メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

 

―――神姫との出会いはおおむね感動的シーンだったりするもののはず。
 そう思っていた時期もあったし、バイト代を貯めながら、購入を考えていたときは子供のようにわくわくしていた。
 ま、俺はその予想斜め上の経緯でメルトを迎えたわけだが、

 バイトの帰り道、いつもと違う道をなんとなく通っていた。雨上がりで自販機が近い場所を通ろうとしただけの些細なこと。
 目的の自販機で缶コーヒーを買い、ポケットに入れるとそのまま帰路つこうとした。
 ふと視界の隅に違和感を感じ、振り返ると自販機の影で隠れる様に人形が置いてあった。
 武装神姫だと気づき、俺は興味本位しゃがんで拾いあげた。
 雨の中放置されていたせいか汚れが付き、髪の色も元が青系統と分かる程度。よく見れば素体も一般的な神姫用MMSとは違っている。
 捨てられたのか?と疑問に思っていると、虚ろに目が開く。
「……マスター?、否。私に触れるな!下郎。」
「痛っぅ!」
 意志を持って見開かれた紅い瞳と目が合った。その神姫に持っていたナイフか何かで刺されたと気づいたのは痛みを感じてからだ。
 その神姫を落とさなかったのは、ちょっとした意地。かなり痛いが。
 大きさからいっても脅威になることはないはずなのに放たれる殺気は本物だ。だからと言って引き下がるほどこちらもへたれではない。
「私に触るなと言っている!」
「‥‥‥黙れ。」
 押さえ込むように握りこんだ手の中で暴れているが。その神姫と睨み合いを続ける。
 根負けしたのかその神姫は暴れるのを止めた。
「私を拾ってどうするつもりだ?」
「お前こそ、壊れたままでどうするつもりだ?」
「あ゛?お前には関係ないだろうが!」
「いや、そうでもない。」
「な?まさかマスターの追っ手か?」
「それはない。ただ、壊れているものを見ると、ほっておけない人間なだけだ。」
 その神姫は思いっきりあきれた顔をした。痛みとは別にイラッと来る。
「とにかく、文句やらなにやらは直した後に言ってくれ。バッテリーもないんだろ?」
「ちっ、降参だ。やるなら、とっとと始めろ。」
 言われるが早いか俺はバイト先でもある神姫ショップ「S-R-works」に走って戻った。
「こんばんは、」
 片付けを始めている白髪の男に声をかける。
「いらっしゃい。もう閉て、水上君かどうした?」
 白髪のせいか年齢の分からない店長こと鑑さん、あんまり過去を深く突っ込めないのはお互いさまなので聞けないと俺は勝手に思っている。そんなことより、
「ここで武装神姫の修理をしたいんですけど、道具を貸してもらえます?」
「ほう、初の神姫はここで買うといっていた君が他で買った神姫を治すと?」
 笑顔なのに殺気放つのは止めてください。髪の毛に普段隠れている左目が覗いて怖いです
「い、いえ違いますよ。」
「冗談だよ、君の性格からして拾いでもしたかな?」
 いつもの営業スマイルに戻った鑑さんにはい、と答えつつ、俺は修理に使えそうな部品道具を見回している。その間鑑さんは店じまいを済ませていた。
「とりあえず状態を見たい。その神姫は?」
 胸ポケットで節電のためか眠るようにしていた神姫を慎重に作業台の上のクレイドルに乗せる。
「どうですか?」
「クレイドル介して分かるデータを見る限り、ヘッドコアに損傷、浸水もしている、素体は完全にイカレてるな。名前は[融姫―ユウキ―]か。」
「だろうな。逃げ出すとき、私と同じくいじられた奴らを端からぶっ壊してやったし、」
 突然神姫が話しに割って入ってきた。クレイドルから多少は充電したらしい。
「ふーん。違法改造品か。どうりで見たことあるはずだ。」
「ふん!あ゛、もしかして修理はおまえがやるのか?」
 鑑さんを睨むその神姫、
「どうしようかな。」
 さらに俺を見てくる鑑さん。まぁ、元からそのつもりだったけど。
「鑑さん道具貸してください。教えてもらえれば、修理は俺やります。」
「はいよ、水上君の腕なら問題ないだろう、ヘッドコアは陽電子頭脳を移植する。素体は違法の規格外品だからCSC基部以外は交換だな。ベースがストラーフか。在庫ないな。」
 そういって立ち上がる鑑さん、もってきたのは黒塗りの箱。
「最近入った。戦車型ムルメルティアこいつに組み込む。水上君に勧めるつもりだったやつで、開発メーカーは同じだから不具合もないだろう。ヘッドコアも外見は変わるがどうする?」
 俺は修理が確実にできれば問題ないが、この神姫がどう思うか、
「とっととはじめてくれ、下衆のトコに居た体なんて未練はない。」
 余計なことだったらしい。
「じゃあ、はじめるぞ。」
「はい。」
 少し緊張しながら専用工具等を借り、素体換装から始める。本来ブラックボックスの領域の修理だが、鑑さんの的確な指示で着々と進めていく。昔神姫関連の研究所にいたって話は本当だったんだなぁ。
 複雑な工程を何とか乗り越え、修理が終わったころには、夜が明けていた。
「さて、再起動だ。水上君。」
「なんか、緊張するな。」
 と言っても、あの上から目線な言い方だろう。そう考えながら起動させた。
「…‥‥‥戦車型ムルメルティアセットアップ完了、起動します。」
 プリセットのデータの交換もしたから、問題ない。はず、
「オーナーのことはなんとお呼びすればよろしいですか?」
 最適化されてるかもしれないと移植した赤い瞳で見上げてくるムルメルティア。
「???へ?」 
「オーナーのことを『へ』と呼ぶのは私はあまり好まないのですけど、『へ』でよろしいのでしょうか?」
「いや、呼称はマイスターで、お願いします。」 
 落ち着け、何が起こったかなんて後で考えろ、冷静になれ俺。
「では、私の名前を付けていただけますか?」
 小首を傾げて聞いてくるムルメルティア。名前、名前か考えてねーよ。前の名前そのまま付ける訳にも行かないし、と目に入った交換した部品が融けかけていた事に気づく、安易かもしれないが、仕方ない。
「名前はメルト、」
「私の呼称はメルトですね、かしこまりましたマイスター。」
 ふわっとした笑みを見せるメルト。最初の態度との、この温度差。
 あ、なんか可愛いな。人はこれをギャップ萌えと言う‥‥5回は死ね俺。
「さてどうしようかな。」
 ほんとに何も考えてなかった、それが声にも出ていたようだ。
「クックックック、あっはっはっは!なんだその顔、鏡見て来いマイスター」
「!?」
 突然の豹変に思わず立ち上がって驚く俺。
「あーあ。しおらしいのが好みなのか、先行きが不安だなぁ」
「修理終わって、すぐその言い草かよ!」
 一瞬芽生えかけた感情をかえ…さなくていいです。
「うるさい奴だな。バッテリーがあんまり無いから私は寝る。」
「水上君、そのクレイドル使っていいから、」
 言いたい事をいろいろ押さえ込み、あくびをし始めたメルトをクレイドルに寝かせる。
 次の出勤のときすっかり忘れていた恐ろしい代金の請求をされたのはまた別の話だが、メルトを家においてから半月は経つのによく夢で思い出す。
―――そんなところで、目が覚めた。

 

 

SR-topへ

 





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー