メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

曙の女神達──あるいは新年三ヶ日(後半)




雪は無くとも、元日の空気は刺す様な冷たさを以て私達四人を襲う。
真っ白い息を吐きながら、私は大切な“妹”達を抱えて歩を進めた。
その行き先こそ“狛犬はうりん”が居るという、近所の神社が一つ。

「こういうのは久しぶりだな、有無……お前達、寒さは問題ないか?」
「あ、大丈夫です。特に関節の動きも悪くないですし、平気ですよっ」
「……それにしても、ハウリンタイプの娘に逢うのが楽しみなんだよ」
「クララちゃんはやっぱり、どんな感じか気になっちゃいますの~?」

私の腕の中で、クララが肯く。やはり情報を知っていただけあってか、
その“狛犬はうりん”とやらに酷く強い興味を抱いているらしかった。
今が元日である事も考えると、忙しくて逢えぬかもしれないが……だが
それでもなお、クララは『行ってみたい』欲求を隠さなかったのだな。

「……む、この神社か。“大混雑”という程、忙しそうには見えぬな」
「んと、神田明神とか色々ありますからね……秋葉原近辺の神社って」
「でも混んでないなら、好都合だよ。早速、社務所に行ってみるもん」
「あ!マイスター、クララちゃん!あの娘じゃないですの?ほら……」

ロッテが何かを見つけ、振り袖の絡みついた腕で指し示す。その先には
巫女服に身を包んだ、清廉そうな一人のハウリンタイプが甲斐甲斐しく
他の巫女や禰宜を手伝っていた。絵馬やお守りの販売、片付け等々だ。

「……ほう、この娘が“狛犬はうりん”か。大人締めで可愛らしいな」
「新年明けましておめでとうございます……私は“結”と申しまして」
「結さん?気分悪くしたら謝るんだよ、噂でしか名前知らなくて……」

『何処でそんな通称が流行っているのでしょう?』と、結という神姫は
困った様に首を傾げてみせる。その目に宿る意思の炎は、強いと見た。
大人しくとも一本筋を通した、真面目で実直な娘なのだろう。そして、
受付の傍らにある竹箒……無論、神姫用だ……も仕込みの痕跡が見え、
“只者ではない”という印象を持つには十分すぎる立派な娘であった。

「結さん。わたし達、この近所でMMSショップをやっていますの~っ♪」
「えと。あたしはアルマでこっちの娘は、クララちゃんとロッテちゃん」
「そして私がマスタ……“マイスター(職人)”の槇野晶だ。宜しく頼む」
「はい、槇野さんに神姫の皆さん……本日の御用件は、何でしょうか?」

営業トークじみてしまった挨拶にも嫌な顔をせず、彼女は用件を聞いた。
ここで、ふと悩む。ついつい社務所に寄ってしまった物の、御神籤位しか
頼む事は無い。信心深い、という程でもない私は明確な目的を持たずに、
ここに居る事となる……が、頼んでもよさそうな事は私の胸中にあった。

「ふーむ……そうだな、まずは四人分の御神籤と、願掛けをしたいが」
「はい。ではこの絵馬と……神姫の皆さんにも、個別に必要ですか?」
「有無。頼む……って、御神籤の筒を抱えて大丈夫なのか、結とやら」
「はい?あ、ええ。ご主人が私に配慮して、軽く作って下さったので」

そう言って軽々と御神籤箱を運んでくる彼女を見て、成程と実感する。
紛れもなく、彼女はここの“巫女”なのだ。彼女が社務に携われる様に
この神社は設計されている。神姫センターもある秋葉原の中に、神姫が
携わっている神社。神姫オーナーにこれから人気が出るかもしれんぞ?

「では、皆さんどうぞ振ってみて……出てきた棒を見せて下さいまし」
「アルマからやってみるといい。何、神姫でも振れるはずだろうしな」
「わ、分かりましたっ!よいしょ、っと……あ、出てきました結さん」

出てきたのは、御神籤の在処を示す札の様な物だった。数は『十三』。
……西洋の数としては不吉だが、ここは神社。気にする事はなかろう。

「十三番ですか。皆さんも一通り振ってから御神籤をお渡ししますね?」
「ではロッテ・クララと続けて、最後に私が振るとしよう。さ、ロッテ」
「はいですの!よいしょ、よいしょ……あ、出ましたの!『二十四』!」

そして、クララが『八』で私が『十』。一通り出揃った所で、結が私達に
折り畳まれた御神籤を一枚ずつ差し出してくれた。横には、四枚の絵馬。
その内の三枚は、子供や神姫に合うサイズで作られた小柄な絵馬だった。

「小吉に、凶……吉に、私は中吉か。ロッテが凶というのは不安だな」
「大丈夫ですよ槇野さん、後はロッテさんの運気が上がるだけですし」
「そう言う物なのか。だそうだからロッテや、あまり凹むでないぞ?」
「は、はいですの~……結さん、ありがとうございますですの~っ♪」
「どう致しまして。それでは、この絵馬に“願”を書いて下さいまし」
「はいっ……やっぱり、他の人に見せない方が気分出ますよね。これ」

そして、互いが互いの願いを知らぬままに絵馬は完成した。後は奉納か。
一つ心の底を書いてみたら、多生はモヤモヤが振り切れた……気がする。
来て良かったな。可愛い神姫に逢え、私達の道標が一つ増えたのだから。

「それでは、後はお参りして帰るとしようか。また合おう、結とやら」
「はい。どうか槇野さんと皆様に、良い事のある一年となります様に」
「有り難うなんだよ、結さん……巫女のお仕事、どうか頑張ってね?」

──────神様にだけ見せた願い、何時か叶えてみせるよ。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー