メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

決着、事実、決意。そして・・・親父


風が吹き、ヴァーチャルの草が揺れる草原に、二体の神姫が対になって寝ていた。
「相打ちかぁ・・・残念」
その内の一体・・・オイルが、溜息を漏らしながら呟いた。バトルは引き分け。
「・・・でも、楽しかった」
その隣で寝ているアースも呟いた。
「二回戦で待ってる。それまで・・・」
「・・・絶対負けないでよ」
そして二人の体は粒子となってフィールドから消えた。

「お疲れさん。なかなか良いバトルだったぞ」
「かっこよかったよ~!」
バトルから戻ってきたオイルに、労いの声を掛ける。
「相打ちだったのは惜しかったけど・・・目標ができたから結果オーライだね」
「目標?」
そう言えば戻ってくる前に対戦相手と何か話してたな。きっと再戦の誓いだろうが・・・
「二回戦、絶対アースに勝ってみせるよ」
「その意気で優勝も狙うか」
「もちろん!」
「がんばってねオイルちゃん!」
どうやら大会に参加したのは正しかったみたいだな。
アースとそのマスターに挨拶もしたかったが、居なくなっていた。丁度試合の順番が来たみたいだ。
「さ、見に行こうぜ。お前のライバルの戦いを」
「うん」

「ちょい待ちぃや和章」
突然、後ろから声を掛けられる。俺の名前を知っていてそれを呼び捨て。それにこの声、この喋り方は・・・
「お袋!?何でここに!?」
「何や、居たら悪いんか?観戦や、観戦。息子の勇姿見届けたろ思てな」
確かに観戦に来たんならここに居てもおかしくは無い。
「試合、まだやろ?ガッチガチになっとらへんか見に来てやったっちゅうこっちゃ」
「大きなお世話だ」
お袋は初めは笑っていたが、次第に表情が真剣に変わっていった。
「それもあるねんけどな和章。それだけや無いんや・・・」
「・・・控え室の方が良さそうだな・・・」

「それで、それだけじゃ無いってどういう事だ?」
「この大会な、非公式だから怪しいな思て調べてみたんや。そしたらな、一つ分かった事があんねん。」
そう言って一枚の写真を取り出し、俺に見せてきた。写真には猿轡をされて狭い部屋のような場所に居る人が写っていた。
「このここに居る奴・・・まさか」
「分かるやろ。この大会の参加者や。連れてかれる所追いかけて撮って来させたんや。敗者はみんなこうして連れてかれるみたいやな・・・」
「止めなかったのか?調べに行くくらいだ。武装は装備してたんだろ?」
「そらしとったわ。せやけど一人倒したところでどうにもならへん。それにもし下手に干渉して向こうが大きな行動起こしよったら大変やからな・・・それだけや無い。敗者の神姫はどうなるか分かるか?」
「そんな事俺が知るかよ。どうなるんだ?」
まさかオイルみたいにその辺に捨てられる訳でもないだろうし・・・とは言えなかった。
「神姫はみんな負けの瞬間に機能停止してまうんや。大会用筐体にそう細工されとる。こっちの筐体は平気みたいやけどな。」
「つまり負けは許されないって事か・・・」
「そんな・・・!」
「ひどいよ!どうしてそんなことするの?」
オイルとタマは仲間が次々と機能停止していくと聞いて怒っている。
「確かに、大会側はどうしてこんな事を?暇潰し程度にしては規模が大きすぎる」
「それは分からん・・・でも、これ以上被害は出したくあらへん」
「そりゃ俺もこいつらも同じだ。で、どうするんだ?」
下手に手を出せないんじゃどうしようも無いじゃないか。
「考えはある。和章が本部に潜入して、筐体の仕掛けを止めるんや。ウチは捕まってるマスターを助ける」
「確かに仕掛けと人質さえ無くなれば、こっちのもんだな・・・だが」
だが一つ問題がある。
「その為には大会を棄権する必要があるだろ。それじゃあオイルは・・・」
「それなら心配あらへん。棄権した神姫はなぜか何ともあらへんみたいなんや。」
「いや、それもそうなんだが・・・オイルは棄権する訳にはいかないんだ」
「・・・何やて?」
お袋は驚いてオイルを見る。そりゃそうだ。何でわざわざ命を危険に曝すのか、と目が言っている。
オイルを見る。衝撃の事実を伝えられても、その目に宿る決意は揺るがなかったみたいだ。
「あたしは負けられないし棄権もできない。約束したから・・・」
「わたしからもおねがい!オイルちゃんをきけんさせないで!」
タマがオイルの手を握って言った。
続いてお袋を見る。しばらく驚いていたが、諦めたのか認めたのか、頷いた。
「ならしゃあ無いな・・・せやけどどないしよ」
「カズアキ、行っていいよ。あたしなら一人でも大丈夫だから」
「それは信じてるが、マスター無しじゃ試合できないんじゃ無いのか?」
確か、Aブロックの何試合目かで、トイレに行っていて名前を呼ばれても来れなくて失格になったマスターがいた。
「あ、そっか・・・」
「それなら心配いらないぞ」
「「「「・・・!?」」」」
急に声がした。四人は後ろを振り向く。
そこには、白衣に身を包んだ男が立っていた。
「お、親父!?」
「信義・・・!?」







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー