メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロローグ

 西暦2036年。
 第三次世界大戦もなく、宇宙人の襲来もなかった。
 20世紀末から、ほとんど、なんの変化もなく、ただムーアの法則を若干下回る程度に市販コンピューターの性能は上昇しつづけた。
 そんな時代に新しい形のコンピューターガジェットが誕生する。
 神姫、そう呼ばれたその新しいコンピューターガジェットは、身長15センチほどの少女の姿をした、フィギュアロボだった。
 汎用性を兼ね備えたそのガジェット……神姫は玩具として発売されながら徐々にその認知度を上げていき、現在、1990年代における携帯電話なみには、普及し始めていた。


 心なんて、信じない。
 父さんと母さんが離婚したのは、僕が十歳の時だった。
 原因は母さんの浮気。
 勿論当時の僕には、そんなことは教えられなかった。
 ただ父さんが口癖のように、「母さんは俺たちを裏切っんだ」と言っていたのはいまだに耳にこびりついている。
 だけどこの情報化社会、十歳ともなれば、大体ことの次第は想像がつく。
 人の世界がどの程度の悪意で出来ているのか、おのずと分かってしまうというものだ。
 父さんは母さんから親権を取り上げ、自分ひとりで育てることにした。
 別に僕を愛していたからじゃない。
 母さんが、親権を欲しがったからだ。
 ただ母さんの裏切りに対する復讐として、優秀な弁護士を雇い、母さんから一切の親権を取り上げた。
 そんな父さんは母さんと別れてからますます仕事に没頭するようになった。
 折角勝ち得た僕っていう『トロフィー』を手放す訳にもいかないらしく、生活費だけは潤沢に与えられた。
 他人と話すことなんてほとんどなく、ただお金だけ与えられて過ごしていた僕は、学校にもほとんど行かなくなり、毎日、与えられた金銭で気に入ったコンピューターや機械類を買って、それをいじって遊んでいた。
 心のない機械たちを分解、解析して組み立てる。
 そんな行為だけが、僕を楽しませていた。
 そして、僕が形だけ中学生になった頃……


「よし……っと……」
 買ってきたばかりのコアとボディをセットして、その胸にムーアの法則の最後の守り手とまで言われた、超高密素子CSCをはめ込む。
 一緒に買ったクレイドルにボディを寝かせ、接続したパソコンから起動用のアプリケーションを操作する。
 途端、炉心に火がついたような低い唸りがCSCから響き始めた。
「Front Line製 MMS-Automaton神姫 悪魔型ストラーフ FL013 セットアップ完了、起動します」
 そして、鈴を転がすような少女の声が、僕の耳に届いてくる。
 パソコンのスピーカーから……じゃない。
 クレイドルに横たわる小さな女の子の唇からだ。
 ゆっくりとその小さな女の子がクレイドルから立ち上がる。
「さすがに、良く出来てるなあ……」
「あなたが、わたしのマスターですか?」
「あ、うん。そうだよ。僕がおまえのマスターだ」
「認証しました……マスターの事はなんとお呼びすればよろしいでしょうか?」
「普通に、マスターでいい」
 淡々とつむがれる質問に、僕も淡々と答える。
「神姫に名前をつけていただけますか?」
「名前?」
「はい、MMS国際法に基づき、各神姫には単一オーナーによって名づけられた登録名が必要になります」
 ……機械に名前をつける趣味はないけれど、それぞれの神姫には名前を与えて自分一人だけをマスター登録するのがMMS国際法によって決められている。
 確かそんなことが事前に読んだMMSや武装神姫の本に書いてあった。
「じゃあ……ジェヴァーナ」
「ジェヴァーナ……神姫名称登録」
 そっとその神姫が目を閉じて、自分の名前を確認する。
 そして、再び目が開くと……
「ふうん、ジェヴァーナ……か、それがボクの名前ね? うんうん、気に入ったよ!」
「……へ?」
 さっきまでの機械的な話し方とは違う、弾むような声が僕の耳に響く。
「ん? なにぼーっとしてんのさ? マスターが付けた名前で合ってるよね?」
「い、いや、それは、そうだけど……」
 突然の変貌振り……というよりも、ここしばらく他人のペースで会話をさせられる事が無かったせいで、なにを言っていいのか混乱してしまう。
「とにかく、これからよろしくね! マスター!」
 握手のつもりなのか僕の人差し指を掴んで、ぶんぶんと縦に振る。
「う、うん……」
 結局、そう答えるのが精一杯だった。
 思えば、この時から気づき始めていたのかもしれない。
 武装神姫……ジェヴァーナに『心』があるっていうことに。


「戻る」 「進む」





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー