メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハウ

「・・・・・・怖っ!!」
 肩を撃ち抜かれたルーナさんはすごい形相でこっちを睨んできていた。
 ま、まさか天使型がここまで凄い目つきが出来るなんて・・・・。
 でも・・・・・
「クスッ・・・・『切り裂き』に比べれば・・・・なんとも無いかな」
 僕はそういってハンドルを握り締める。
 さっきの・・・変な剣の攻撃でエンジン部分が傷ついている。多分、それほど長くは走れないだろう。
 でもそれでいい。
 ブラックホークに取り付けられたコンソールに指を這わせ、オートパイロットモードに設定する。
 両の手にカロッテP12を握り締めて、僕は無言で前を見据えた。
 距離は約100m。必殺の一撃には程遠い距離だった。
「――――――それじゃぁ行こうか。ブラックホーク?」
 僕のその声に反応してブラックホークのオートパイロットモードが起動し、乗り手の事なんて微塵も考えていない暴力的な加速が僕の体を襲う。
「―――――――――――――――え?」
 ルーナさんが驚いた表情で僕を見る。
 加速する前はあんなにあった距離が、殆どなくなっていた。
「ッ!! 神出鬼没ッ!!」
 そいうやいなやルーナさんの姿が消える。
 ワープとかポ○ンジャンプとかそんな感じの技だと思うけど、僕にはそんなもの関係ない。
「―――――――そこだッ!!」
 右手のカロッテを真横に向けダブルタップで発砲する。
 そのまま左のカロッテも構え、二挺で撃ちまくる。
「なっ!?」
 出現した場所にいきなり撃ちこまれたルーナさんは、銃弾を回避するため一気に上昇する。
 こうなるともう僕には手が出せない・・・ワケでもなかったりする。
 左手のカロッテをホルスターに戻すとコンソールに指を這わせマニュアルモードに移行する。
 そのまま手近なビルに向かって走る。
「――――あった」
 目標を発見した僕はハンドルから手を離し右のカロッテで適当な看板を撃ち落す。
 看板は回転しながら落ちて行き、ビルの側面に持たれかかる形で静止した。
 カロッテを仕舞いブラックホークの速度を上げて看板に乗り上げ、スピードを緩めずむしろ加速して、僕はビルの側面を走り出した。
「冗談でしょう!?」
 僕の目線の先 ―――はるか上空でルーナさんが叫ぶ。
 勿論冗談じゃない。難しいことは良く判らないけれど、移動するときに生じるエネルギーを下と横の方向に向けているだけだ。
 つまり本当なら落ちているものを、手で押さえつけて走ってる感じ。
 とはいってもこの方法で固定されるのはバイクだけ。僕自身は手を離せば真っ逆さまだ。
「――くぅ!!」
 太腿でしっかりとタンクを押さえ、落ちない様にしてから僕はライフルを取り出す。
 ルーナさんがアルヴォのPDWで撃って来たけど、この速度じゃ当たらない。
 ボルトを引きチャンバーに弾丸を装填し、ルーナさんの黒い翼に十字のヘアラインを合わせて僕は撃った。
「―――――ウソっ!?」
 翼を撃ち抜かれ、姿勢制御ができなくなったルーナさんは地に堕ちて行く。僕はというとブラックホークと一緒に飛び降りて、ルーナさんと一緒に落ちていた。
 風圧のせいで、テンガロンハットが頭から離れる。
「こ、こうなったら・・・!!」
 堕ちゆく中で、ルーナさんはPDWを乱射する。
 僕はそれをフロントカウルで防ぎながらブラックホークを蹴って横に跳躍する。
「――――――これで終わりだよッ!!」
 変な体性で横に跳びながら両手のカロッテを交差させて、ブラックホークのエンジン部分を撃ち抜く。
 その瞬間、爆音が轟き、ブラックホークは爆発した。
 僕はというと爆風に飛ばされながら、落ちた場所よりも低いビルの屋上に転げ落ちた。
「いたた・・・・結構痛いなこれ」
 ふと見ると屋上に僕の帽子が転がっていた。僕よりも先に落ちてきたんだろう。
 待っててくれたんだね。ありがと。
 帽子を拾って埃を払う。頭に被って角度を調整すると、人差し指でほんの少しだけ上げる。
『・・・いやなんと言うかだね。いつの間にそんなハリウッドばりのスタントアクションを覚えてくるのかね? というかこんなことするかね普通』
 僕がそうしていると、マスターが話しかけてきた。
 僕は少し笑いながらその問いに答える。
「ブルー○ウィリスは偉大ですね。マスター」
『・・・・ダイ・ハ○ドか。確かに戦闘機にへばり付いて飛び降りてたけど・・・』
「これでノワールの仇はとれましたね。僕もそっちに戻ります」
 僕がそういうと同時に、勝利のファンファーレがステージに鳴り響いた。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー