メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武装神姫…それはテクノロジーが生み出した全く新しいロボットである。
MMSと呼ばれる基本素体にCSCチップを搭載、さらに様々なパーツを使用することで無限の能力を引き出す事ができるのである。


武装神姫と暮らす日常 第三章『ノエルVSクラリス』


瞳を開くと両サイドに2m前後のコンテナの積まれた場所に立っていた。
(ここがバトルフィールドの仮想空間かぁ……感覚は実世界とほとんど変わらないんだ)

『どうクラリス、相手の場所はわかる?』
端末を通して聞こえてくるゆかりの声にクラリスは首を振り答える。
「ダメだね…センサーはジャミングされているっぽいし、直接見ようにもこう障害物が多いとね……」
『それじゃ、私達は完全に後手に回るって事じゃ…』
「そういう事になるね。これだから金持ちは…」
そこまで言った所で、ゆかりの端末とクラリスのセンサーに警告が鳴り響く。
『な、なに…っ!?』
「ミサイル警報ッ方向は…上ッ!?」
言って上を向くとそこには無数の光点が灯っていた。
『クラリス、防御ッ!』
「まったくこれだから金持ちは……ッ」
ゆかりの咄嗟の指示に反応しクラリスは姿勢を低くし全身を護る様にチーグルを構え防御体制を取った。
それとほぼ同時に大量のミサイルがクラリスとその周辺のコンテナへと降り注ぐ。

『―ミギリアパーツGA4チーグルソンショウド28%、ヒジカンセツニキノウフゼン…ヒダリキャクブパーツGA2チーグルソンショウド23%…』
ゆかりの端末から無機質なシステム音が聞こえてくる。
『クラリス、大丈夫っ!』
「う……なんとかね」
防御姿勢を解きながらクラリスは答える。
「しかし、相手も無茶するねー…折角の障害物が木っ端微塵だよ」
今は見るも無残に破壊されているコンテナを見ながらクラリスは言う。
『でも今の状態なら相手の事視認できるんじゃ…』
「…ダメ、まだ砂埃が邪魔で何も見えないよ」
言いながら左右を見るクラリスの前を一つの点が光った。
「何、光った?」
そしてソレはクラリスの真横を通り…

左側のGA4チーグルアームを根元から吹き飛ばしていった。

「なっ……ぐっ」
クラリスはアームを吹き飛ばされた反動で地面を転がるように飛ばされた。
『ヒダリGA4チーグルゼンソン、キノウテイシ…』
『クラリスッ!』
「直撃はしてないからあたしは大丈夫……まったく一撃でチーグルを吹き飛ばすなんてどんなAPよ」
苦虫を噛んだかのような顔をしながらクラリスは言う。
『えーぴー?あくしょん…ぽいんと?』
「違うよ」
『ふぇ?』
本気で分からないと言う顔をしながらゆかりは言う。

『ノエル!折角のチャンスでしたのに何をしているのっ!』
「申し訳ありません、マスター…ですが次は必ず!」
『勿論よ、そんな雑魚さっさと倒してしまいなさい!』
べるのの言葉に対しノエルは全身に装備された武器を構えながら答える。

「って、そんなこと言ってる場合じゃなかった…相手は砲撃タイプみたいだから……」
『ずっと動き回っていれば大丈夫?』
「そういうことにっ………なるねっ!」
言いながらクラリスは横に跳躍する。
次の瞬間クラリスの居た場所にノエルが撃った弾丸が着弾し地面が抉れ飛ぶ。
「ふぅ~…間一髪」
『止まったら的ッ、動き続けながら反撃して!』
「そんなことは……わかってるよっ!」
左手でヴズルイフ、右側のチーグルアームでシュラムの引き金を撃ちつつ蛙の様に跳ねつつノエルの射撃を避ける。

『ノエル!あんな手負いの鼠に何時まで時間かけているの!』
「で、ですがマスター…あれでいて意外と身軽で……」
時折飛んでくる弾丸やグレーネード弾をリアパーツに接続されているシールドで防ぎながら答える。
『言い訳無用ですことよ。…仕方ないですわね、こんな相手に使うのは癪ですけどアレを使いますわよ』
「了解です…マスター」
『弾薬装填!』
「初弾焼夷弾…次弾APFSDS……装填完了」
『相手が着地した瞬間を狙いなさいよ』
「わかっています」
牽制の為の射撃をしながらノエルは言う。
『……今よ!』
「了解…発射ッ!!」

「…ッしまった!?」
着地した瞬間を狙ったかのように一発の弾がクラリスへと向かってくる。
『クラリス、避けて!』
「ダ、ダメ…間に合わ……」
そこまで言った所で弾はクラリスに直撃し、クラリスは炎に包まれ地面に膝を付く。
『クラリスッ!クラリス、返事をしてっ!』
「…………」
『クラリスカツドウゲンカイオンドヲチョウカ…キョウセイシャットダウンチュウデス……サイキドウマデシバラクオマチクダサイ………』
ゆかりの端末から無慈悲な機会音声が響き渡る。
『そ、そんな…このままじゃ狙い撃ちに………』
『その通りですわ』
端末越しにゆかりに対してべるのは言う。
『最早貴方に勝ち目はないですわ、大人しく降参しなさい!』
『くっ…』
『何なら…無防備なあの娘を機能停止に追い込んでさしあげてもよろしいのですわよ?』
べるのの言葉に反応するかのようにノエルは銃口をクラリスの胸部へと向ける。
『………わかった、私の負けよ』
言ってゆかりは端末を操作する。

『マスターユカリ…シアイホウキヲカクニン……Winner:Beruno』

「オーナー!何で試合放棄なんて…ッ!」
筐体から出てくるなりクラリスはゆかりに抗議する。
「仕方ないじゃない…あの状況じゃ他に打つ手なんてなかったんだし……」
俯き気味になりながらゆかりは言う。
「まぁまぁ、最初だったんだからそんなもんだよ」
二人の間に入りながら卯月は言う。
「それよりも問題は…あの娘がこれで更に増長しそうなことですね」
卯月の肩に乗っているアキがべるのの方を見ながら言う。
「確かにな…」

「オーホッホッホッホッホッホッホッ、ほんとここには雑魚でノロマな神姫しかいないみたいですわね」
周りを見下すように見ながらべるのは言う。
「なら、今度は私が相手をしましょうか?」
頭に種型ジュビジーを乗っけている少女が笑みを浮かべながら言う。
「…あまり強そうに見えませんけど、まぁいいでしょう。貴方も私の輝かしい戦歴の1ページにしてさしあげますわ!」
笑みを浮かべ少女を指差しながらべるのは言う。
「本当に輝かしい戦歴になるといいですね」
少女は笑みを崩さずに答える。



―次回予告―
「むー…今回の勝負納得いかないなぁ」
「納得いかないなら修行してリベンジすればいいと思うんだけど…」
「余りそういう暑苦しいの嫌いなんだけどなぁ…」
「我侭…何ならボクが稽古つけてあげるけど?」
「そ、そんなことより予告予告ッ!」
(誤魔化した…)

「次回神姫と暮らす日常『稲が舞う日』お楽しみに!」

(そんなにボクの稽古って厳しいのかな…)





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー