メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

どうも皆さんこんにちは。
私はFront Line製戦車型神姫「ムルメルティア」のスィーマァです。
ドイツ戦車がモデルですが、ネズミ目リス科に属するマーモットもイメージに入ってるそうです。
起動は2036年12月25日、ちょうどクリスマスの時です。
人からはよく「小動物的」と言われますが、マーモットでもあるので仕方がありません。

バトルに興味を持ったのは大晦日の事でした。
昼間に近くの町で行われた神姫バトル大会の中継があったのですが、それに参加して注目の的になったマオチャオを見たからだったりします。(名前は…ねここ、だったかなぁ)
あれを見て、なんというか「自分もあの人みたいになりたい!」と言った感じでしょうか。

でも、年が明けてからずっと挑戦しているのですが戦果はよろしくないです。
マスターである「古代すすみ」のご友人である「林吹雪」さんとの対戦ではいつも負けてしまいます。
いつもいつも、悪魔型のゲイトにだけは勝てないでいます。

彼女との対戦結果だけをまとめると、まもなく30敗目となります。
今回はどうなのでしょうか…。

………
……



白く、無機質なフィールド。
発泡スチロール製の防護壁がビルのように立ち並ぶ。

スィーマァは焦っていた。
対戦開始と同時に主砲を破壊され、近距離戦しかできないこの状況。
気配はするも、足音も聞こえない。
「落ち着いて…耳を澄ませて…」
自分に言い聞かせつつ、大きい防護壁の前を通り過ぎようとしたところ…。

ばこっ!

「じゃーん!!」
「ひ、ひゅゃぁぁっ!?」

壁をぶちやぶり、対戦相手のストラーフ―ゲイト―がチーグル(背部アーム)を伸ばしてくる。
「く…みゃあっ!?」
こちらもアームを繰り出し、チーグルを受け止める。
すばやく腰に下げた拳銃に手をのばすが…
「あ」

「チェックメイト…だね」


目の前には銃口。
ゆっくりと引金が引かれ…


パァン



視界が真っ赤に染まった。


~・~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~・~・~


「あ…あうえう…」
見事なまでに真っ赤な顔(塗料的な意味で)
泣き顔もかわいいけど、スィーマァはちょっと泣きすぎだと思う。
「ほらほら、いつまでも泣かないで」
対戦相手―ストラーフのゲイト―がスィーマァの顔を拭ってあげている。

「何回やってもゲイトさんには勝てないなぁ…」
「そんなことないさ! 苦手なアームも結構早くなってるじゃないか」
「む、みゅう…」

「これで30連敗だな、古代」
微笑ましい光景にのほほんとしてる時に、このひとは何で水を差すの…?
「もう止めちまえバトロンなんて、そんなんじゃソイツが哀れなだけだ」
「うるさい! こっちだっていつまでも負けてる訳じゃないの!」
「その言葉、20連敗目の時にも聞いたぜ」
「……」
反論できない…。
「何か言い返せるか? ノッポ女」

バシッ


有無を言わさず張り倒した。
「スィーマァ! 行くの!!」
「うぇっ!? ま、ますたぁー!?」
あんなちっちゃい奴に身長の事を言われたくないの!!


……


はったおしちゃったけど、何だが気分が悪い。
入店禁止になるかもなの…。
「ますたーは自分の思った事をしっかり出せるだけいいですよ、吹雪さんなんて…」
「吹雪がどうしたなの?」
「いいえ、それは本人から聞いてください。非常に大事な事ですし」
「…そうなの?」

よくわからないけど、スィーマァの顔を見てるとなんだかホントに大事な話だってのはなんとなく感じた。
とりあえず、おうちに帰りますか。





「吹雪君、あれはちょっと言いすぎですよ」
「マスターも素直じゃないなぁ、正直に好きだって言っちゃえばいいのにw」
センター長とゲイトの二人に、先ほどの発言を咎められている吹雪。

「今の関係を超えたら本気になれねぇじゃないか、だからあえて嫌われるような事言ってんだ」
顔を赤らめそんな事を言う吹雪。
「すすみちゃんもスィーマァちゃんも、日増しに強くなってるね。これも吹雪君のツンデレ対戦のおかげかな?」
「ツンデレって言うなーっ!!」

林吹雪。
知ってる人は彼を「ツンデレボーイ」と呼ぶ。

「マスターったら…。やれやれ」







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー