メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ・・・。

 見慣れないそれ。自分の身体の上でクルクルと回るコンピュータグラフィックの髑髏のマークを目をぱちぱちとさせながら眺める。
 敗北のデータをメインコンピュータに送っているのだろうか。それそのものは余り良い気分というではないが、何故か心はすがすがしい。
 どうやらその間は体が言う事を効かないらしい。身体のあちこちが重く感じられる。動かそうと思えば動かせるが・・・。
 それがようやく徐々に薄くなり、消えるのを待ってから。
「よいしょっ・・・と」
 マーチは、のっそり身体を起こして立ち上がった。
 コルヌを仕舞い。先ほど解いた・・・黒い刃を包んでいた紙を回収しながら、その仕草を見ていたノーヴスは一瞬目を丸くした。が、ふっと小さく笑う。
「・・・随分と力持ちね。その重さ・・・手を貸さなきゃ起きれないだろうな。・・・って。思ってたんだけど」
「あ。うん、大丈夫」
 困ったように笑い返すマーチ。顔には残念そうな色も浮かぶが。それも笑顔の中に溶けていく。
「負けちゃった。初対戦」
「初・・・?」
「うん、CPUだけはやった事があるんだけど」
 ノーヴスは眉を顰めて返す。
「どうして、今まで対戦を・・・」
 その言葉に。ふっと、マーチの顔が、さみしげな色を浮かべた。
「対戦相手がね。いないから・・・うん。他の神姫と会う事も無いし」
「・・・。そう・・・」

 函館における神姫は、名前くらいしか知られていないかもしれない。その数の少なさと。いたとしても・・・高年齢化と人口激減を反映する、老いた人々の話し相手がほとんどである。武装神姫ではなく純粋に「神姫」として。ヒトと付き合う者が多い。

「函館の神姫センターにも、旧式の筺体はあるんだけど・・・」
 服飾を買いに来る人間のお客が多く、神姫とは余り会わない小さな店内。武装パーツそのものの販売も、ほとんど行われておらず。今年の秋に閉店が決定している。
「そうだったの・・・」
「ううん? 気にしてないよ? 私ね、ヘタだから・・・CPUでもほとんど攻撃が当たらないの。でも、CPUでは負けなしだったんだよ? ・・・えと。でもね。勝ちも無かったけどね」
 どんな表情をすればいいのかと。困ったように頭を掻いて笑う。
 だから、自分の中で『勝ち』を決めたりするんだよ。という事も話した。色々と話したかった。

 トレーニングCPUは時間制限が短く。同時にタイムアップ判定の概念が無い。全てはDROWとして扱われる。
 ノーヴスは『負けなし』という事を納得した。力押ししかしないCPU程度で。普通の種型よりも遙かに『重い殻』を突破する事は不可能だろう。

 マーチは初めての対戦で興奮が収まっていないらしい。負けたにも関わらず、ノーヴスに嬉しそうに色々と問いかける。
「うん、初めての相手がね。ノーヴスで良かったなぁ。私」
「・・・」
 そのセリフに、ちょっと困惑して。顔を背ける。
「マーチ、そういうセリフは・・・ちょっと」
「?」
 そんな彼女の心情を知らずか、マーチはその薄紅色の唇を指で抑えながら首を小さく傾げる。
「・・・いや、いいか。うん、私もマーチの、初めての相手が出来て良かった」
 人間ならば誤解されるやもしれないセリフだけど。
 どうせ次の順番を待っている客はいない。ノーヴスは小さく頷きながら。その笑顔にしばし付き合った。

(・・・なんという、不思議な神姫だろう)
 まるで。その笑顔は。胸の奥に吹き込む柔らかな風。彼女も穏やかな笑みを浮かべつつ。黒い刃を紙で包み始めた。

「マーチ? 貴女は・・・」
 そこで。言葉が詰まった。
「・・・っ」

 かしゃん。

 身体に付いたホコリをはたいていたマーチの視界に、紙が半分ほど巻かれた黒い剣が落ちた。
「え?」
 その音を不思議に思い、ふと顔を上げると。
「・・・!?」
「う、ぅ・・・っ」
 苦しそうな呻き声。両手で頭を抑えながら、ノーヴスがたたらを踏んだ。
 慌てて、その肩を抱きかかえる。
「嘘! の、ノーヴス!? どうしたの?」
「泥、の精霊が・・・引き・・・」
 心底辛そうに。ぽつり、ぽつりと。それだけ呟くのが精一杯だった。
 ノーヴスの身体からがくりっ、と力が抜け、そのままマーチに抱きかかえられる様に倒れこむ。
 その、先ほどまでの力強さが嘘みたいに。ぐったりとした体を受け止めて、しばし呆然としていたが・・・。
「き・・・きゃあああああっ!?」

 筐体内にマーチの悲鳴が、響き渡った。


 ・・・。
「うん。大丈夫だよ。きっとバッテリー切れだから」
 レオは子供を宥めるように、それだけ言うと。
 自分とノーヴスと。そして二人分の武器も一緒に背負って出てきた・・・泣き顔のマーチから。自分の神姫を受け取った。
「えっ?」
 そのままバッテリーパックを付けた水色のポシェットを開けると、ノーヴスを入れて充電ボタンを押す。一度だけ電子音が鳴って緑色のランプが点灯すると同時、低い動作音が響きだした。
「ば・・・バッテリー? ですか? けど、さっきまでポケスタに入ってたんじゃ?」
 こちらも何事かを慌てていたヤヨイが問いかけるが、レオは首を振った。
「彼女・・・ノーヴスは。バッテリーが故障しているんだ」
 こしこし、と涙を拭うマーチの頭を、人差し指で撫でてあげながら。彼は続ける。
「実は、ちょうど出発する前日か。ちょっとしたアクシデントがあってね」
「アクシデント・・・?」
 ようやく顔を上げたマーチがその言葉を反芻する。
「そう。けど、僕たちが行く場所は神姫の修理も出来る場所だから、そこで直してもらおうって。ノーヴスも、どうしても行くって聞かないから」
「修理も、出来る?」
「・・・うん、実はね。神姫センターに勤めてる、叔父のトコまで行く途中なんだよ」
 そう言いながら、レオはマーチが差し出した黒い刃を、手際良く紙で包んでいく。

 レオが言うには。ノーヴスはクレイドルから出れば普通にしていても30分。
 そして、バトルなど激しい運動をすれば10分持たずにバッテリーが切れてしまうのだという。

(て、ことは・・・?)
 あの騎士らしからぬ軽装も。已む無し、という意味での兵装だったのだろうか? 少しでも稼働時間を延ばす為に。
 そんなヤヨイの考えを知らずか、マーチはノーヴスの寝顔を心配そうに見つめていた。


 ・・・。
 ノーヴスは大丈夫。良ければ、あとで夕食時にでも会おうか。という言葉に甘える事にして。ヤヨイは自室に帰ってきた。
 年上の男性に食事に誘われたというのに。胸が一向に高まらないのは、レオが持つ特有の雰囲気なんだろうか。
 その背格好もあって、異性として見える時と。不思議な中性的に映る時。そして年下と感じる時が混在してしまっている。
 いつしか。知らず、最初のぞっとするような深い視線は感じなくなっていた。

(少々の慌しさがあったけど、まさか船上で初バトルをするとは思わなかったなぁ)

 そう。神姫を持っていると、色々と起こりえる物なのかもしれない。
 『神姫』という存在は一種トラブルメーカーなのかもしれないな、と彼女は思ったりしつつ。ポケスタをベッドに置くと、マーチがぴょっと飛び出てきた。
「マスター」
「うん?」
「えと」
 何やらもじもじとしていたが。
「友達が、出来ました」
 ちょっと照れたような顔で。そう言うと、マーチは笑顔になった。
「・・・うん、おめでとう」
 その言葉に、こっちも嬉しくなって笑顔で返す。と、彼女は不思議そうな視線を返す。
「マスターも、ですよね?」
「あ。・・・そっか」
 言われて気付く。そうだ、丁度レオは『友達』という雰囲気なのかもしれない。
 異性に慣れていない、だけではなく。人にも余り慣れていないはずの自分が。これだけすんなり話せるようになったのは。きっと彼が『友達』としての雰囲気を出してくれているからだろう。
「バトルも。負けちゃったけど。楽しかったです。えへへ、初めて」

「・・・うん。おつかれさま。マーチ」


 ・・・。
 夕食は船内のレストランでとることになった。ノーヴスは充電中で来れないだろうし。それにマーチも疲れたという事で充電に入った為。ヤヨイはレオと二人でテーブルを囲んでいた。
「そっか。仙台で降りるんだ。明日でお別れだね」
 その年齢を感じさせない落ち着いた雰囲気。レオはヤヨイの話を聞いて、残念そうに頷いた。
「はい、そこからは電車で」
 マーチにもさっき伝えたら、とても残念そうな顔をしていて。悪いことをしたかな・・・とも思ったけど、決めていた事だった。
 ただ行って、帰るだけではつまんないから。

 これは、彼女が彼女になる為の旅でもあるのだから。

「えっと。電車で、まずは・・・」
 言おうとして。すっと、手でその先を制された。
「うん。目的地は聞かないでおくよ。それが、家の『旅のルール』なんだ」
 そう言ってレオは笑う。
 互いの旅の途中で点として交わった事。その一瞬を出会いとする。その先もまた、知るべきではない。そう、彼は説明した。
「へぇ・・・」
 ヤヨイなどは、お互いの目的地とか聞きたいと思っていたのだが。彼の言葉も、また尤ものように思えてくる。
「けど、そうだね」
 ふっと、レオは大人っぽい視線をヤヨイに投げて寄越した。
 どきり、とする程に深い黒。その視線に射抜かれて、思わず彼女は言葉を失った。
「また、会えるかもしれないね?」
「・・・あ。はい」
 自分は赤面しているのだろうか。それさえも解らない。その言葉に。彼は不思議な空気を漂わせる笑顔で頷いた。

 食事が進み、ヤヨイはマーチから聞いてきてくれと頼まれた問いを尋ねた。
「あの、レオさん」
「うん」
「ノーヴスは、どうして故障しちゃったんですか?」
「・・・あぁ。カレーが原因なんだ」
 ・・・。
 その単語に、動きを止めてしまったヤヨイを見て。レオもまた食事の手を止めた。
「? カレー? ですか?」
「うん、棚の上の香辛料の位置を戻そうとしてくれたらしいんだけど。それで。バランスを崩して」
「・・・」
「滾っているカレーの中に・・・こう」
「・・・うわぁ」
 聞いているだけで熱くなってくる。
「救出したのは10分くらい後だったかな。熱でバッテリーが異常をきたしていただけで済んだのが奇跡的だった」
 なんとも。あの騎士様は中々にドジらしい。
 さて。これをマーチに伝えるべきかどうするかを、ヤヨイは悩まなくてはいけなかった。








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー