メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 「メインコンピュータルームに異常発生!」
 真夜中、とある街の施設で事件が起きた。施設内に設置されているホストコンピュータに異常が生じたのだ。
 「どうした、何かあったのか?!」
 「外部から何者かがネットを通じてコンピュータルームに潜入、次々とプロテクトを突破して深層部に向かっています」
 「何だと!」
 外部からの進入―――それはここではあってはならない事件だった。おそらく強力なプログラムを送りこんでコンピュータを狂わせるつもりなのだろう。
 「早く外部からのネットをシャットダウンしろ。最小限に食い止めるのだ」
 しかしすでに遅かった。ウイルスは急激な速度で進行し、コンピュータを沈黙させてしまった。
 「ホストコンピュータ、完全に沈黙しました」
 「ウイルスはどうした?!」
 「外部に逃げてしまったようです。跡形もなく」
 ここまで素早いウイルスでは、もはや追跡する事は不可能だった。
 「まさかここまで侵食が早いウイルスだとは…。我々は一杯食わされたようだな」
 研究院長らしき男はうつむき、自分の無能さを呪った。そしてその後、顔を上げた彼は冷静な判断で部下に指令を下した。
 「直ちにコンピュータウイルスを消滅させろ。完全に、完璧に、だ。外部の者に協力を頼んでもかまわん。必ず原因を突き止め、殲滅するのだ」


ネット世界の侵略者

プロローグ 侵略




「あ~あ、何でこんな事手伝わなきゃいけねえんだよ」
 ここは和多家のガレージ。ここでは真鬼王「不動」の追加パーツの取り付けをしていた。ヤクトはそれの手伝いをしている…いや、されているのだった。
 「めんどくせえなぁ、こんなことしなくても不動は十分強いと思うんだけどなあ」
 しぶしぶ文句を言いながら、ヤクトはパーツを運んだ。
 「これからは強敵が多くなるだろうから、今のうちにパワーアップしておかないと。それに、今までの不動ではパワー不足な点があるからな」
 「かといって、今すぐにやらなくても…。もうちょっと心に準備ってもんが…」
 不満げに作業を続けるヤクトは、近くでプログラムの作業をしているカウベルを見た。
 「あいつ、よく文句言わずにやってるよな」
 「お前とは違って、進んで手伝っているんだ。それにメイベルは不動に愛着を持っているからな」
 一生懸命不動ヘッドの制御プログラムを組み込んでいくカウベルの姿に、ヤクトは関心を示した。
 「愛着ねえ…、それならおいらだってあると思うんだけど」
 「だったら、文句言わないで手伝うんだな」
 そのとき、ネット通信を告げるコール音が聞こえた。
 「ありゃ、いったいどうしたんだ?」
 「研究所からの通信が入ったんだろうか。とにかくヤクト、ここはカウベルに任せて一緒に居間に戻ろう」
 「あいよ」
 ヤクトを肩に乗せ、和多は居間に向かった。




 「すまないな和多君、緊急事態が起こった」
 モニターには真剣な顔をしている博士らしき人物がいた。
 「どうしたんです」
 「実は、とんでもない事件が起きてね」
 とんでもない事件…おそらくこれは最重要指令だろう。和多は顔色を変えずに話を聞き続けた。
 「ある研究施設で何者かにホストコンピュータを停止させられる事件があった。研究班は何とか情報の流出を止めようとしたが、肝心の極秘データの一部を奪われてしまったのだ」
 「そのデータとは一体?!」
 「バトルロンドに登録されている神姫たちのデータだ。改めてチェックしたところ、登録している神姫のデータの半分近くが流出されていた。しかも…」
 博士は少し深呼吸をし、落ち着いてから言い放った。
 「上位クラスの神姫の能力データを中心に流出していたのだ。おそらくこれは意図的に犯人がデータを選び、奪ったに違いないのだ」
 驚愕の事実を知った和多は、盗まれたデータが使用される可能性があるのでは、と考えた。
 「もしそれが本当なら、そのデータを使われる可能性がありますね」 
 「むう、犯人の考えている事はまだ分からんのだが、おそらくは自分の兵士にするのではないかと思うのだ」
 「兵士、ですか…。考えられなくもないですね。上位クラスの神姫データをわざわざ選んでいますから」
 和多はそのデータが悪用されたときの事態を予測した。それは深刻な事態だということを意味していた。
 「そこで君に頼みがある。これ以上彼らの襲来を防ぐために協力して欲しいのだ」
 やっぱりそうか…。和多は予想していた事が真実だという事を確信した。
 「もちろんこれは強要ではない。もし無理なら参加しなくてもいいのだ」
 「いいえ、協力しましょう。ただ、まだ準備が整っていませんので、もうしばらくの猶予が必要ですが」
 「そうだな、いきなり言われたところですぐに出動できるわけじゃないだろうからな。とにかく出動できる状態でスタンバイしてほしい。ただしそんなに時間は取れない。緊急事態であることを頭に入れて欲しい」
 ネット通信が切れた後、和多は謎の敵の襲来に脅威を感じていた。あれだけ強固なプロテクトを破ったのである、よほど腕の立つクラッカーだろう。
 「なあマスター、これってとっても重大な事件なんだろ。何とかしないといけないんじゃないか?」
 近くで座っていたヤクトが和多に話しかけてくる。
 「もちろん何とかして手を打たないといけない。でもその前にやらないといけないことがある」
 「ああ、あれか。あんな事があるから不動のパワーアップをしてたんだな」
 さっきの作業の事を思い出しながら、ヤクトは納得していた。
 「分かったなら早いところ終わらせるぞ。いつ出るか分からないからな」
 「わあってるよ、で、なにやればよかったんだっけ?」
 こいつ、解かっていて言ってるのか…。和多は半分呆れたような感じでヤクトを見た。そして肩に乗せると、そのままガレージに向かっていった。









| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー