メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Memories of Not Forgetting 第二話・1

 優花は床にのの字を書いていた。
 ナットハンガー店舗最奥には事務所が存在するのだが、優花がうずくまっているのは、その床である。
 室内奥には作業用のデスクと資料棚、中央に正方形のテーブルが存在し、それ以外には何もない。にもかかわらず、やや手狭な印象を受けるのは、事務所内が実際、さほど広いとは言えないからだろう。
 デスクにはデスクトップ型のパソコンが設置されており、そこからUSBケーブルが伸びている。それがクレイドルに接続され、その上には、《フォートブラッグ》タイプの神姫が、ちょこん、と正座していた。
 デスクにつき、神妙な顔をしてモニターを見つめるのは、ナットハンガー店主、ルーシィ・ケインである。
 モニター上には一見すると意味不明な文字の羅列が表示されていたが、知識のある者が見れば、それが神姫のAIプログラムであることが分かる。
 ルーシィが数度、キーボードを操作する。プログラムチェックを開始する旨を伝える文章が表示され、数分後、結果が表示される。
 エラーなし。
「やっぱり……プログラム上は問題ないわ。つまり、貴女は正常、ということ」
 ため息をつきながら、ルーシィが応えた。目を閉じ、目がしらを揉む。うっすらと浮かんだクマが、彼女の疲労を表していた。
「……そう、ですか。となると、原因は何なのでしょうか」
 《フォートブラッグ》――エフラファが尋ねる。
「申し訳ないけど……原因は不明。私にはお手上げだわ。信じられない……《フォートブラッグ》が銃を撃てないなんて」
 ルーシィ、再びため息。エフラファが居心地悪そうに視線をさまよわせると、はふん、と意味不明なうめき声をあげる優花の姿が見えた。




「おはよう、エフラファ」
 その言葉に反応するように、エフラファは優花をみつめた。
「エフラファ、と言うのが私の名前ですか?」
 小首をかしげるエフラファ。優花は、その仕草がツボにはまったらしく、あーくそかわいいなこいつー、などと思いながら、
「そう! エフラファ、私は桐山優花。あなたのマスター! わかる?」
「はい。よろしくお願いします、マスター」
 恭しく言うエフラファに、優花は苦笑いを浮かべて、
「なんか堅苦しいなぁ。もうちょっと柔らかく喋っても……それに、マスター、って言うのもなんか嫌だな。優花、でいいよ」
「よろしいのですか? 失礼ではないかと思うのですが」
 訝しげにいうエフラファに、優花はにっこりと笑顔を浮かべる。
「いーのいーの。あたしが言ってるんだから、遠慮しないの」
「では。改めてよろしくお願いします、優花」
「まだなんか硬いなぁ……ま、おいおい慣れて行けばいいよね」
 言いながら、ブリスターから、《フォートブラッグ》用の武装パーツを取り出す。それらを1つづつ、エフラファの前に、丁寧に並べて行く。エフラファは興味深そうに、各パーツを眺めていた。
「わかる? あなたの武装ね」
 エフラファが、こくこくと頷く。
「じゃ、早速で悪いけど……つけてみてもらっていいかな?」
「ええ、了解です、優花」
 目を輝かせながら尋ねる優花。エフラファは微笑むと、自身のパーツに手を伸ばした。

 数分後には、砂色のアーマーに身を包み、バックパックとキャノンを装備した《フォートブラッグ》の姿があった。
 いつか見た、あの砲手そのままの姿に、優花は満足げに頷いた。
「うん、うん、やっぱカッコいいよねー! 最高っ」
 優花の言葉に、エフラファはほんのり頬を染める。どうやら、そう言った機能もあるらしい。なかなか凝ってるなぁ、と優花は思った。
「あ、有難う御座います」
 うつむいたまま、エフラファが言う。
 ――うわぁ、やっぱ可愛いなこいつ。
 優花がエフラファを抱きしめんとする衝動と闘っていると、おずおずと、エフラファが口を開いた。
「優花、その……試射を行ってもよろしいでしょうか? 武装に欠陥がないか、確認しておきたいのです」
「え? あ、うん。いいよ、オッケー」
 虚を突かれた優花があわてて返事をする。部屋を見渡して、机の上から大きめの消しゴムを一つ手にとり、机の端に置いた。
「じゃ、これ、的にしてみる?」
「はい、ありがとうございます」
 礼を言うと、エフラファは自身の武装の中からアサルトライフルを選び、手にとった。マガジンに銃弾が込められていることを確認すると、それを銃に装填する。
 彼女はヘルメットのゴーグルを下げた。銃床を左肩にあて、構える。左指をトリガにかけ、狙いを定めているように見えた。
 優花の胸は期待感に満ち満ちていた。脳裏に、一年前、ナットハンガーで見た、あの砲手の姿が想起された。
 確かに、あの砲手は敗北した。見物客の人気も、あの《天使型》に集中していた。
 華麗に空を舞う天使。泥臭く地べたを這う砲手。あの天使がもてはやされるのも、当然の事であったのかもしれない。
 ――だが、それがなんだというのだ。
 あの天使にはない美しさを、魅力を、砲手は持っているのだ。
 其れは、天使の持つ華麗さとは、全くもって無縁の美しさであった。圧倒的に不利な状態から、それでも生残の意志を捨てず、自身の取りうる最善手を選び、果敢に戦った砲手。それは、実にリアルな美しさであり、生の美しさであったのだ、と、優花は強く思う。
 あの場にいた誰にも、理解されなかったのかもしれないけれど。それでも、あの砲手の持っていた輝きが、優花の心に焼き付いて、離れない。

 ふと、現実に引き戻された。
 おかしい、と優花は思った。
 優花が思考にのまれていたのはものの数十秒であった。が、それにしても、その間、銃声が全く聞こえなかったというのは……標的をとらえるのに時間がかかり過ぎではないのか?
「……エフラファ?」
 優花が、エフラファに声をかける。
 ゴーグルを下ろしているため、その表情はうかがえない。
 しかし引き金に手をかけてから微動だにしない事、また、こちらからの呼びかけにも一切反応しないことから、何らかのトラブルが発生していることは明白だった。
「エフラファ! 大丈夫!? エフラファ!?」
 思わず、机に身を乗り出す優花。その衝撃が引き金となったのだろうか、エフラファの体はぐらりと揺れると、その勢いのままに倒れ伏した。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー