メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

北海道、一般的に日本列島の中で最も北に位置する島である。
地球温暖化が進み雪が降らない暖冬が一般的となった昨今においても、日本で有数の豪雪地帯を誇る。


11月下旬。上川支庁・旭川市、神居。

「―変わり映えしないもんだなぁ」
団地の駐車場に立ち、五十代に見える中年は呟く。
「何がですか? ご主人様」
彼のコートの胸ポケットに居座るのは全長十五センチの女人形。

…否、世界最小の「心を持つ人造人間」。MMS AutoMutton 神姫。
彼女の商品名は犬型ハウリン。

「2008年ごろと比べて全く変わってない。難儀なもんだよ」
「そう、なんですか?」
「ん。区画整理でもされて国道沿いは大きく変わると思ったけど、時間が停まったように変わってないや」

それを聞き、ハウリンは周りを見た。


築何年経ったのだろう、周りの建物はかなりくたびれた印象を持った。
「…少し歩こうか」
「はい」


~・~・~・~・~・~・~


第一棟と第二棟の間を抜けて駐輪場を通り、国道へと向かう。
路面は車両が踏んづけた雪とそうでない雪がぼこぼこと複雑な段差を形作っていた。
「おっと」
男はバランスを崩し、手で弄んでいた旧式の携帯電話を落とした。
こう見えても頑丈なもので、バッテリーホルダーすら外れていない。
「あ、わたしが取りますっ」
そう言って飛び降りるハウリン、だが

「ぶっ!?」
カランと音を立ててコケた。


「大丈夫か?」
「はい…いたた、なんですかこの氷は?」


「圧雪アイスバーン、雪が車に踏まれて圧縮されるのを繰り返した結果できたものさ。…関東じゃこうなるまで降らないもんな」
「ええ。…本当にツルツルだ」

~・~・~・~・~・~・~


国道に出てスーパーマーケットの横を通り、近くにある公園の方向へと歩いてゆく。


「うん、全く変わってない。過去にでもタイムスリップしてんじゃないかってぐらい」
「その例えはちょっと…」

バス停の近くまで歩いた。
立ち並ぶ街路樹は、秋に実らせたナナカマドの実を実らせたままであった。
「ご主人様、あの実が採りたいです」
「ん? あれは鳥の餌だぞ?」
「そんなのどうでもいいですよ」

男はハウリンの足をそっと掴み、実が生る枝へと近づけた。
「そのままで。………とれた! 下ろしてください」

そっと手を下し、指を開くとハウリンはそのまま掌にちょこんと腰かけた。
小指と親指を少し掛け、ずり落ちないようにするのも忘れない。
「へぇ……固い実だなぁ」
押したりぺしぺし叩いたりした後、実にかぶりついた。
「ちょっ」
「………………………………うう」
「言わんこっちゃない」


~・~・~・~・~・~・~


歩道沿いにある公園の柵に腰掛け、バスを待つ。
「どうだヴィート、豪雪地帯に来た感想は? …まあ空港からの道での反応を見た限り、答えは聞かなくてもわかるけどな」
「はは、仰せのとおりです。……とっても楽しいです」
「そうかそうか」
男は彼女の頭を人差し指で撫でる。
「へへ……はうっ!?」

ぼたっ

撫でられた拍子に柵から滑り落ち、誰も踏んでいない雪面へと頭からダイブした。
「あ、すまん」
「つ…つめたぁぁぁぁぁぁぁぁ…」


オチも特になくおわりw


作:第七スレの6

ロケ地:旭川市 神居2条4丁目付近






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー