メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<明日の為に、其の12!>

  引き抜いたハグタンド・アーミーブレード×2を同軌道に時間差で投げつける。
相手のサイフォスがコルヌで1本目を弾くが、その背後にある2本目には気付いていなかった為に反応が遅れ、身体を捻って避けるので精一杯。その隙にブースターを噴かして距離を詰め、無防備な胴体にヤクザキック。
倒れたサイフォスを踏みつけ
「この写真の男の事を知っていますか?」
サイドボードより転送された、失踪中の師匠の写真を見せる。
  質問が戦闘開始前か後かを除けば、ここまではビデオで予習した通りの流れで来てる。
さあ、後は相手から「知らない」と聞いて試合を終わらせるだけだ。
だったのだが、聞こえた返答は予想外のものだった。
「知ってるわ。確か先週関西に居たわよ」
「そうですか、知らないなら仕方ありません。負けてもらいます」
「ちょ、ちょっと、人の話聞いてるの!?」
    ”WINNER エスト”
振り下ろされたアングルブレードは既に止められず、ジャッジの声が空しく響いた。




「まったく、相手が良い人(神姫)だったから情報を貰えたものの、話はちゃんと最後まで聞くのである。」
悪友さんの手ですっかりゴテゴテになったアンに説教されながら、私は私なりに得た情報を整理してみる。

  ・師匠が関西に居る。
  ・神姫を連れてバトルしていた。
  ・連れていたのは鳥子である。

 どうやって神姫である自分が関西まで探しに行こうかと思案していると
「消えちゃう有給を消化したいし、旅行がてら行ってみようか。」
「ありがとうございますっ!!」


  なんてやり取りがあって、今たこ焼き食べてます。
「ほへははほうひはふ?」(訳:これからどうします?)
「ひんひふへへふはは、ひんひへんはーひひへはひひんははひ?」(訳:神姫連れてるなら、神姫センターに行けば良いんじゃない?)
「2人とも、食べながら喋るのは行儀が悪いのではないか」
ゴックン
「自分が猫舌で食べられないからって拗ねないの」
「猫舌も何も猫であるし、そもそも食べなくても大丈夫である。って痛い、爪楊枝で突くな!」
エスカレーターの立ち位置、まるでF1のスタート前のような緊張感漂う信号待ち等、普段とは違う空気に自然とテンションが上がってしまうようです。
「おい、またいつもの変な神姫とマスターが連勝してるらしいで」
「あそこまで濃いのは滅多に見れんからなー。」
そんな話をしながら歩いていく少年達。
交番で道を聞く手間が省けたので、レッツストーキング。


  モニターに映し出される姿は奇妙としか言いようが無かった。
1対1のバトルにもかかわらず、上空を飛ぶ12体の鳥子ことエウクランテ。
「鳥子シリーズ、完成していたの!? って言っておくべきかな?」
「色的には白子だと思いますが、そんな細かいことよりも、多勢に無勢だなんてルール的にも反則です」
そんなやり取りが聞こえていたのだろうか、当の本人からの声が響く。
『何か勘違いしてるみたいやけど、ウチが1人でグルグル回ってるだけや。目が回るし、高いトコ苦手やから演出が9割やけどなー』
徐々に鳥子の数が減ったかと思うと、遂には1体になりゆっくりと地上に降りる。
『降臨、m』
「そのネタは今はやめろー!!」
件のエウクランテのマスターの叫び声が響く。姿は確認できないが、その声はエスト一行には聞き覚えのある声だった。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー