メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

拳と拳、剣と剣がぶつかり合う。
ここはバトルロンド筺体、神姫達の戦場である。


「しばらく見ないうちに、随分と腕を上げたな …マオ。」
ビームセイバーを持ち、澄ました顔で答える犬型ハウリン。

氷男聖憐所有の神姫"零牙"だ。

「ニャーだって、いつまでもアホじゃないのだ!」
両手にドリルを装備し、鋭い回転音で相手をけん制する猫型マオチャオ。

真光一所有の神姫"マオ"である。


"蒼穹の猟犬"と"まるかじり猫子"。
アオゾラ町神姫センターの二つ名持ち同士の対決であった。

「行くぞ!!」
「ツインふぁいなるドリドリあたーっく!!」


お互いの武器が交差する直前、それは起こった。
目の前に、突如として光の濁流が起こり、二人を呑み込んだ。

「!!」「にゃっ!?」


かしゃん


光が消えた時、そこには倒れた二人の姿があった。
『マオ! 一体何があった!?』『零牙、聞こえてますか…!?』

しかし、その眼は虚ろで、何も映していない。
ただ、死んだように動かないだけであった。



<<緊急事態発生、バトルを中断します。>>





(なんて事だ…ッ!!)
苦虫を噛潰した表情で、長瀬が呟く。

神姫のAIデータ、すなわち"魂"を盗む行為は、裏バトルではよくある事だ。
この前も、"G"の暗躍によって犯罪グループの一つが検挙されている。

しかし、今回のは初めてのケースであった。
ごく普通のバトルロンド筺体で、同時に複数の神姫が"魂"を抜き去られている。

「長瀬さん、一体何が起きたんですか?」
「いや、なんでもない。…今日は臨時閉店だからもう帰ってくれ」
偶然、センターに居なかった形人が聞くも長瀬は無回答であった。


(くそっ…)


『お客様に申し上げます。只今バトルロンド筺体に致命的なトラブルが発生しましたので、誠に申し訳ありませんが対戦コーナーを臨時閉鎖させていただきます。お客様には大変なご迷惑を…』





街中のとあるマンション。

「さて…どうするか」
長瀬は考えていた。
彼も裏社会で活動する者である。"G"には劣るが各種技術はプロ級の腕前を持っている。

しかし、彼には警察へのツテが思い当たらない。

犯人逮捕なくては事件解決にはならない。
しかし、どうする?

「センターから持ってきたログから、ハッキングすべき場所は特定してある…が。救出しても元をそのままにしておけば…」
「また、同じ事をする…ですね大尉」
ベルクトの模範的解答に、思わずため息をつく。
「あの、なにかいけない事でも…?」「いや、違う」

「"G"に依頼すれはいいんじゃないの?」
「ジュラ、エルゴはこの時期忙しいのですよ。これ以上手間を増やしたら、店長が倒れてしまいますよ」
この前だって、裏ルートでラースタチュカの修理を依頼した。その時、彼の目の下にはクマが出来ていた。
たぶん、また事件を解決したのだろう。彼には少しでも休養が必要だ。

「…そうだ! そう言えば先輩がMMS犯罪担当だったな…。何で思い出さなかったのだろう」
「先輩…ですか?」
「ああ、あいつなら俺のやっている事も知っている。…たしか電話帳に…」
「先輩をあいつ呼ばわりですか…」


~・~・~・~・~・~・~


「データリンク。…準備完了だ」
ラスター、ジュラの体には直接コードが装着されていた。"魂"の、電子世界への突入のためである。
コードは小型端末からUSBを通して接続されている。
端末には、メモリースティックが四つ。電子世界用の武装データと、

万が一、還ってこなかった場合のバックアップ。

「…絶対に帰って来い。俺は身内に死なれるのが嫌いなんだ」
「解ってるよ、祁音」
「ご無事を祈ってます、先輩」
"副業"とは無関係であるベルクトが、ジュラを心配そうに見る。


「…キャプテン。いえ…マスター」
「なんだ?」
少し、恥かしい表情を見せるラスター。
「もし…、私が消えても…私はマスターの側に居ます」
「どうした? いきなり」

「マスターが"バックアップ"に私たちをコピーしてないのは、始めから…マスターと出会ってこの仕事を始めた時から知っていました。
本当は"相手にだって死んでほしくない"、それはマスターが昔よく口にしていたではないですか…」
「甘い考えね…」
ジュラは口をはさむ。が、直ぐに黙った。



「だから…本当は私だって…あの子たちを屠るのは嫌なんです…。でも…」
「"でも"?」
「でも、それが人間に危害を与える…罪のない神姫(こ)たちを毒牙に掛けるなら…私は堕天使になります」
「もういい、お前の気持ちはよく「私は…自らの生まれを呪っています」…!?」


長瀬が見た時。彼女は、目から無数のしずくを零していた。
「ラスター…」
「私が…、人間に生まれていたら……」

「あなたをこの手で抱く事が出来たのに……っ!」

人差し指をそっとラスターの頭にのせ、撫でる。
「…ラスター、そんな事で悩むな」「えっ…」

「人間と神姫、サイズは違えど心は一緒だ。悩み事があったら俺に言え」
「…」
「なるべく、叶えてやるから」
そう言う長瀬の顔には、笑顔。

「……そうやってすぐはぐらかす、…マスターの悪い癖です」
そう言い抱えた両膝で顔を隠す、だがその顔は林檎のように真っ赤であった。


「ねぇ? だったら今度、新型の長距離ミサイル買ってくんない?」「わたしはレールガンが…」
「お前らシリアスも緊張感もないな…」

"やっぱりこうなるか"と、長瀬はため息をついた。




二人は電子の世界へと飛び込んだ。
優先事項は、攫われた魂たちの救出。
次点は各種証拠の獲得である。


現時点で、成功する確率はよく解らなかった、









| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー