メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 一方、ヤクトたちはイリーガル軍団が集結しているホストコンピュータ端末に移動していた。
 「ここのあたりはまだいないみたいだな…」
 「油断するな、イリーガルはこの中枢にいる。おそらくこの中には無数の敵がいるはずだ」
 ヤクトたちは手分けして端末周辺を捜索した。どこかに中枢に入ることができる入り口があるはずなのだ。
 「おかしいな、入り口なんてないぞ」
 「いや、そんなはずはない。必ずどこかにあるはずだ」
 そのとき、リオーネは奥のほうで誰かが倒れているのを発見した。
 「どうした、誰かにやられたのか?」
 倒れていたのはメリクリウスだった。リオーネは応急処置用のエイドパックを取り出して傷口を治療した。
 「…誰だ、お前達は…」
 「安心しろ、敵じゃない。それより、どうしたんだ、そのケガは」
 メルクリウスが受けた傷は致命傷こそなかったものの、明らかに防護服を貫いている。かなり強い相手に攻撃されたのだろう。
 「どうやらかなりの強敵にやられたようだな」
 「ああ、手ごわい敵だった。相手は黒いマーメイド型の神姫だ。それに黒いセイレーンもいた」
 黒いセイレーン…。リオーネはその敵をあの神姫だということを知った。
 「あの二人は中枢にいるのか?」
 「そうだ、あの中に入って行った」
 どうやらイリーガルはこの中に陣取っているようだ。リオーネはヤクトたちに連絡を取り、この場所に集合するように指示した。


逆襲の獅子虎コンビ その3



 「で、その黒い奴らはここから入ったんだな?」
 集合した一行は端末の入り口らしき場所を探した。
 「そうだ、ここから入ったから間違いない。だがあいつらが入ってから時間が経っている。もしかしたらもう閉じてしまっているかも知れない…」
 メルクリウスの言葉に、一行は絶望の色を隠せなかった。
 「でもよ、もしかしたらまだ入れるかもしれないだろ。がんばって探そうぜ」
 そのとき、鈴村から通信が入った。
 『どうやら無事にたどり着けたようだな』
 しかし、ヤクトたちの顔色は芳しくなかった。
 「たどり着いたのはいいんだけどよ、入り口が見つからないんだよ」
 「何とか入り口を開くきっかけがあればいいんですが…」
 『分かった、こちらで何とかしてみよう。少し時間がかかるかもしれないが、必ず発見してみせる。そのあいだ、君達はここで待機してくれ』
 鈴村はリオーネたちに待機命令を出した。
 「待機命令、か…。でもよ、このあいだにあいつらが行動を起こしたらどうするんだよ?」
 『心配ない』
 ヤクトの心配事に、和多が答えた。
 『今のところイリーガルは活動を停止しているようだ。そのあいだに私達は対策プログラムを送る準備をする。あと、もうひとつニュースがある』
 「ニュース!?」
 『不動の修理・改造がたった今終わった。準備が済み次第、援軍と一緒に送るつもりだ』
 前の戦闘でプログラムが破損していた不動の修理が終わったことを、ヤクトは喜んだ。
 「よっしゃ、不動がいれば鬼に金棒だ」
 『出きるだけ急ぐから、おとなしく待ってるんだぞ』
 その瞬間、通信が切れた。
 「なんだよ、おとなしくは余計だろ」
 「まあまあ、援軍が来るんだ、ここで待っているのが今の自分たちにとって最善の方法だ」
 リオーネの言葉に、ヤクトはおとなしくその場に座った。


 暫くして、遠くからひづめの音が聞こえてきた。ヤイバの駆る白雷だ。
 「皆さん、援軍を連れてきました。現在出撃できるだけの戦力を集めてきました」
 ヤイバが引き連れたメンバーは、ヨツンヘイム、シュートレイ、不動、ナイトメアタイプのロボット数機、それとナースタイプの神姫だった。
 「へえ、結構な数だなあ」
 「わたくしたちと同じ神姫のほかに、ナイトメアタイプもいますわね」
 ナイトメアタイプがこの作戦に参加したということは、それほど戦闘可能な神姫の数が少ないということなのだろう。いくら自立型とはいえ、タイプの違うロボットがいることに対して、ヤクトたちは少しばかり違和感を感じていた。
 「現在のイリーガルはこのホストに集結しています。おそらく彼らはこのシステムを利用して全世界のコンピュータに進入し、混乱に陥らせるつもりなのでしょう」
 「いや、それだけで済むならまだいい」
 ヤイバの説明を、リオーネが付け加えた。
 「奴らの目的はそれだけではない気がする。単に混乱させるつもりならわざわざ一箇所に固まるつもりなどないはずだ。それに、未だに動きがないのはおかしい」
 「で、このナースは?」
 ヤクトの問いに、ナースタイプは答えた。
 「始めまして、私はマリィと申します。あなた方の分のワクチンとサポートをするためにここに来ました」
 「ワクチン…という事は、対イリーガルウイルスワクチンが完成したのか?」
 「今からワクチンを注射しますので、順番に並んでください」
 マリィはにっこりと笑い、カバンから注射器を取り出した。
 「では、まずヤクトさんから」
 ワクチンを注射されるヤクト。しかし、本人はいい顔をしなかった。
 「これ好きじゃねえんだよな」
 「我慢するんだな。動けなくなるよりはましだ」
 その後、リオーネ、凛花、メルクリウスの順にワクチン注射を行い、メルクリウスのケガを直す治療に入った。一通り終えたそのとき、司令室から鈴村の連絡がはいった。
 『みんな、たった今、全世界からこんな映像が配信された。これは、イリーガルの宣戦布告といっていい』
 その瞬間、プチマシーンから映し出された空間モニターから仮面を被った男の映像が映し出された。その男は大きな椅子に座り、皇室らしき場所で居座っていた。
 「なんだよ、あの趣味わりい部屋は」
 「只の趣味…というわけではなさそうだが」
 ヤクトたちの愚痴を尻目に、仮面の男は椅子から立ち上がった。
 『我が名は『零(ゼロ)』!始まりと終わりを支配する者だ!!我々はこの世界に宣戦布告する!!!』










| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー