一つ頼みがある。君にしかできないことだ」
「なんでしょう……?」

 真顔になった日暮店長の言葉は、意外なものだった。

「菜々子ちゃんを……助けてやってくれ」

 え……?
 久住さんを、助ける?

「……菜々子ちゃんは……彼女も、一人で戦っている。もう、ずっと一人で」
「……それはどういう……?」
「それは彼女の口から聞いてくれ。それが筋ってもんだからな。
 俺たちは、菜々子ちゃんを助けてやることができなかった。
 なんとか、彼女の心を、今みたいにすることができただけだ。
 あの子は、まだ何も救われていない。
 ずっと一人で戦い続けてる。
 だが……菜々子ちゃんが心通わせている君なら……きっと彼女も救うことができるはずだ。
 だから、もしそのときが来たら、菜々子ちゃんの力になってやってくれ」

 そんなことは……

「言うまでもありません。彼女は俺の恩人ですから」

 俺は頷いた。
 思いを寄せる女性の力になりたくない男など、この世にいるだろうか。
 久住さんが戦っているというその出来事と、俺は深く関わることになる。だがそれは、もっとずっと後の、別の話のことである。

「……頼む」

 日暮店長の一言が終わるのと同時、携帯電話が鳴った。俺のだ。
 取り出して、液晶表示を見る。
 いままさに話題にしていた人物からだった。

「久住さんからです」

 日暮店長に言って、俺は通話ボタンを押した。

「もしもし、遠野です」
『あ、久住です……いま、大丈夫ですか?』
「ああ、大丈夫。なに?」
『いますぐ、ゲームセンターに来れますか?』
「……ちょっとまずいな。いま、エルゴなんだ」
『あ……いまね、ティアを助けてくれた人が来ているの。それで連絡したんだけど……』
「ここからだと、二時間ぐらいかかるけど……待っててもらえるかな」

 ティアを助けてくれた人がいることは聞いていた。
 ぜひともお礼は言いたいところだった。

『ちょっと待ってね』

 電話のマイク部分を隠す気配。
 電話の向こうで誰かと話しているようだ。
 すぐに久住さんの声が返ってきた。

『大丈夫。待っててもらえるから……必ず来て』
「わかった」
『ティアを連れて、武装も持って来て』
「え?」

 それは……できない相談だった。
 ティアを連れ、武装を持って行ったところで、俺たちがバトルできる環境にはないはずだ。

「……そういうわけには、いかないだろう?」
『ゲーセンのことなら、大丈夫だから』
「いや、しかし……」
『お願い』

 電話先の久住さんの声は、俺が息を飲んでしまうほどに、真剣そのものだった。
 それで久住さんにお願いされてしまっては、断れるはずもない。
 久住さんのことだ、よほどの理由があるのだろう。

「……わかったよ。武装を持って行く」
『ありがとう……ごめんね』
「君が謝ることないよ。それじゃ、あとで」
『うん、待ってる』

 俺と久住さんは、同時に電話を切った。



「ハイスピードバニーは来ます。必ず」

 菜々子は携帯電話をしまいながら言った。
 ゲームセンターの喧噪が、菜々子の耳に戻ってくる。
 彼女の周りには、友人になった四人の少女たちがいる。
 傍らには大城も立っている。

「それはよかった。わざわざ出向いてきた甲斐があります」

 にこにこと人の良さそうな笑顔を浮かべながら言ったのは、高村優斗。
 彼の向こうに、三強の姿が見える。
 高村の肩にいた美貌の神姫が言う。

「それではまずは、あなたがた……『エトランゼ』とです」

 菜々子の肩に座る神姫が答える。

「こちらこそ、お手並み拝見といくわ。『クイーン』雪華」

 ミスティの言葉が終わった瞬間、ゲームセンターは歓声に包まれた。
 武装神姫コーナーには、バトルロンドのプレイヤーたちが集まり、菜々子と高村を取り囲んでいた。
 誰もがバトルせずに、二人のバトルを今や遅しと待ちかまえている。
 秋葉原チャンピオン『アーンヴァル・クイーン』と、三強を凌駕する実力の『エトランゼ』の対戦。
 全国大会レベルの実力者同士のカードである。
 草バトルとしては贅沢すぎる組み合わせに、その場にいた神姫プレイヤーの誰もが期待に胸を膨らませていた。



 ティアが俺を見上げて尋ねてくる。

「マスター……菜々子さんは、なんて……?」
「……おまえを助けてくれた人が来ているらしい。会いに行こう」
「はい」

 俺は日暮店長に向き直ると、もう一度礼を言った。

「今日は、ありがとうございました。
 ちょっと用ができたので……またお伺いします」
「おう」
「……次は、お客として」
「頼むぜ?」 

 俺と店長は目を合わせ、そして互いに笑った。
 久しぶりに、心から笑えた気がした。

「菜々子ちゃんによろしくな」
「はい!」

 俺は身を翻し、エルゴを後にする。
 今日は土曜日。
 バトル目当てのお客さんたちが、俺と入れ違いに、店内に消えてゆく。
 急いで戻らねばならない。
 俺は駅までの道のりを駆け出した。









| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー