メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ただその翼は、姫を解き放つ為に(その一)




──思う所は有りました。今でも、無いなんて言ったら嘘です。それでも
あの娘に笑顔を灯したい。哀しい呪いから、彼女を解き放ってあげたい。
そんな、あたしの“大切な人”の願い……叶えたいのが、あたしの──。



第一節:奇策




燃える様な太陽が、落ちました。冷たい夜に、あたし・アルマと“妹”の
ロッテちゃんとクララちゃんは、戦闘態勢を整えます。マイスターの手を
気遣って、あたし達が自分で出来るチェックや調整は個人で行いました。

「足のモーターは大丈夫ですか、ファフナー?モリアンの駆動率は……」
『グルォッ!!』
『No problem(全身のチェックを完了しました)』

もちろんこんな夜分遅くに、マイスターやあたし達が神姫センターへと
出かける事はありません。ここはMMSショップ“ALChemist”……そう、
あたし達の“家”でした。勝手知ったるこの場所が、輪舞の会場です。

『Yes,sir(弾薬の貯蔵は十分です)』
「御苦労様ですの、フィオナ♪ウィブリオの飛行システムも順調っ!」
『キュイン♪』

踊る相手は、ロキちゃん。残酷で横暴な運命に翻弄されている姫様です。
彼女を救いたいのは、マイスターの願い。そして……それを叶えたいのが
あたしの“欲望”なんです……その筈、なんです。だから今は、ひたすら
準備に励みます。ヴァーチャルフィールドでの仮想戦闘でも、実空間での
ダメージやコンディションは、きっちりと反映されてしまいますからね?

『クルゥ……』
『Ja(問題はありません)』
「そう、問題はないんだよ。リンドルム、アルサス……宜しくね?」

万全な状態じゃなかったり色々なインチキをするのは、彼女にとっても
あたし達にとっても望まない事です。だから、何度でも繰り返し状態を
確認していきます。最善の状態で、彼女の相手をしたいですから……。

「よし、地上と通路に紙に張り出してきた。気付けば、必ず来る筈だ!」
「あ、マイスターお帰りなさいですの♪外は結構風強いですけど……?」
「有無。きっちり張り付けてきたから、一晩位は恐らく飛ばぬだろうな」
「でも……マイスターが起きていられる間に来なかったらどうします?」
「難しいけど、その時は一度剥がして寝るしかないと思うんだよ?うん」

両手に包帯を巻いたままのマイスターが、店の入口から戻ってきました。
こんなに傷ついても、何度だって苦しんでも……この人はロキちゃんを、
哀しき神の姫を助けたい。その決意が固い事は、何度も確認しましたね。
もうこうなったら、あたし達はその願いを叶えてあげるしかないんです。

「出来れば、早い内にロキちゃんが気付いてくれると良いんですけど」
「そうですの。ロキちゃんは何時狙われてもおかしくない立場ですの」
「……首を突っ込んじゃった以上は、絶対に救わないといけないもん」
「嗚呼。皆、苦労を掛けるな……だが、意地でも助けてみせようッ!」

だって、この人に微笑んでほしい。それがあたしの“願い”ですから……
ただ望むだけ・望まれるだけじゃダメなんです。享受しているだけでは、
本当の願望はきっと満たされないって、思うんです。だから、この戦いが
終わってもしも無事だったら……あたしはこの人に、今度こそ言います。

「……今から、なんて言うか考えておかないといけないですね……うん」
「む?どうしたアルマ、緊張している……のも無理はないか。案ずるな」
「ふぇ!?ち、違いますそうじゃなくて!……な、なんでもないですっ」

そう。あたしの思いを、あたしの言葉を。あたしの……“心”を。自分の
声で伝えたいんです。そうしなければ、きっとあたしは一生後悔します。
そもそも人間もそうですが……神姫が生まれ変われるとは、限りません。
だから、全てを告げておきたいんです。でないと、あたしは後悔します。

「ふむ……悩みを聞いてやりたい所だが、終わってからでいいか?」
「はい。今は、目の前に居る姫を助け出す。それだけですね……!」
「……エレベーターの動く音がするもん。多分、彼女が来たんだよ」
「じゃあ、皆。ここからは気を引き締めていきますのッ!おーっ♪」
『おーっ!!』

出来れば、こんな事になる前に言っておけば良かったです……でも、もう
遅いですよね。今、目の前にある運命……まずは乗り越えていかないと!
あたしは、自分の弱さと“心”をCSCの中に押し込めました。そして、
ずっと待ちます。一分……二分、そして三分経って。彼女は、来ました。

「……ここ、貴女達のアジトだったのね?これ、どういうつもり?!」

──────あたしなんかより、苦しんでる筈……ですよね?



第二節:困惑




見るからに殺気と怒気を孕んだロキちゃんが、わざと開けておいたお店の
ドアを潜って現れました。ぱっと見たところ、手足に埋め込んである物を
除いて、幾つかの装甲・武装等が外されています。防水・防塵用の被膜が
剥き出しになっているその姿は、何処か痛々しい“軽装姿”でした……。

「どうもこうも、逃げるそなたを呼び寄せる為にはこれしかなかろう?」
「だからって……だからって“ラグナロクの紋章”を使う事はないわよ」
「……傷つけたなら謝る。ロキ、これを以前……落としていったろう?」

そのロキちゃんは、マイスターがレジに置いた飾りを見て困惑しました。
紛れもなくそれは……彼女の“闇樹章”だったからです。手に持っていた
同じ符丁の紙──のコピーの、更に破いた欠片──を投げ捨てて、それを
手に取ります。あれはきっと、マイスターが地上に張っていた紙ですね。

「これ、そんな……何処で拾ったのよ!無くしたと思ってたのに……」
「数日前に拾った。それを一目見て、私はお前の存在を感じたのだぞ」
「……それを信じたとして、一体なんでこんな所に誘き寄せたのよ!」

ロキちゃんは、肩を振るわせて激昂します。やっぱり、人間を信じてない
彼女が、目の前の状況とマイスターの意図を把握するのは大変な様です。
そこで咄嗟に口を開いたのは、やっぱり“三女”のロッテちゃんでした。

「ロキちゃん……貴女とわたし達三人で、“決闘”をしたいですの!」
「……け、決闘?何行ってるのよ、そんなコトしないで襲えばッ?!」
「それは何時でも出来る、けどボクらはそれを望まないんだよ……?」
「どうしてよ!貴女達のマスターを、傷つけたのよ!憎いでしょ!?」
「何も思わないって言えば嘘です。でも、貴女を壊したくないんです」

彼女に続いて、クララちゃんとあたしが言葉を投げかけます。それは、
人間のマイスターよりも彼女に近い、あたし達の方が“想い”を上手に
伝えられるから、という判断です。責任は、とっても重大ですね……。

「壊したくない、って何よそれ!?何が狙いなのよ、わかんないわッ!」
「……あたし達の狙いは、ロキちゃんに根を下ろしてもらう事なんです」
「ロキちゃんにはボクらの“妹”として、ここで平穏に過ごしてほしい」
「その条件を呑む事を、決闘のチップとして差し出してもらいますの♪」

ロキちゃんは暫く呆然としていました。と言っても、彼女は相変わらずの
フルフェイスヘルメット姿。その表情は、あたし達のカメラアイでもよく
見えません。数秒して、やっと意味を理解した彼女が抗弁してきました。
それに応えるのは、あたし達のマイスターです……全ては“信念”の為。

「な、何よそれ!?何故、人殺しのガラクタなアタシを!何故なの!?」
「……有無。まず、私は全ての神姫を信じる。その可能性と“心”をな」
「神姫を、信じる?それがどうしたって言うのよ、アタシには無関係!」
「いいや、お前にも神姫の魂が宿っている!故にこそ、お前を信じたい」
「え……あ、アタシを?アタシは神姫じゃないわ!人殺しの道具よ!?」

自分は愛される様な“神姫”とは違う……要らないガラクタでしかない!
ロキちゃんは何度もそうやって叫びますが、マイスターは叛意しません。

「お前は、神姫のプロトタイプを元に作られた。それは知っているな?」
「知ってるから、違うって言うのよ……アタシは、その娘らとは違うわ」
「違う物か!私達はな、ロキ。お前を、共に生きていける存在と信じる」
「違うッ!それに決闘って言うからには、貴女達だって相応のね……!」
「分かっていますの。負けたら、命だって捧げる覚悟はしていますの♪」

ロッテちゃんのウインクで、ロキちゃんはまたも呆気にとられました。
何故、そこまで明るく悲壮な事を言えるか。自分の不幸に囚われている
彼女には、まだそこまで考えるだけの余裕は、無いでしょう……でも!

「勿論、ロッテちゃん一人とは言いません。あたしの命も賭けます」
「ボクの生死も委ねるよ。もちろん……この人も、考えは同じだよ」
「相応の決意を以て、お前を抱き留めたいのだ。どうする、ロキ?」

ロキちゃんを、陽の光へと導きたい。心細いなら、一緒に生きていたい。
その信念は、マイスターもロッテちゃんも……全く揺らぎません。勿論、
付いていくと決めたあたしとクララちゃんの想いだって、同じなんです。
“アシモフ・プロテクト”を越えた想いが、この決意を産み出しました。

「……アンタらだけ完全武装で、アタシは中途半端で戦えって言うの!」
「無論、完全武装してきて構わないぞ……というか、何故軽装なのだ?」
「そ、それは……次の爆破ポイントへと、忍び込もうって思ってたのよ」

ふいっ……と顔を逸らして、ロキちゃんは店を飛び出していきました。
是非を言わないままの後退でしたが、あたし達には分かります。彼女は
絶対に戻ってくると。きっと、あたし達の想いは通じてくれるって……
そう信じて、あたし達は待ちます。五分、十分……十五分と。そして!

「……来たわよ。逃げてなかったのね、まだ。アタシが怖い筈なのに」
「怖い物か。大切な“妹”達の“妹”を怖がって、“姉”は務まらぬ」

──────貴女の穢れ無き想いが、あたし達を強くするんですよ。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー