メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Memories of Not Forgetting 第一話・2

「ルーシィさんこんにちわ! アレある!? 売り切れてない!?」
 ナットハンガーが開店早々、勢いよく、扉を開いて突入してきたのは優花だった。
「ええ、いつもの場所に置いてあるわ」
 入口近くの商品棚の整理をしていたルーシィが、苦笑しながら答える。
 優花は、ナットハンガーの常連客だった。優花の部屋に鎮座する模型は大半が、このナットハンガーで仕入れたものである。
 もともと、優花は兵器関連のコーナー以外に目もくれなかった。だが、此処一年間、彼女が通い詰めたのはMMSコーナー、とりわけ武装神姫のコーナーであった。


 一年と二ヶ月ほど前、ナットハンガーにおいて、優花は運命の――と本人は思い込んでいる――出会いを果たす。
 その日、優花は相変わらず新作のプラモデルを物色していた。一時間ほどの品定めのすえ、旧世紀のドイツ軍戦車のプラモデルをレジに持っていった彼女は、レジ脇で見知らぬものを見かけた。
 体長にして15cm。それは、みつあみの赤毛に、緑色のツナギのような服を着た少女のように見えた。彼女は此方に気づいたのだろう、にっこりと笑って、優花に手を振る。
「ルーシィさん、その子、なあに?」
「ああ、その子はフォートブラッグ。武装神姫よ。優花ちゃん、武装神姫って知ってる?」
 ルーシィの問いに、優花は頷いた。確か、数回、テレビで見たことがあった。最近人気の、MMSと呼ばれる小型ロボット。そのシリーズの一つだったはずだ。
 うろ覚えの知識を披露すると、ルーシィは微笑んで「概ねその通りよ」と答えた。
「先日、武装神姫の販促キャンペーンが始まったの。それで、プロモーションの一環で、サンプルの神姫がうちに来てるのよ。どうかしら、優花ちゃん? この子なんて、あなた好みだと思うわ」
「私好み?」
「そう。これからバトルロンドのデモンストレーションを始めるから、それを見て頂戴。私の言った意味、わかると思うわ」
 ウインクを一つ、楽しげに、ルーシィが言った。

 ナットハンガーは個人経営の玩具店であり、店舗はさほど広くはない。
 それ故に、今回バトルロンドのデモを行うのは、平均的なバトルロンド用のユニットより小さい、一畳程度の面積を持つ筐体である。高さ1m程のガラス板で包まれた筐体内部には、廃墟と化した繁華街をイメージしたオブジェが配置されており、それがそのまま、バトルフィールドとなる。
 バトルフィールドに進入したのは二人の神姫。白い翼と長大なライフルを持つ神姫、天使型:アーンヴァル。砂色のアーマーに身を包んだ神姫、砲台型:フォートブラッグ。
 電子音声が戦闘開始を告げた。同時に、アーンヴァルはブースター部より圧縮空気を放出、勢いよく空へと舞いあがる。飛んだ! と、見物客が感嘆の声を上げた。
 ランダムな動きで宙を舞うアーンヴァル。フォートブラッグが地上よりアサルトライフルでの射撃を試みるも、アーンヴァルはそれら全てを回避し切って見せた。 
 ややあって、アーンヴァルは空中でホバリングし、手にしたライフルを構え狙いを定める。一秒ほどのチャージの後、ライフルから青白いレーザー光が射出された。
 アーンヴァルのレーザー光が大地を薙いだ。フォートブラッグはあわてて回避行動をとるも間に合わず、光条がフォートブラッグを飲み込む。
「あ、当たっちゃったよ!?」
 優花が叫ぶ。同調する様に、見物客からもざわめきが聞こえた。
「大丈夫よ。フォートブラッグは防御性能が高く設定されてるの。だから、短時間の被弾なら決定打にはならないわ」
 ルーシィ苦笑して答える。その言葉を証明する様に、フォートブラッグは転がるようにレーザー光から離脱。数十cmの距離を駆けた地点で、フォートブラッグのバックパックが変形した。側面から足が突き出し、地を踏みしめる。まさに「砲台」と言える形状へのトランスフォーム。フォートブラッグが脚部に備え付けられたコンソールを操作すると、砲身がアーンヴァルを狙い角度を変えた。
「いけええええっ!」
 優花が、思わず叫んだ。
 雷の如き砲音を鳴り響かせ、弾丸がアーンヴァルへと迫り――。

 結果だけを記せば、フォートブラッグは敗北した。
 しかし優花の心に残ったのはフォートブラッグだった。その名の通りの砲台型へと変形するフォートブラッグ。砲塔から、雷轟が鳴り響き、弾丸が直撃した神姫が吹き飛ばされる。圧倒的な火力。優花は心奪われた。

 いい。
 最高じゃないか。

 まさに自分好みの、自分のためにあるような神姫だ!

「どうかしら、優花ちゃん、ああいうの好き……で……」
 優花を見て、ルーシィは絶句した。
「……最高じゃないですか」
 そう答えた優花の顔は、笑顔と言うか、邪悪と言うか、ルーシィが言葉を失う程度には、妙な顔、だった。

 それから優花は、まず小学生の時から貯蓄していたお年玉を確認した。それでは足りないことが分かると、少ない小遣いをためにため、母親の手伝いをして小遣いをせびり、不要な私物を片っ端から売り払って僅かな資金を得――購入資金を捻出し始めた。
 つらい日々であった。同級生の買い食いの誘いを断り、タミヤの新作プラモを諦め、雑誌の購読を断念し、大好きなハーゲン・ダッツの新作アイスも一切口にしていなかった。
 心挫けそうなときはナットハンガーへと駆け込み、神姫コーナーでフォートブラッグを眺め続けた。彼女との生活を夢想し――思えば、実に迷惑な客だった――折れそうな心に添え木を当てた。
 そんな生活を一年余り。とうとう、今日という記念すべき日を迎える。

 ――ああ、いた、あたしの、あたしのフォートブラッグ! 今まであたしを待ち続けてくれた、愛しい我がパートナー!

 MMSコーナーでフォートブラッグを見つけ出すと、パッケージを手に取り胸に抱えた。
 至福であった。鼻歌交じりにスキップしそうになる自分をおさえ、冷静である事を心掛け、しかしにやける顔はどうにも抑えられないままレジへと向う。
「優花ちゃん、顔が変なのデスよー」
 レジスターの横に座っていた神姫が、眉をひそめて言い放った。
 マオチャオタイプの神姫だった。ルーシィとお揃いの、白いエプロンを着ている。名前を、クローバーと言う。
 彼女は、一年前から、看板娘ならぬ看板神姫としてナットハンガーで働いている神姫である。優花が武装神姫に興味を抱き、そして通い詰めた時期とほぼ一致するため、お互いに友人のような、幼馴染のような、奇妙な親しさを感じている。
「ふふん。クローバー、許してあげるわ。あたし今ちょー機嫌がいいの」
 レジ前でくるりと一回転する優花。クローバーが、怪訝そうな顔をして言う。
「ルーシィ、優花ちゃんが変なのデスよー。これが伝説のコジマ汚染なのデスかー?」
「ごめん、クローバー、言ってる意味がよくわからないわ」
 ルーシィが苦笑を浮かべながら現れた。たしなめるようにクローバーの頭を指でつつくと、クローバーはバランスを崩したたらを踏む。ほほを膨らませて抗議の意を示すクローバーを軽くあしらい、ルーシィが優花に微笑みかける。
「御機嫌ね、優花ちゃん」
 優花がどれほどフォートブラッグを欲していたのか。この一年の優花を見てきたルーシィは、それをよく知っていた。
 だからこそ、今日この日を迎えた優花の気持ちを、ルーシィは十分に想像できたし、そんな彼女を見ていると、こちらまでうれしくなってくるものだ。ルーシィにとって、欲しかった品物を手に入れて、嬉しそうに帰っていく客を見ることほど、幸せな事はない。
 ルーシィの言葉に、優花は興奮のため紅潮したほほを緩ませ、これ以上ないと言わんばかりの、至福の笑顔で答える。
「ええ、なにせ念願の、初めての、あたしだけの神姫が手に入るんですもん!」
 そんな優花を見て微笑ましい気持ちになりつつ、ルーシィはレジに積まれた品物を見た。
 MMS武装神姫:フォートブラッグ。
「……あら? 優花ちゃん、購入するのはフォートブラッグだけでいいの?」
 ルーシィが小首を傾げる。
「やだなぁ、ルーシィさん、あたしにお金ないのわかってるじゃないですか。フォートブラッグだけで一杯一杯ですし……なにより、あたしはフォートブラッグに一目ぼれしたって言うか、うん、それ以外の神姫に興味がないとは言わなくてもやっぱり彼女が」
「あ、いや、そうじゃなくてね?」
「フォートブラッグ、素体ついてないのデスよー?」
 こともなげに、クローバーが言い放った。
「え? なぁに、クローバー?」
 笑顔を崩さずに、優花が尋ねる。
「デスからー、フォートブラッグはウェポンセットなのデスよー。セット内容はー、武器とコアパーツのみなのデスよー。で、武装神姫、と言うかMMSはボディパーツの素体が必要なのデスよー。詰まる所ー」
 徐々に。
 優花の脳が、言葉の意味を理解し始める。満面の笑顔はひきつった笑みに変貌し――ああ、今日の夕飯なんだろう、などと現実から、心が逃避を始める。
 だが、クローバーはにこやかに、にこやかに、優花に対して首切り鎌を振り上げて、
「それだけ買っても何の意味もないのデスよー」
 容赦なく、とどめの一撃を振り下ろした。
「…………え? ギャグ?」
 かすれる声で、優花が言葉を絞り出す。
「……残念ながら、事実よ」
 片手に頭をやりながら、ルーシィが答えた。やってしまった。そう言いたげな表情を浮かべて。
 はふん、と意味不明なうめき声を上げて、優花がレジ前に座り込んだ。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー