メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ただその翼は、姫を解き放つ為に(その三)




──放っておけば、破滅してしまう。負けても、彼女は周りを巻き込んで
滅びの道を歩んでいきますの。そうなれば、わたし達がやる事は一つ……
ロキちゃんに、微笑んでもらう事ですの!それこそ、わたしの願い──!



第六節:窮地




狂気の“魔術”を身につけてしまったロキちゃんは、なおも黒き龍を従え
わたし達を睨め付けますの。奇しくも、彼女は射撃・白兵……更に魔術。
そう、わたし達が扱っている凡そ全ての“戦法”を操る事が出来ますの!

「今更貴女達の躯が大きくなったって、この力は止められないわ!」
「いいえ、止めますの……絶対に!」
「必ず止めてみせるんだよ。さぁ、勝負だもん……フォイエルッ!」
「行きます、せあああああっ!!」

ですけど、それで怯んではいられませんの!クララちゃんが、すかさず
束縛の為の光弾を撃ち出して、ロキちゃんを絡め取ろうとしますのッ!
それを追う様に、アルマお姉ちゃんはハンマーを構えて突撃しますの!

「あは、アハハハハ!遅い、遅いわッ!!……ふっ!!」
「光弾を、避けた……!危ないよ、アルマお姉ちゃん!!」
「え?きゃあっ!?……し、洒落にならないですよっ!」
「あの膝、やっぱりパイルバンカーでしたの……!」

でもスピードこそが命のロキちゃんは、光弾をあっさりとかいくぐって、
アルマお姉ちゃんの顔に左膝を叩き込もうとしましたの!先端に輝くのは
禍々しい突端。アルマお姉ちゃんは間一髪、ハンマーで退けましたの……
でも、よく見ると鎚の縁には抉られた様な痕。弾いただけでこれですの!

「ふん。しぶといのね、今までの誰よりも強いわ」
「当然です……あたし達には、それだけの想いがあります!」
「絶対に、ロキちゃんを光の下に戻す……それだけを願って」
「それを叶えるまで、諦めずに戦い続けますの!」
「ク、クク……クハハハ、アアハハハハ!!」
「ッ!?」

おぞましいオーラを纏うロキちゃんは、わたし達を再び笑いましたの。
そして、その瞬間に……わたしは見ましたの!シェードの下にうっすら
透けている、彼女の顔を!それは……哀しい微笑みに、見えましたの。

「想いなんて、裏切られるの!証明して……あげるわッ!!」
「き、えた……!?」
「まずは、心臓を砕く為の……技ッ!!」
「──え?」

垣間見えた表情に気を取られたのが、いけませんでしたの。瞬時に彼女の
姿は消え失せ、次の瞬間にはクララちゃんに右脚を突き込んでましたの!
深々と突き刺さっているのは、足に隠されていた剣型のアンカー……更に
ロキちゃんは、左脚の裏に仕込まれた『もう一つのパイルバンカー』で、
クララちゃんの胸を思いっきり吹き飛ばし、即座に離脱しましたのッ!!

「きゃあああっ!?」
「次は……頸椎を破壊する技よッ!!!」
「──クララちゃん!?」
「余所見は、禁物……よッ!」

気が付けばロキちゃんは、アルマお姉ちゃんの背後に回っていましたの。
そして、左掌を装甲の隙間へと突き刺し……放電!さっきわたしが受けた
強烈なスタンナックルで動きを止められ、そのまま“ソニックバイト”を
装甲の上から首に喰らった、アルマお姉ちゃんの悲鳴が聞こえますの!!

「ぐ、う……ああぁあっ!?」
「最後は、喉笛を掻き斬る為の……技ッ!!!」
「──速い……ッ!?」

そこまで認識していても、わたしの躯は追い付きませんの。ここまでに、
コンマ数秒も掛かっていないのですから、仕方ないですけど……それでも
必死に抵抗を試みますが、ダメでしたの。私の胸を、一閃。そして更に、
二回、三回。そして四回!刃は二本ですから、都合八回斬られましたの。

「ひぅ、ぁあああっ!?」
「……人間を確実に殺す為、編み出した技よ!具合はどう?!」
『──────きゃあああああああああああっ!!!』

そして、全てが終わり距離を取ったと同時に……皆の“プルマージュ”は
圧倒的且つ急所を捉えた一撃で、バーストしてしまいましたの!接合した
部分から全身に痛みが流し込まれ、同時にわたし達は地に落ちましたの。
動けなくなった三匹が堕ちてきて、土煙を舞い上げるのが見えます……。

「あはは、アハハハハハ!速いわ、この空間だと思う様に動けるわッ!」
「う、く……“魔術”で、持ち前のスピードを強化していますね……」
「……本来、大きな相手との戦いには慣れっこだったのかな……」
「でも、でもまだ……諦める訳にはいきませんの!」
『Yes,sir/No problem/Ja(支援します)』

それでも、まだわたし達の“心”は折れていませんの!ボロボロになった
“アルファル”達も、その咆吼に応えて再度わたし達の躯を覆いますの。
本来は、彼女達だって辛くて動けない筈なのに……有り難い限りですの。

「……どうして、どうしてよ!諦めれば、楽になれるのよッ!?」

──────諦める方が、もっと辛いから……ですの。



第七節:宵闇




龍は堕ち、身を覆う“騎士”も最早ボロボロで変形はさせられませんの。
それでもわたし達は、決して戦う事を諦めずに立ち上がります……それを
見たロキちゃんは眼前の光景が信じられないのか、絶叫し始めましたの。

「何故諦めないのよ!さっさと諦めて死ねば、楽になるのよ!!」
「……それは、ロキちゃん自身が未だに諦めきれないって事かな?」
「──────ッ!?」

クララちゃんの一言で、ロキちゃんが震えますの。そう、全てを諦めれば
苦しまないと叫ぶならば、ロキちゃん自身もそう思っているなら。自身が
生きる事を諦めていないのは、一体何故なのかって事になりますの……!

「何処かで止めてほしい、って思っているんですね?誰かに……」
「お、思ってない!あたしはそんな事思ってないッ!!違うッ!!!」

つまりそれは……生きていたい“心”の裏返し。幸せを取り戻して、再び
大切な人とMMSの一生を送りたい。そんな欲求から出た言葉ですの……!

「わたし達が受け止めてあげます、だから苦しまなくていいですの!」
「う、煩い煩い煩いッ!!止めたければ、アタシを壊せぇっ!!」
「……来ますの!!」

でも憎悪に呑まれているロキちゃんを落ちつかせなければ……その意志と
伝えたい『もう一つの事』を話す事が出来ませんの。その為にも、ここで
何としてもわたし達は勝たないといけないですのッ!例え満身創痍でも、
皆が魔剣を掲げて戦う意志を示すのは、それを分かっているからですの!

「その鎧も、剣も!躯も、全部砕いてやるわよッ!うわぁぁああ!!」
「な!?腕の銃器が、拳を覆い隠して……きゃああっ!?」
「アルマお姉ちゃん!?しま──」
「だから、遅いって言ってるでしょうッ!!!」
『き、きゃぅぅっ!?』

しかし全身のスラスターも不調のわたし達では、ロキちゃんの速度には
到底追いつけませんの。腕が変形したショットガンとチェインガンで、
アルマお姉ちゃんとクララちゃんの“アルファル”は微塵に砕け散り、
そして今、残ったわたしの“フィオナ”も……彼女の胸に光った輝きで
打ち砕かれましたの!隠し武器の、胸部拡散レーザーキャノンで……!

「ほら、もう諦めなさい……よぉぉぉぉぉッ!!!!」
『きゃああああぁぁぁぁあっ!!!』

しかしロキちゃんは飽き足らないのか、恐るべき機能を発揮しましたの。
それは、戦闘機型ヴィークルへの変形機能。四肢を折り畳み、翼を広げた
自身の周りを黒いオーラで包み込んで、そのままわたし達に強烈な突撃を
仕掛けてきましたの!それが“魔術”の効能なのか、元から有る機能かは
もう判断できません……ともあれ、それでわたし達は吹き飛びましたの。

「ほら、痛いでしょ!?苦しいでしょ、辛いでしょッ!!」
「ぅ、ぅぅ……」
「人間の我が侭なんかの為に、アンタ達は死ぬのよ!!」
「く、ぁ……」
「アタシなんかに、アタシなんかに関わるからこうなるのよ!!」
「ぃ、た……ッ」

無惨に転がされたわたし達を確認して、ロキちゃんが人型に戻ります。
服も半分破れ、魔剣以外の装備を殆ど失ったわたし達ですが……でも、
それでもまだ立ち上がろうと、四肢のモーターへと力を注ぎますのっ。
だって、それは……彼女の“心”の叫びが、CSCを震わせるから!!

「アタシなんて要らない!アタシなんか、消えちゃえばいいのに!!」

──その、強烈すぎる自己否定。切っ掛けは、たったそれだけですの。
もうライフも残り僅かなわたし達の躯に、再びパワーが漲ってきます。
更に……決して幻ではない“純白の光翼”が、わたし達を覆いますの。
それはわたし達にも最早制御のできない、“魂”の輝きですの──!!

「わたしは……赦せないの。大切な過去を哀しんだ、貴女に眠る涙を!」
「あたしは……赦せません。大切な“妹”達が悪逆の徒にされた罪を!」
「ボクは……赦せないよ。大切な存在を否定されたと想う、その魂を!」
「……な、に?何よこれ!新しい……“魔術”!?」

──そして、封じ込めてきた全ての想いが……今、弾けましたの──!!

『だからっ!!!』

皆で立ち上がった時、それは起こりましたの。わたし達の躯を包んでいた
白い光が結晶化して、武具の形を取りました。即ちそれは、剣・槍・杖!
更に、胸部鎧と部分鎧……そして外套!そして皆の背に宿るのは、純白の
翼ですの!そして残存したデータが、わたし達の周囲で名を告げますの。
“Wings of promise:Re-encoded.”と……これは“約束の翼”であると!

『貴女を放ってはおけないッ!!!』
「この“約束の翼”に掛けて……」
「ロキちゃん、貴女を止めるんだよ」
「決して、わたし達は負けませんの!」
「うそ、よぉ……うわぁ、あああぁぁああっ!!」

──────わたし達の想いが、一つの形になりましたの……!







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー