メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

婪を引き止める!
俺は婪の腕をとっさに掴んでいた。

「ッ!?なに…?」
「お前、まだ何か俺に言いたい事があるだろ」
「エッ!?べ、別になにもないよ」

つい出任せな発言してしまった。
いくら婪を引き止めるからって自分で『これは無いだろうー』と思う。
でも裏腹では婪の事がなんとなく解る。
そしてソレについては半分は勘で半分は確信している。

「あの先輩。あたしそろそろ時間がヤバイから帰りたいんだけど…」
「それは『嘘』だな。今度は婪が嘘つくのかよ」
「!?…そんな事言って、あたしを連れ込んだままにするつもりだったりして♪」
「そ、そんなことあるわけ!」
「先輩ってばカワイイんだから♪」
「ウワッ!?」

婪は俺に飛びつきキスしようとする。
でもその途中で止めた…。
悲しそうな顔をしながら。

「………」
「いつもみたいに、しねぇーのかよ?」
「うん…ちょっと…ね…」
「あっそ…」

まったく。
そんな顔すんなよ。
中途半端で止められたから意識しちまうじゃねーか。

「…何か言った?」
「何も」
「そう…?」

不意に突然に婪の顔が近づいてきた。

「ん…」

そして軽くキスされたのだ。
一瞬…目を瞑った隙に、唇に柔からなものがあたったから解る。

「婪…」
「ごめんなさい。意識させちゃったんだよね?」
「ナッ!?」

聞こえてたのか?
婪のことだ。
聞こえてようが聞こえてないようが関係ない。
それくらいの事、婪なら簡単に察しがつくのだろう。

「でもね、先輩。これが最後のキスだから。先輩にはアンジェラスちゃん達がいるし…これ以上ないくらいに色々な事してくれたから」
「………それはお前の本音か?」
「うん。これより先は絶対にないから。それは絶対にしちゃいけないし、考えちゃいけない事だから」
「………」
「あ、ご…ごめんなさい。絶対に言わないと決めていたのに…」
「…謝るな」

戸惑いを見せながら婪は声を震わせていた。
こんな婪を見るのは初めてかもしれない。

「ごめんね。もう帰るね!だから離して!!」
「いや、放さない」
「お願い…放して。こんな顔、先輩に…見せれない」
「放すもんか!絶対に!!だって俺はお前の事が好きなんだから!!!」
「先輩!?」

…とうとう言っちまった。
恥ずかしいけど、これは俺の本音だ。
だから今は絶対に放せない。
俺は婪の身体を引き寄せ。

「せん、キャッ!?」

少し乱暴にベットに婪を放り投げる。
そして俺もベットの方に行き婪に近づく。
婪の目には涙があった。
でも先程泣いていた涙と違う涙ぐらいの事は解る。

「先…輩…こんなこと…」
「こんなことって、お前は考えた事ないのか?」
「なかった…わけじゃない…でも…」
「でも?」
「でも絶対に駄目なことだと思っていたから?」
「どうしてだ?」
「だって、あたしは先輩に幸せになって欲しいから…。あたしの幸せは先輩が幸せになってもらう事だから…」
「そっか。サンキューな、婪。俺の事そんな風に考えてくれて」
「先輩…だからね、もうこれ以上は…」
「あぁ」

と言いつつ、俺は婪の唇を塞いだ。
柔からい唇。
これだけで俺の理性が欲望に狩り立てられそうになる。

「なんで?なんでキスするの??」
「さっきも言ったろ。俺はお前の事が好きだ。俺もお前に幸せになって欲しいだよ」
「先輩…ありがとう。あたしの事をそんな風に考えてくれて」

おいおい、それはさっき俺が言ったセリフだぞ。
でもまぁいいか。

「嬉しい、本当に…嬉しいよ、先輩…」
「もう『先輩』って言うなよ。水臭いなぁ」
「…うん。た、龍悪…」

初めて婪が俺の名前を言った気がする。
そして俺の顔は今頃真っ赤だろうよ。
婪の一言で恥ずかしい気持ちが爆発したような感じ。
そんな顔を隠すために再び婪にキスする。

「んんっ…んふ……ん…」

かすかに震える唇の感触。
今までにない感触だ、と言ってもいい。
まさかこんな形で婪と触れ合う日が来るとは思ってもいなかった。
けど、今目の前に居る婪は想像すら出来なかった姿だった。

「はぁ…ぁ…龍悪…あたし…」
「婪…」

婪は頬を真っ赤に染めながら潤んだ瞳で俺を見上げた。
畜生、その顔は反則だぜ。
カワイイすぎるぞ!

「俺、お前にそんな顔されると…抑えられなくなりそうだ」
「あたしだって…龍悪にそんなに見つめられたら…」
「婪!んんぅ…」
「んんっんっ、はぁ…止められなく…なっちゃうよ…」
「今は止める必要ないぜ」

唇を重ねながら婪の優しく髪を撫でてやる。
そしたらいい匂いが俺の鼻孔を刺激した。

「婪の髪…いい匂いがする」
「香水よ、お気に入りの…ね」
「そっか…」

俺はそのまま顔を埋め、その香りを吸い込み嗅いだ。
次に唇で耳元や頬を愛撫していく。

「あ、んんぅ…はぁ…ぁ…ん……うぅ……」

婪から短い吐息が漏れる。
その可愛い声を聞きながら俺は婪の胸に右手を伸ばした。

「んっ…あっ!」

綺麗な肌の上を俺も右手が滑る。

「やっ…はぁん、龍悪…ふぁっ…あ…」

胸の先端部分を弾く度に、婪は敏感に反応した。

「こんな…ダメ…んんっ…あ、ああぁ」

胸を弄られ、戸惑うように弱々しい抵抗を見せる婪。
だがすぐに、俺の唇が首筋や頬に触れただけで挫けてしまう。

「待って…龍悪…」

婪が俺の愛撫している右手を押さえる。
そして少しかすれた声で…疼くように求めてきた。

「キス…もっとして、欲しいの」
「あぁいいぜ」

俺は最大の気持を込めながら婪の唇を覆う。
婪はそっと唇を突き出すようにして俺に応えてくれる。

「ん…ん、ふぅ……む、むぅ…んんっ…」

唇が擦れ合い、それだけで身体熱くなる。

「ふ、んふ…んんっ…は、んむ…ふぅ…」

お互いの気持ちを確かめ合うよに徐々に深くしていく。
婪の唇をむさぼりながら、ゆっくりと胸をまさぐる。
その肌は、とても男だと思えない程のきめ細かさだ。

「は、ふ…ふぁ…んっ…はぁん…」
「色っぽい声じゃないか」
「だ、だってぇ…」
「なぁ婪。ディープキスしていいか?」
「…いいよ。夢中になっちゃいそうだけど」

そう言って婪は目を閉じた。

「は…んむ…」

かすかに開いた隙間から、内側から入ってくることが許された。
舌の先端同士が触れ合い、徐々に動きが激しくなる。

「んっ、ん…ちゅ、んむ……ふ、んん…」

口の中でお互いの唾液が混ざり合い、いやらしい音が立つ。

「ふ、んふぅ、んむ…ん、は、んちゅ…んんんっ…ふ、ふむ…」

無我夢中に婪を求める。
強く激しく婪を求めつつ、それでも足りなくて…。

「婪…はむ…」

気持ちを昂ぶらせながら、その細い腰を撫で下ろす。
そしてスカートを持ち上げているふくらみに触れた。

「あぁあん…やだ…そんなとこっ、あたし…んんっ、は、んふぅ…」

婪は再び身をよじり、そこに触られまいと抵抗する。
でも俺がそれを許さない。
抵抗をキスで抑えながら、内股から撫で上げる様にしスカートの中に手を入れ込み潜らせる。

「は…!あ、ん…んんっ…」

なめならかなストッキングの手触りを感じながら、指先をその奥の部分へと滑り込ませる。
そしてそこにあるのは女性には無い膨らみがあった。

「ごめんね、普通の女の子じゃなくて…」

婪は顔を真っ赤にしながら小さく呟いた。

「今更だろ」

そう言いながら俺は指先でその膨らみをそっと撫でてやった。

「あっ!」

婪の身体がピクリと動いた。

「あっ…あ、んん…あぁん…」

四本の指先を被さるように置き、そのままゆっくり撫でてやる。
そしたら婪のモノが更にはっきりとした固さになった。

「や…ぁぅん、は…恥ずかしいよぅ~…」
「どうして?別に恥ずかしくないだろ??」
「だって、龍悪に触られて…こんなにしちゃって…」

熱っぽい視線を絡めながら、また舌と舌を触れ合いさせる。
俺と婪の唇には、キスの余韻が糸を引く。

「ね、ねぇ」
「んぅ?」
「龍悪の…モノも、あたしみたくなってる?」
「なってるぜ。婪を見てたからな」
「そう…なんだ…」
「お前も触ってみるか?」
「…いいの?」
「俺も婪のモノを触ってるからな」
「う、うん…」

婪の手が恐る恐ると俺のズボン越しに俺の部分を触る。

「ホントに大きくなってる…」

婪の指が優しくまさぐるように触る。

「龍雄のすごく固くて熱いよ…。ズボン越しでも分かる程に」
「どんなになってるか、見せ合ってみるかい?」
「そ、そんなこと…できないよぅ」
「どうして?」
「だって恥ずかしいじゃない…そんなこと…」
「…確かに恥ずかしい。でも俺は婪のを見てみたい」
「………」
「どうだ?婪??」
「う…ん…」

婪は大きく息を吐いて、スカートの中へと手を入れスカートのホックを外し、ファスナーを下ろす。
そしてゆっくりと、恥じらいながら頬を赤く染め…黒い光沢を放つストッキングと一緒にスカートを脱いだ。

「龍悪も…」
「あ、あぁ…」

声を掛けられてハッと気づく。
婪の一つ一つの仕草が、俺を完全に魅了していたのだ。
少し気恥ずかしい思いをしながらも俺はズボンのベルトをはずす。

「あっ……」

俺のアソコは婪に反応していて、硬く直立していた。
まぁガチガチに勃起していたわけ。

「…さわる、ね。龍悪の…」
「いいぜ」

婪が俺のアソコに手を伸ばす。

「ア…!」

婪に触れられて俺のがビクッと震える。
熱く疼いた俺のアソコは少しの刺激でも敏感に反応しちまうだろう。

「婪のモノも触るぞ」
「う、うん…いいよ…」

俺は下着をずらし、俺と同じように昂ぶっている婪のそれに手を伸ばした。
そして上下にシゴク。

「フッ、婪のもすげぇ熱くなってるじゃないか」
「んっ!?…はぁ、あ…や、ぁんん…」

婪の吐き出した熱い息が、俺の先端に吹きかかる。
うぅ~ん、息だけで気持ちいいぜ。
両手で俺のを包み込むように握るとゆっくり上下に動かし始める婪。

「…あ、ぁ……」

熱く火照った手の中に包まれ、俺の快感は倍増するばかり。

「気持ち…いい…?」
「あぁ…気持ちいいぜ」

俺の素直な気持ちを言葉にして出す。
すると婪は嬉しそうにして。

「嬉しい…龍悪…んぅ…」

婪が愛撫の手を少しスピードを上げ根元まで上下にしごく。
それと同時に俺のアソコの先端に何やら柔らかいものが触れたのだ。

「ウワッ!?」
「んっ…んふぅ…」

俺は何が触れたのかすぐに確信できた。
あれは婪の舌だ。
そんな婪の舌が俺の先端部分を含み、ざらっとした舌の感触が鈴口をなぞりあげる。

「あっ…ぁああ!?」

あまりにも気持ちよさで喘ぐ俺。
婪はそのまま唇を進ませ亀頭の部分をすべて口の中に入れる。

「…ん…んふ…んっ、んうぅ…」

あ、熱い!
婪の口内が!
先端を撫でさする、舌の感触がたまらなく興奮させる。
そして激しさがます。

「っ?」

目に何か当たった。
何かだと思えば、婪の長い髪がハラハラと垂れ落ちてきたのだった。
それが脚にかかり、心地よく、くすぐったい。
そろそろ俺も反撃といきますか。

「婪…もっと身体をこっちに寄せろ」
「んっふ…こう…?」
「あぁ」

シックスナインの形に近くになり俺は舌を突き出す。
そして婪のモノを舐め上げる。

「あっ…ん…!?」

いきなり自分のモノを舐められた事によって、婪は短く悲鳴をあげた。

「んん…ああぁあ…!…た、龍悪~…そんな…イヤじゃないの…?」
「ん?…まぁ正直な話、抵抗はあるが……でも俺も婪にしてやりたいんだ」

そう言いながら熱くなっている婪のモノを舌で這わせる。

「んんっ…あぁ…やぁん……」

女にしか思えない声で可愛いらしく喘ぐ婪。
その声で俺の興奮度が一気に上昇する。

「ぁああ、んんっや…あぁあ……っ…はっあぁ…あ、あたしも!」
「…ッ!?」
「んっ、んぅ、んんっ…ふ、はっあぁあ…」

たっぷり唾液を含ませ唇で俺のカリ首を刺激し、口の端からあふれでた唾液が幾筋も流れる。
でも唇を離してはそれをすくいとるように舐め上げる。
クウゥッ!?
このままじゃ婪の口の中で出ちまう。
次にいくとするか。
俺は一旦、婪のモノを口からから離し、左手でシゴイやりながら右手の指を唾液まみれにし、そのまま婪の尻の穴へと押し当てた。

「っう!た、龍悪…!!」

婪の身体がビクンと跳ねる。

「そっそこは…!んぁああ…!!」

戸惑った声を上げて、婪は身体を身を強ばらせた。

「おい、もっと力を抜けって」
「んぁう…!」

いやらしく勃起した婪のもを左手でシゴキながら舐め、右手では尻の穴を弄る。

「ぁ…んぅ……や、ぁあああ…んんっ!」
「少しは力が抜けたみたいだな。なら…」

柔らかくほぐすように婪の尻の穴に指を押し入れていく。

「あっくぅ…た…龍悪のが…入って…!」
「ここはしっかりほぐしとかないと、後で婪が困るだろ」

第一関節ぐらいまで入ったのでゆっくりとほぐす。

「あぁああああーっ!?…だ、だめぇ~…そこ…」
「うん、ここまで感じるなら大丈夫だな。そろそろいいだろ、婪?」
「あぁあん、龍悪ぉ…」

俺と婪はゆっくりと身体を起こす。
そして婪が潤んだ瞳で見つめてきた。
乱れた綺麗で長い髪。
口から唾液が流れ顎を汚す。
汗ばんだ体。
小さくピンク色の乳首。
そしてビンビンに勃起したモノ。
すべてをさらけ出した婪の姿。
そんな姿がとても美しく淫靡だった。

「覚悟は出来てるよな?」
「うん…あたしの初めて龍悪にあげる」
「任せろ…さぁ、婪…四つん這いになってくれ」

緊張した表情をしながらも四つん這いになりながら俺の方にお尻を向ける。
桃の色みたくとても綺麗な色をしていた。

「…おしり、好きだよな?」
「えっ!?」

れろっ

「きゃあっ!?」

突き出されたお尻の筋を一舐めしてやる。
再び女の子っぽい悲鳴。
いつも婪の声は聞いてるが、こんな声を聞くのは初めてかもしれない。

「やっぱり…婪はエッチだな」
「そんなことは……ん…んん…」

紅くなりながら言葉を濁す婪。
かっ、かわいいっ…俺は興奮しお尻を虐めてあげたいと思い。

「ほら、もっと、尻を広げろ!」
「ん…きたないよ…んっ……」
「きたなくなんかないさ、ほら…」

舌を伸ばし、菊へと…。

つぷっ!

「んやぁんっ!」

またも初めて聞く種類の悲鳴…かもしれない。
もっともっと婪の事を知りたい!
俺の物にしたい!

ぬちゃれろれろれろ……

「あんっ!そこ…よわっ…あふぅん♪」

弾む喘ぎ声に俺の頬は思わず緩む、もっと奥をほじって…顔をガッシリお尻に食い込ませて…。

「んふぅ~~~っ!」

お尻をよがりくねらせると、なんだかお尻に挟まれたままパフパフされてるみてぇだ。
舌が抜けないようにしっかり喰らい付き、舌をディープキスのように捻る。

「ふぁ!あ!!あ~~~っ!!!いっ!!!!」

背を伸ばし感じてくれている、こんなにも面白い、嬉しい反応をしてくれるとはなぁ。
ぽたり、ぽたり、と唾液をたらす婪、震えっぱなしだぜ。

「ん…んん……んあぁ~~~~~~!!!!」

猫の背伸びのように体を反らすと、両腕両足をガクガクさせながらひときわ高い声で鳴く婪。
そして今度は婪の股の間からボタポタと愛液がこぼれはじめる。
イッちまったかな?
バタッ、とベットにうつ伏せで倒れこんで大きく息をしている。
しかし俺はお尻から顔を離そうとはせずに、強引に腰を持ち上げてさらに舌でアナルを嘗め回す。

「…はぁっ……ん…んん……」

じわじわとした快感に打ち震えているようだ。
よし、ここからが本番だ…顔を外すと菊から大量の唾液がべト~、とこぼれる。
これくらいならいいだろう…汗がにじむの背中に抱きつき、腰をそのお尻にはめる。

「あっ…ついに…」
「婪…今、いくよ」

ずにゅっっ!

「んやあああああああああああああ!」

婪のお尻の穴へ俺のペニスを突っ込む!
…ぐっ!
き、きついっ!
こんなにガッチリ咥えられるの、はじめてだっ!
その分、快感もハンパじゃねぇし、ペニスごと婪のお尻に食われそうだ!

「婪…すごいよ、ここ……」
「いやっ!や!!やめてっ!!!おかしく、なっちゃうっ!!!!」
「おいおい、もーかよ。でも気持ち良すぎて、俺も結構やばいかもっ!」

腰を引くとまるで一生放さないかのようにペニスが奥へ吸い戻される!
そのリズムに合わせて腰を前後させ、微妙にではあるがピストン運動をさせると、ほんの少しの出し入れが何十倍もの動きをしているかのような快感を生み出してくる。

ずっ…ずっ、ずるっ…ずずっ…ず、ずずず…ずうっ…

「んあぁっ!龍悪ー!!いやぁっ!!!いいっ、とんじゃううっ!!!!」

とんじゃう、か…。
俺は婪がどこにも逃げて行かないように、その胸を背後から鷲掴みにする。
ちょっと乱暴にすると嬉しそうに体を跳ね上げる。

ずず…ずんっ!ずん!ずんずん!ずんずんずん!

「いひぃいいいいーーーっ!」
「うぁ…俺も…もうっ!」

我慢できねぇ!
いっ…いくうっっ!

びゅううっっ!

「あぁあああああ~~~~んっ!」
「うっはぁああああーーーーーっ!」

大量の俺の精液が婪の直腸に噴射されるとビチョビチャッと、あそこからいやらしい潮を射精以上に噴出す婪。
ガクガクビクビクッ、としばらく震えたのち、ぺたっ、とうつ伏せに倒れ、ずるっ、と俺のペニスも抜けた。

「…婪?」
「………」

完璧に遠い世界へ行っちまったようだ。
やさしく仰向けにしてあげる…んしょ…今の俺にはこれだけで重労働かもしれない。
腰を振りすぎたかも。
…あ~ぁ~。
やっちまったぜ…俺。
婪とセックスしちゃったよ。
これで俺はホモ、ゲイ?
いや、婪は女の子だ。
身体は男でも心が女の子なら万事オッケー。
うん、それでいい。
つかぁ、それで頼む。

「さてっと…」

煙草を咥え、婪を見る。
あの事件から一ヶ月の間、俺はダメ人間化していた。
でも婪のおかげで目が覚めた。
俺はもう迷わない。
やる事は一つだけ。
アンジェラス達を必ず助けだす!

フラグ+1





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー