メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第四話<十兵衛、推参>

ついに来た、この時が…。
そう、今日は
「う、初陣だな…」
「う、初陣ですね…」
はっきり言おう、俺たちはガッチガチに固まっていた。
「お、おおおい、どうした十兵衛さん。貴女ともあろうお方が緊張などと…」
「い、いいいいえいえ、マスター。その言葉そっくり返しますよ…」
『さぁ!本日の新人戦!次の試合だぁぁぁ!』
『ワ~!!!』
す、すごい熱気だ。
「だ、大丈夫さ、練習どおりにやれば勝てるはずだ…」
「は、はい!」
ジャッジのアナウンスが相手の紹介を始める。
相手はマオチャオタイプ。装備はほとんど初期装備だ。
そして
『さて!対するこちらは!タイプストラーフ!「十兵衛!!」その眼帯の奥に潜む闘志を見せてくれぇぇ!』
「見せてくれぇ…らしいぞ十兵衛さん」
「は、はい…がんばります」
対するこちらは当初の予定通り、レーザーライフルを背負った狙撃仕様だ。
『ステージは超広大!新都心が選択されたぞぉ!さあ!出場者の神姫とマスターは所定の位置へ!』
お、これはラッキーだ。ステージが広ければ広いほどこちらには有利だ。
そして俺達は言われるがまま所定の位置へ。
十兵衛はポッドに乗りこんだ。
「よし、がんばれよ!十兵衛!」
「はい!」
しかし俺は十兵衛を甘く見ていた。
まさかあんな戦いを見るなんて…。
『さぁ!両者準備は万端かぁ!』
「いくぞ!十兵衛!」
「はい!マスター!」
一方相手も
「あの眼帯を引っぺがしてやんな!」
「わかったにゃ!!容赦しないにゃ!」
と気合たっぷりだ。
そしてその時十兵衛が
「ごめんなさい、それ無理…」
と言ったのを俺は聞き取れなかった。
「いきます!」
と十兵衛は気合一閃。
『それでは皆さんお待ちかねぇ!神姫ファイト!レディー!!』
『ゴォォォォォォォ!!』
ついに俺と十兵衛の初戦が始まった。その瞬間
『試合終了。Winner,十兵衛』
とジャッジAIが結果を告げる。
言っておくが、別に戦闘場面を端折ったわけじゃない。
間違いなくこの速さで試合が決したのだ。
「う、うそ…」
「うにゃぁぁぁ」
相手は唖然…いや、俺も会場の観客も唖然。落ち着いているのは十兵衛のみ。
「勝ちました!マスター!」
「あ、あぁ…す、すげぇな…」
「マスター?」
「え、あぁ…あまりにもあっけなかったんでつい…」
『い、一体何が起こったんだぁぁぁ!試合時間はたったの2秒!スローで見てみるぞ!』
これは気になる!と会場内が大型モニターに釘付けになる。
俺も釘付け。
『スロー!スタート!』
試合が開始された。さまざまな角度から二体の神姫が映し出されている。それとともにステージ内の全景が映し出される。
マオチャオはまだ動いていない。
十兵衛は…
「な…」
なんと既にレーザーライフルを構え、射撃姿勢をとっていた。
そしてレーザーの光が発射される。
ビルの合間をかする事無く、正確に真っ直ぐ進むレーザー。
その先にはやっと動き出したマオチャオの姿があった。
「うにゃ!?」
驚きの表情に変わりつつあるマオチャオのデッドポイントをレーザーが貫く。
その場に倒れこむマオチャオ。
その驚愕の結果を目の当たりにして、会場内が静まる。
ジャッジが思い出したかのように
『い、以上がこの試合の内容だぁぁぁ!!なんて正確無比な射撃!タイプストラーフとは思えない落ち着いた攻撃法だぁぁぁ!』
その瞬間
『お、おぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!』
と会場全体から歓声が上がる。
「お、おぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」
俺も歓声を上げていた。
「えへ、何か照れちゃいますね」
「十兵衛、お前やっぱすごいわ!」
『さぁ!どこまでいくのかこの二人!凪選手と十兵衛選手に期待だぁ!!!』
『わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!』
そうして帰路、自転車のかごにはトロフィーがあった。
結果はなんと優勝。試合時間は平均4秒だった。
さすがに読まれやすい攻撃パターンだったので、試合開始直後に一気に動き出す相手が多かった。
しかし新人戦のためか、十兵衛にとってその直線的な動きは敵ではなく次々と撃ち落されていった。
「勝ったな…」
「はい!練習どおりです!」
いや、練習以上だって。ありえないってばこのスコア。おかげで協会からの通達によりサードを飛び越えてセカンドに昇格してしまった。どうやらその協会の調査によると戦闘スキルは最低B以上(ほとんど戦闘らしい戦闘をしていないため、それ以上は調査不能だったそうな)だったらしく、スキルC以下までしか入れないサードにはいてはいけないらしい。
「いきなりやばい事になったなぁ…」
と心配になる俺。しかし十兵衛は
「大丈夫ですよ!がんばりましょう!」
とやる気満々。
「ま、とにかく優勝おめでとう!」
「はい!有難うございます!」
「よし!かわいい服を買ってやる!」
「はい!有難うございます!…ってえぇ!?」
一気に顔が赤くなる十兵衛。
「ふふふ、何を着せてやろうかなぁ~?」
「そ、そんな…似合いませんってばぁ」
ええい、遠慮はいらぬぞ十兵衛殿!
「いや!似合う!間違いない!いくぞ買いに!!」
「え、今からですかぁぁぁ!」
「お~う!」
「え、えぇぇぇぇぇぇぇぇ」
結果
着物(さくら○戦的な)とデニム、ダウンジャケット等可愛いというよりカッコイイ感じの服を中心に買ってしまった。
今度こそかわいい服を買ってやろう。そうしよう。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー